サイレントディベート(紙上討論)からセルフディベート(小論文)へ

操作説明(表示する)

概要(表示しない)

論理的な構成や表現を学ぶために、「根拠を明確にして論述する。」「反論を予想して論述する」ことを学習目標として、小論文学習のための練習単元として位置づけました。紙上討論のような「書き合う」形をとることにより、相手の主張の論拠を探し、反論のための根拠を考えるという活動のための時間と環境をより確実に確保するとともに、手元に残った討論の結果をもとに、より説得力のある論述のありかたについての評価活動を実施しやすいようにしました。さらに、その過程を自問自答の形で作文にすることにより、よりスムーズに小論文作成に至らせる

関連ファイル(表示しない)

分類 資料名 種類 概要
指導案指導計画・ワークシート
Total:005982 Today:003 Yesterday:001