調理実習における評価  〜ハンバーグ・けんちん汁〜

操作説明(表示する)

概要(表示しない)

 このキットでは、観察記録簿と自己評価票を用いた調理実習「ハンバーグ」と、家庭での実践をテーマに家族評価を組み込んだ、冬休みの宿題「けんちん汁」を取り上げています。
 評価規準をもとに実習の観察記録の補助簿を作成し、生徒一人一人のよさや可能性を積極的に評価し、自ら学び考える力を育てたいと考えました。授業においては特に良いところと、改善が必要なところについて観察し、特記事項のみを補助簿に記入しています。実習内容やクラスの実情を考慮しながらT.T.による実習を適宜行えれば、より一層きめ細やかな見取りや指導ができると思います。
 また、自己評価票は、授業態度の反省や満足度を図るためのものではなく、各調理のポイントを見いだすことを目的としています。
 評価のポイントを生徒に事前に伝え、また、机間指導時に生徒一人一人に適切な言葉かけや支援を送ることにより、生徒も信頼性の高い評価を返してくるようになり、これは生徒の自己教育力の向上にもつながると思います。
学習目標に向かって、自らの学習を生徒自身が振り返り、家庭への実践へとつなげていけるような授業作りを考えました。

関連ファイル(表示しない)

分類 資料名 種類 概要
指導案指導案
ワークシートワークシート
教師向け資料教師向け資料
その他キットの概要
Total:008850 Today:001 Yesterday:002