学校日誌
12345
2021/01/08

3学期が始まりました。

| by 管理者T

1月7日()に、3学期の始業式が行われました。

今回の始業式は、新型コロナウィルス感染症拡大防止の観点から、それぞれの教室で校内放送を用いて行われました。



校長先生の式辞では、「新型コロナウィルス感染症防止のための新しい生活様式をもう一度確認した上で、文武両道・授業第一主義をお願いします。学校でも皆さんの命と健康を守りながら、学びを保証します。次に互いの人権を尊重した生活をお願いします。」というメッセージが伝えられました。それから、ハーバード大学の心理学の教授、スティテーブン・ピンカー氏の著書「21世紀の啓蒙」から、「ここ数十年の環境の向上によって、上昇した知的能力は、具体的能力ではなく抽象的な種類の能力、とりわけ分析的な能力だ」という指摘を取りあげ、ITの浸透が、人々の生活をあらゆる面でより良い方向に変化させる、デジタルトランスフォーメーションの時代では、具体的な思考力、知識、技能を基盤として、抽象的な思考力が、求められる能力の一つになってくるとお話になりました。



今週末に掛けて寒波の到来が予想される中での新学期のスタートですが、今学期も本校生徒が活躍できるよう、教職員・生徒ともに頑張っていきたいと思います。


15:23
2021/01/05

2学期終業式

| by 管理者T

2学期終業式です

12月25日()に終業式が行われました。コロナウィルス感染症対策が続く中、高校1年生は東雲ホールで、その他の生徒は、各教室での配信による終業式となりました。

受賞伝達式では、多くの生徒が賞状を受け取り、コロナ禍の中での2学期の活躍ぶりがうかがえました。

また、式辞の中で杣校長は、「一陽来復」(冬が去り春が来ること、悪いことが続いたあと、ようやく物事がよい方向に向かうこと)を願ってやまないことや、立教大学の副総長をされている池田伸子先生の「記憶の再定義」を引用しながら、“Every cloud has a silver lining.(すべての雲には銀色の裏地がある)”という英語のことわざを取りあげて、物事を多面的に見ることの大切さを述べていました。

冬休みをむかえ一回り成長した生徒に会うのが楽しみです。3学期も本校生徒が活躍できるよう、教職員・生徒ともに頑張っていきたいと思います。

 

   


08:31
2020/12/21

JICA高校生国際協力実体験プログラム2020

| by 管理者T

20201219日、とちぎ国際交流センターにて行われた「JICA高校生国際協力実体験プログラム2020」に、本校2年生1名、1年生5名の計6名が参加しました。
本プログラムでは、事前課題として、SDGsに関連する写真を撮影しその写真を選んだ理由をまとめる「フォトコンテスト」、ラオスについて調べていくレポートが課されており、試行錯誤しながら作成したものを当日持ち寄りました。

午前は、事前課題の共有を行った後、SDGsの達成に向けてアクションを起こしている宇都宮大学国際学部の学生の方々のお話を聴きました。スリランカの紅茶農園の現状とそこで暮らす子どもたちの将来の選択肢を増やすための活動などについての発表、それを受けての質疑応答が行われ、生徒は熱心にメモを取っていました。
午後はまず、ラオスで青年海外協力隊として活動した方のお話を聴きました。様々な写真を見ながら、英語教育、精神保健福祉など実際の体験を交えた国際協力の話に、生徒は真剣に聞き入っていました。そしてラオス語でのあいさつを練習した後、オンラインでラオスと繋がり、現地の方にマーケットを紹介していただきました。携帯電話、伝統衣装、果物、魚、肉などの売り場をリアルタイムで見ることができ、ラオスの生活文化に触れる貴重な体験となりました。
プログラムの最後には、自身が解決したい課題を挙げ、その解決のためのアクションをSDGsの視点から考えるワークショップを行いました。プログラムを受け身で受講して終わりではなく、具体的に今後のアクションを考えるという取り組みを通して、より「SDGs」を身近なものとして捉え、「世界」に目を向ける良い機会になったと思います。

今回のプログラムでは、同じグループになった他校の学生の方々と意見を共有したり質問しあったりと、様々な観点から知見を深めることができました。今回の学びを通して、生徒の中に小さな変化が起こったり、心が動かされたりしていれば幸いです。また、こうした外部プログラムに、今後も積極的に参加する生徒が増えてほしいと思います。




11:40
2020/12/10

第16回「地域の伝承文化に学ぶ」コンテスト最優秀賞

| by 管理者T

本校リベラルアーツ同好会の研究が、國學院大學、高校生新聞社主催の第16回「地域の伝承文化に学ぶ」コンテストの地域民話部門(団体)で最優秀賞に選ばれました。

昨年度の優秀賞に続き今年度最優秀賞を受賞できたことは、生徒たちの熱心な研究の成果だといえます。

今年度は昨年度の研究過程で生まれた課題を「民話の伝承と古代下野国における交通網の関係~地域の民話から史実を探る」という題名で論文として書き上げました。

次年度も研究を継続して行える様、メンバー一同頑張っていきたいと思います。


13:33
2020/12/01

高校1学年My ET説明会

| by 管理者T

高校1学年My ET説明会

 

 11/19()7限に高校1学年My ET説明会を行いました。My ETとは、英語におけるスピーキング能力を高める英語学習システム(アプリ)で、AIにより発音・ピッチ・リズム・強勢の4つの観点からどう直したらうまく発音できるのかをフィードバックします。今年度から、大学入試制度が大きく変わり、推薦入試で英語による面接試験を課す大学も多くなっています。2年後自分たちが受ける入試を見据え、逆算思考で取り組んでほしいと思います。

  
08:00
2020/11/12

芸術鑑賞会が開催されました

| by 管理者T

1023()、本校体育館を会場にして芸術鑑賞会が開催されました。

今年度は、新型コロナウィルス感染症防止のため、中学校と高校の2回に分けた公演となりました。

今回お呼びしたのは、スギテツのお二人です。


ピアノとバイオリンで展開する二人のステージは、どこかで聞いたことがあるおなじみのメロディから、西洋音楽史や、映像に合わせた演奏など、面白くてためになるものでした。

 

校内では、合唱コンクールや体育祭などの行事が中止となり、校外でも様々なイベントがオンラインでの開催となることが多い中で、生の演奏を聴ける貴重な機会となりました。


  

ピアノを演奏するのは杉浦哲郎さんです。



バイオリンを担当する岡田鉄平さんです。



パトカーの音を、バイオリンで再現して下さいました。


13:58
2020/10/28

交通安全教室(スケアードストレイト方式)

| by 管理者T

今年度は、例年行われている交通安全講話とは異なる形態で交通安全について学ぶこととなりました。スケアードストレイトとは…【恐怖を実感することでそれにつながる危険行為を未然に防ぎ、交通ルールを遵守することの大切さを体感させる教育方法】です。

 

 

直前までぱらついていた雨も止んで、交通安全教室を始めることができました。スタント会社SHADOWでは、実際にあった事故を再現し間近で見てもらうことで交通事故の注意を促し、交通安全につながる活動をしているようです。本来であれば、保護者や近隣の小学校などにも声をかけ、より多くの人に見てもらいたいパフォーマンスでありましたが、コロナ渦の現在では難しく、本校生徒・職員のみの観覧となりました。

 

始めにパフォーマーが質問しました。

「事故が起こったとき、車はどのぐらいのスピードで走っていることが多いでしょう?」答えは時速40㎞だそうです。会場にいる多くの人が「意外と遅いなぁ」と思っているようでした。その後の衝突実験で、自転車に乗った人形と時速40㎞の自動車がぶつかりました。激しい音を立てて人形は飛んでいき、自転車は完全に乗れない状態になってしまいました。なるほど、これがスケアードストレイトなのだと実感しました。

 

次に携帯電話や傘を手に持っていたり、2人乗り、無灯火など、マナー違反の自転車がいかに危険で、どのようにして事故にあうかを見せていただきました。生徒にも実感が湧いている様子で、様々な声が漏れ聞こえてきました。事故再現スタント後に、事故にあわないようにするためにはどうすればよかったのか。あるいは、事故にもしあってしまったらどうすればよいのか。という、もっとも大切なことも伝えていただきました。最後の話の中では、「小さな違反が大きな事故を生む」「ルールを守れば、ルールがあなたを守ってくれる」という言葉が特に胸に残りました。

 

恐怖を実感し、自分の行動を見直すよい機会になりました。矢板警察署、スタント会社SHADOWのみなさま、ありがとうございました。


  
14:46
2020/09/29

立会演説会、生徒会選挙が行われました。

| by 管理者T

立会演説会、生徒会選挙が行われました。


9月24日(金)に立会演説会が行われました。生徒会会長、副会長を決める大切な選挙になるので皆真剣に演説に耳を傾けていました。

東雲ホール(会場)の様子
  

各教室(配信)の様子

 

投票の様子

 


14:37
2020/09/18

球技大会

| by 管理者Y

【高校】令和2年度 校内球技大会

令和2年度の校内球技大会が行われました。例年とは異なる状況の中で、種目等も限られた開催となりました。


19:21
2020/08/28

矢東祭が開催されました

| by 管理者T
8月28日 矢東祭が開催されました。

今年のテーマは「清新」です。新鮮で生き生きしている様を表す言葉で、今までとは異なる形での開催となった矢東祭に新しい風を吹かせるという意味が込められています。

 

 

 

・オープニングセレモニー配信の様子

  

・体育館発表

  
  

・展示発表

  
  




東雲ホールではリベラルアーツ同好会、英語同好会、トビタテ留学JAPANの体験発表が行われました。

また、この他にも、1日を通してリモートクイズ、討論会、ウオ―クラリーなどの企画が行われました。

矢東祭実行委員の生徒を中心に様々な工夫がされた企画は大変な盛り上がりを見せてくれました。



08:08
12345