箱ひげ図によるデータの比較〜箱ひげ図を用いて、データの傾向を把握し説明する〜

操作説明(表示する)

概要(表示しない)

身近な事例を問題として扱うことで、生徒に実感を伴って理解させる。実感を伴い、深い理解をすることで、基礎・基本が確実に定着し、活用力の向上につながる。また、説明させることや身に付けた基礎的・基本的な学力を活用させることで思考力・判断力・表現力等を向上させ、問題解決することで分かる喜びを知りながら、数学を学ぶことの楽しさや意義を実感させる。

関連ファイル(表示しない)

分類 資料名 種類 概要
教師向け資料指導事例
Total:003580 Today:001 Yesterday:001