校章栃木高校トップページ

 

お願い
校門前や周辺道路での駐停車は大変危険ですのでおやめください。
また、学校行事の際に、周辺商業施設への駐車はご遠慮願います。

 
3109368人目
1999年11月26日開設

栃木県立
栃木高等学校

 〒328-0016
 栃木県栃木市入舟町12-4
  TEL 0282-22-2595
  FAX 0282-22-2534

※ 画像等の無断転載・引用を禁止します

    校舎
 

オンライン状況

オンラインユーザー6人
ログインユーザー0人

栃高SSHの特色

スーパーサイエンスハイスクール(SSH)とは


 スーパーサイエンスハイスクール(SSH)事業とは、文部科学省が未来を担う科学技術系人材を育てることをねらいとして「スーパーサイエンスハイスクール(SSH)」指定し、理数系教育の充実を図る取り組みです。
                                                                                                                         
 

栃高SSH

 本校がこれまで実践してきた『学問・職業研究つくば・東京』、『キャリア講演会』、『学部学科研究』、『東京宿泊研修』、『出張講義』、『ボストン海外研修』などをもとに、大学や企業、研究機関等と連携・協力しながら、団体レベルから個人レベルへの深化をはかる形で、以下に掲げるような視点から研究を進めます。        

  (1)「科学的なものの見方や考え方の育成」
  (2)「科学的問題解決能力の育成」
  (3)「コミュニケーション能力の育成」
  (4)「論理的、創造的、独創的思考力の育成」   


SSHパンフレット.pdf              
 

SSH研究開発実施報告書

栃木高校「SSH研究開発実施報告書」1期 1年次 -1.pdf
栃木高校「SSH研究開発実施報告書」1期 1年次 -2.pdf
栃木高校「SSH研究開発実施報告書」1期 1年次 -3.pdf
栃木高校「SSH研究開発実施報告書」1期 1年次 -4.pdf
栃木高校「SSH研究開発実施報告書」1期 1年次 -5.pdf


栃木高校「SSH研究開発実施報告書 」1期 2年次.pdf



栃木高校「SSH研究開発実施報告書」1期 3年次 -1.pdf
栃木高校「SSH研究開発実施報告書」1期 3年次 -2.pdf
栃木高校「SSH研究開発実施報告書」1期 3年次 -3.pdf
栃木高校「SSH研究開発実施報告書」1期 3年次 -4.pdf
栃木高校「SSH研究開発実施報告書」1期 3年次 -5.pdf


栃木高校「SSH研究開発実施報告書」1期 4年次.pdf


栃木高校「SSH研究開発実施報告書」1期 5年次 -1.pdf
栃木高校「SSH研究開発実施報告書」1期 5年次 -2.pdf
栃木高校「SSH研究開発実施報告書」1期 5年次 -3.pdf
栃木高校「SSH研究開発実施報告書」1期 5年次 -4.pdf
栃木高校「SSH研究開発実施報告書」1期 5年次 -5.pdf
栃木高校「SSH研究開発実施報告書」1期 5年次 -6.pdf
栃木高校「SSH研究開発実施報告書」1期 5年次 -7.pdf


栃木高校「SSH研究開発実施報告書」2期 1年次 -1.pdf
栃木高校「SSH研究開発実施報告書」2期 1年次 -2.pdf
栃木高校「SSH研究開発実施報告書」2期 1年次 -3.pdf
栃木高校「SSH研究開発実施報告書」2期 1年次 -4.pdf


栃木高校「SSH研究開発実施報告書」2期 2年次 -1.pdf
栃木高校「SSH研究開発実施報告書」2期 2年次 -2.pdf


栃木高校「SSH研究開発実施報告書」2期 3年次-1.pdf
栃木高校「SSH研究開発実施報告書」2期 3年次-2.pdf
栃木高校「SSH研究開発実施報告書」2期 3年次-3.pdf
 

お知らせ

スーパーサイエンスハイスク-ル(SSH)に関するお知らせです
12345
2020/07/31

課題研究Ⅰ+国語総合 先行研究調査

| by 職員
1年生の「国語総合」で、「課題研究Ⅰ」で実施している1人1研究の先行研究調べに関連した論文検索の演習を行いました。
SSH事業で購入した iPad 等の端末から Google Scholar を活用して、生徒各自のテーマに関連した論文を調べ、公開されているものを読んで自身の研究に役立てるための方法を、実践形式で学習しました。
夏休みに各自の研究を進める際に先行研究から学んだことを生かしてほしいと思います。
  

17:15
2020/07/31

令和2年度SSH生徒研究発表会

| by 職員
例年開催されている全国大会であるSSH生徒研究発表会。
以前の記事で校内コンペの様子を紹介しました。
今年度は新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、書面やオンラインによる審査となりました。
本校からはSSHクラブ物理班缶サットグループが代表となり、
「収納時の体積が小さいパラシュートの研究」を応募しました。
応募の直前までデータ収集と発表動画の改善に取り組みました。
良い結果が出ることを期待しています。


クラブ内コンペの様子
17:05
2020/07/30

SSHクラブ物理班 マイコン実習

| by 職員
 SSHクラブ物理班の1年生でマイコン(マイクロコンピューター)実習を行いました。SSHクラブ物理班では缶サットグループでマイコンを使用しているほか、物理実験の計測器を自作する際にもマイコンを使用するため、物理班には必要不可欠な実習です。今回、初めてプログラミング・電気回路を製作する生徒もおり、非常に内容の濃い実習となりました。
 特に2年生がTAとしてよい働きをしてくれたため、全員が最後の課題まで到達することができました。


18:55
2020/07/30

分子生物学の基礎を学ぶ

| by 職員
2年生の生物の授業では、SSH事業の一環で購入して頂いたPCRサーマルサイクラーやDNA電気泳動槽など一連の分子生物学実験装置を用いて、PCRや泳動の原理を学びました。

写真はマイクロピペットを用いてPCRチューブに分注しているところです
11:34
2020/07/28

SS情報Ⅱで統計処理を学ぶ

| by 職員
SS情報Ⅱの授業では、帰無仮説、エラーバー、t検定など統計の基本を教えました。夏休み中、生徒たちは自分の研究テーマについて各自、実験や調査を行う予定です。そこで得られたデータを扱う際に、今日の授業で学んだことを活用してほしいと思います。
 
10:56
2020/07/03

今週のSSH課題研究Ⅰ・Ⅱ

| by 職員
 1年生は、研究テーマの見直し方や仮説の設定および検証方法など、一連の科学的な手続きに関する講義を受けました。本講義の内容を自分の研究に活かしていってほしいと思います。
 2年生は、1年生が講義を受けている間、先週までに書き上げた1年生の研究計画書を読み、上級生として一生懸命、アドバイスなどを付箋に書いて貼りました。他者の研究への助言を通して、自分の研究を振り返る効果も期待して、このような取り組みを行っています。
   
13:13
2020/07/03

SSH全国発表会校内コンペ

| by 職員

 7月日本校講堂において、SSH課外活動団体によるSSH全国大会へ出場するグループを決めるコンペを行いました。

 参加したのは学習科学班・テスラコイル班・缶サット班・リン酸班・表面積班・生物班・考古科学班の7班です。

 全国大会で発表できるのは1班だけですが、全ての班の成果は年度末の研究発表会等で発表する予定です。


09:14
2020/06/12

「課題研究」がスタートしました

| by 職員

 6/1より臨時休業が明け、平常授業が再開しました。スーパーサイエンスハイスクール(SSH)事業も本格的に再開しました。

 6/4(木)課題研究Ⅰ(1年生)オープニング講座
       課題研究Ⅱ(2年生)リスタート講座
 1年生は、体育館に密を避けて集合し、課題研究の意義や取り組みを通じて身につく力についてSSH部長から講話を受けました。ワークも交えて、課題研究と調べ学習との違いについて理解を深めました。
 2年生は、各教室で、保有する研究機材や研究を行う上での注意点等の説明を受けました。

 

 6/11(木)課題研究Ⅰ(1年生)テーマ設定講座
        課題研究Ⅱ(2年生)ゼミの進め方講座

 1年生は、課題研究において最も時間をかけておきたい部分であるテーマ設定についての講座を実施しました。密を避けるための一案として、今回は各教室にiPadとプロジェクターを設置し、「ロイロノートスクール」というアプリを通じてスライドショーの画面配信を行うとともに、校内放送を併用してリモート講話を試行しました。これまでは講堂に学年全体で集合して、講話していた内容ですが、生徒が各教室に分かれていても一律に指導できる一案として取り組んでいます。6/4に2年生で試行していただいたおかげで1年生はよりスムーズに実施することができました。
 本校では、課題研究のテーマは、生徒が好きなこと・興味のあることを重視して決めることを大切にしています。好きなことならば苦になりません。今回のワークでは発想法としてマンダラートを紹介し、自分の興味・関心のあることに目を向け、その中から問いを立てる演習を実施しました。
 次回は、研究計画の作成を実施します。臨時休業によって1学期の予定が例年よりも濃密になっていますが、3密を避けつつ、主体的かつ自己内対話を創出できるワークを工夫して生徒諸君の課題研究を支援していきたいと考えています。
 2年生は、体育館に密を避けて集合し、適切な研究課題及び仮説を設定するためのポイントについて説明を受けた後に、ゼミ活動の進め方を学びました。2年生は来週から、10人の少人数で構成されるゼミ単位での活動になります。各ゼミには担当教員が1人付き生徒の探究活動の支援に当たっていきます。



09:28
2019/02/22

SSH研究成果発表会

| by 職員

  22日(土)にSSH研究成果発表会が行われました。本校2年生全員による発表に加え、SSHクラブや、県内の小学校、高等学校の児童・生徒による発表、また、大学院生や海外からの留学生、保護者の方々にも多数ご来場頂き、とても活気のある研究発表会となりました。ご来場頂いた皆様に厚く御礼申し上げます。

(1) 教室での発表 



(2) 第二体育館での発表①


(3) 第二体育館での発表②



(4) 全体講評



15:39
2019/01/15

SSH研究成果発表会in栃高 開催のお知らせ

| by 職員

 来たる2月2日(土)にSSH研究成果発表会を栃木高校で行います。

 本校のSSHでは個人研究として生徒一人一テーマを掲げて、2年生全員が発表をします(口頭発表またはポスター発表)。またグループ研究として、SSH課外活動班が全10テーマについて、さらにゲスト校による発表が予定されています。総発表件数は240を超えます。

 参加申し込みは不要で、終日出入り自由です。ぜひ足をお運びいただき、生徒達が取り組んできたこの2年間のSSH活動の集大成をご覧ください。

 

     お越しの際には、なるべく公共交通機関をご利用ください。

 

会場 栃木県立栃木高等学校

 

日程 22日(土)   

10:00~ 全体会1 第1体育館

10:30~ 自由見学sideA 第2体育館でのポスター発表と各教室での口頭発表

11:20~ 自由見学sideB 第2体育館でのポスター発表と各教室での口頭発表

12:05~ 昼休み 

12:55~ 全体会2 優秀者、ゲスト校による口頭発表予定 第1体育館

13:20~ 自由見学sideC 第2体育館でのポスター発表と各教室での口頭発表

14:10~ 自由見学sideD 第2体育館でのポスター発表と各教室での口頭発表

15:00~ 全体会3 SSHクラブによる研究報告など 第1体育館

 

参加対象  全国SSH指定高等学校、栃木県内高等学校、近隣中学校、本校保護者


09:28
12345