中学校日誌 >> 記事詳細

2020/01/07

【附属中】第3学期始業式を行いました。

| by AH
新年 明けまして、おめでとうございます。
本日(1/7)、第3学期始業式を行いました。当初、体育館での実施を予定していましたが、インフルエンザの流行等も心配されることから、各教室で放送による始業式に変更しました。
生徒の皆さんは、17日間の冬季休業をどのように過ごしましたか。そして、元日をどのように迎えたのでしょうか。
新学期を迎えるにあたり、稲葉校長から「式辞」がありましたので、中学生の内容を抜粋し、お伝えいたします。
「中学3年生」・・・いよいよ中学卒業し、高校に進学する年となります。中学校と高校は違います。学年が上がる、学校が上がる、ということは、自分自身の負う責任が増えるということでもあります。知ってのとおり、2年後の2022(令和4年)の4月から、成人年齢が18歳に引き下げられます。皆さんの学年からは、高校3年在学中に成人となるわけです。そのことをしっかりと自覚し、高校入学への準備も怠りなく、この3学期を過ごしてほしいと思います。
「中学2年生」・・・もう4月からは3年生です。中学校の最高学年であり、中高一貫教育校としての充実期に入ります。学習や生活の基盤がしっかりとできているでしょうか。中学3年に向けて、足りないところはないか、これでいいのか、他にやることはないのかなど、自分自身を見つめ、しっかりと基礎期のまとめができることを期待しています。
「中学1年生」・・・きちんとした生活習慣と学習習慣を身に付けていますか?何といっても、このことが基本です。この1年間のまとめを通して、6年間の基礎となるしっかりとした気持ちや姿勢と、学習の基礎・基本を身に付けるよう過ごしてください。また、この学校に入学して初めての冬を迎え、特に遠くから通学している人には寒さがこたえるのではないかと思います。登下校の安全にも十分注意してください。
以上、各学年に対して希望を伝え、「無限の可能性を持つ生徒の皆さんが、大いに成長し、活躍してくれることを期待しています。」とまとめました。
最後になりますが、生徒や保護者、教職員にとって、健康で実りの多い1年になりますよう、お祈りしたいと思います。

<追伸>
気象情報によると、7日は気圧の谷や湿った空気の影響により曇りで、午後は前線の影響により雨や雪が降る見込みです。8日は、低気圧や前線の影響により雨や曇りになる見込みのようです。
 状況によっては、メールやHPで授業開始時刻の変更がありますので、決定次第、ご連絡いたします。
09:49