相互評価・自己評価を取り入れた 調べ学習で古典への関心・意欲・態度を高める〜『土佐日記』〜

操作説明(表示する)

概要(表示しない)

『土佐日記』「門出」を読む過程で生じた疑問について調べたり話し合ったりする学習を通して、より深く本文を理解するとともに、当時の習慣や旅の様子について知り、古文の世界に親しむことを学習目標とします。生徒にとって古文は苦手意識が強く、講義形式の一斉授業ばかりでは受身になりがちです。そこで、生徒が主体的に本文と関わる中で疑問点を探し、その解決のためにグループで調べ、話し合う学習を取り入れることにより、古文の世界に興味関心を持ち、古文に親しめるようにします。*この事例は、栃木県高等学校教育研究会国語部会研究委員会

関連ファイル(表示しない)

分類 資料名 種類 概要
指導案指導計画・ワークシート
Total:006321 Today:001 Yesterday:002