校章栃木高校トップページ

 

お願い
校門前や周辺道路での駐停車は大変危険ですのでおやめください。
また、学校行事の際に、周辺商業施設への駐車はご遠慮願います。

 
3470279人目
1999年11月26日開設

栃木県立
栃木高等学校

 〒328-0016
 栃木県栃木市入舟町12-4
  TEL 0282-22-2595
  FAX 0282-22-2534

※ 画像等の無断転載・引用を禁止します

    校舎
 

オンライン状況

オンラインユーザー8人
ログインユーザー0人

栃高SSHの特色

スーパーサイエンスハイスクール(SSH)とは


 スーパーサイエンスハイスクール(SSH)事業とは、文部科学省が未来を担う科学技術系人材を育てることをねらいとして「スーパーサイエンスハイスクール(SSH)」指定し、理数系教育の充実を図る取り組みです。
                                                                                                                         
 

栃高SSH

 本校がこれまで実践してきた『学問・職業研究つくば・東京』、『キャリア講演会』、『学部学科研究』、『東京宿泊研修』、『出張講義』、『ボストン海外研修』などをもとに、大学や企業、研究機関等と連携・協力しながら、団体レベルから個人レベルへの深化をはかる形で、以下に掲げるような視点から研究を進めます。        

  (1)「科学的なものの見方や考え方の育成」
  (2)「科学的問題解決能力の育成」
  (3)「コミュニケーション能力の育成」
  (4)「論理的、創造的、独創的思考力の育成」   


SSHパンフレット.pdf              
 

SSH研究開発実施報告書

栃木高校「SSH研究開発実施報告書」1期 1年次 -1.pdf
栃木高校「SSH研究開発実施報告書」1期 1年次 -2.pdf
栃木高校「SSH研究開発実施報告書」1期 1年次 -3.pdf
栃木高校「SSH研究開発実施報告書」1期 1年次 -4.pdf
栃木高校「SSH研究開発実施報告書」1期 1年次 -5.pdf


栃木高校「SSH研究開発実施報告書 」1期 2年次.pdf



栃木高校「SSH研究開発実施報告書」1期 3年次 -1.pdf
栃木高校「SSH研究開発実施報告書」1期 3年次 -2.pdf
栃木高校「SSH研究開発実施報告書」1期 3年次 -3.pdf
栃木高校「SSH研究開発実施報告書」1期 3年次 -4.pdf
栃木高校「SSH研究開発実施報告書」1期 3年次 -5.pdf


栃木高校「SSH研究開発実施報告書」1期 4年次.pdf


栃木高校「SSH研究開発実施報告書」1期 5年次 -1.pdf
栃木高校「SSH研究開発実施報告書」1期 5年次 -2.pdf
栃木高校「SSH研究開発実施報告書」1期 5年次 -3.pdf
栃木高校「SSH研究開発実施報告書」1期 5年次 -4.pdf
栃木高校「SSH研究開発実施報告書」1期 5年次 -5.pdf
栃木高校「SSH研究開発実施報告書」1期 5年次 -6.pdf
栃木高校「SSH研究開発実施報告書」1期 5年次 -7.pdf


栃木高校「SSH研究開発実施報告書」2期 1年次 -1.pdf
栃木高校「SSH研究開発実施報告書」2期 1年次 -2.pdf
栃木高校「SSH研究開発実施報告書」2期 1年次 -3.pdf
栃木高校「SSH研究開発実施報告書」2期 1年次 -4.pdf


栃木高校「SSH研究開発実施報告書」2期 2年次 -1.pdf
栃木高校「SSH研究開発実施報告書」2期 2年次 -2.pdf


栃木高校「SSH研究開発実施報告書」2期 3年次-1.pdf
栃木高校「SSH研究開発実施報告書」2期 3年次-2.pdf
栃木高校「SSH研究開発実施報告書」2期 3年次-3.pdf


栃木高校「SSH研究開発実施報告書」2期 4年次.pdf
 

お知らせ

スーパーサイエンスハイスク-ル(SSH)に関するお知らせです
12345
2022/01/26new

令和3年度SSH研究発表会のお知らせ

| by 職員

来たる1月29日(土)にSSH研究成果発表会を栃木高校で行います。

 本年度は保護者の方々や一般の方々への公開はありませんのでご了承下さい。発表会の様子はHP等を通じて報告する予定です。

 本校のSSHでは個人研究として生徒一人一テーマを掲げて、2年生全員が発表をします(口頭発表またはポスター発表)。またグループ研究として、SSH課外活動班による発表と、さらにゲスト校によるオンライン発表が予定されています。総発表件数は240を超えます。

 生徒達が取り組んできたこの2年間のSSH活動の集大成となります。

 

会場 栃木県立栃木高等学校

 

日程 1月29日(土)   

10:00~ 全体会1 第1体育館

10:30~ 自由見学sideA
     第2体育館でのポスター発表と各ブースでの口頭発表、ゲスト校によるオンライン発表

11:20~ 自由見学sideB
     第2体育館でのポスター発表と各ブースでの口頭発表、

12:05~ 昼休み 

12:55~ 全体会2 優秀者による口頭発表予定 第1体育館

13:20~ 自由見学sideC
     第2体育館でのポスター発表と各ブースでの口頭発表、ゲスト校によるオンライン発表

14:10~ 自由見学sideD
     第2体育館でのポスター発表と各ブースでの口頭発表、ゲスト校によるオンライン発表

15:00~ 全体会3 SSHクラブによる研究報告など 第1体育館


17:35
2021/08/26

令和3年度SSH生徒研究発表会全国大会

| by 職員

 8月5日に神戸国際展示場で開催された、「令和3年度SSH生徒研究発表会」に栃木高校SSHクラブを代表して化学班リン酸グループが参加してきました。厳重なコロナ対策の中での実施でしたが、全国のSSH校の生徒と交流することができました。また、大学等の研究者からの専門的なご意見もいただけて、非常に有意義な経験をすることができました。残念ながら、賞は得られませんでしたが、後輩に引き継ぎますので、次年度以降に期待してください。


17:19
2021/07/09

SSH 一年生向け論文書き方講座

| by 職員
 先日SSH全体講座として一年生向けに「テーマ設定(仮説)とその検証方法」についての講座を行いました。
 主に、テーマの適切な設定方法と仮説をブラッシュアップする上での視点、検証方法として実験とアンケートという手法の注意点、さらに研究する上で重要な独創性をどのように出すかを、これまでSSHで行ってきた研究を具体例として交えながら学びました。

 後半は、講座を踏まえて実際に自分の研究計画書をその場で見直しました。

 次回より一年生もゼミに分かれ自身の研究についてグループで議論をし深めていく事となります。


11:59
2021/06/14

SSH ゼミの進め方に関する講座

| by 職員

 SSHの課題研究活動として2年生ではゼミ活動によって課題研究を進めていきます。

 今回はそのゼミの進め方に関する全体講座を行いました。

 
 講座ではまず、自分の研究を見直す上でのポイントのレクチャーをし、さらにゼミ活動とはどのようなものかの説明を行いました。2年生の課題研究では、10人程度のグループをつくり今後はその中でのゼミ活動によって自分の課題研究をどんどんブラッシュアップしていきます。この活動は1月の研究発表会まで続きます。





16:34
2021/04/16

SSH 課題研究Ⅰ・Ⅱ

| by 職員

 本年度もSSHのプログラムがスタートしました。

 

 初回は感染症対策をした上で、1学年はブラックボックス講座・2学年はリスタート講座を行いました。

 ブラックボックス講座では、中身が見えないブラックボックスを用いて、外からの様々なアプローチにより、中の構造を推測し未知のものを探究していくという、研究の基礎を体験しました。

 

 リスタート講座では、2月の研究成果発表会に向けて1年間のスケジュールを確認し、研究を進める上での事務的な部分と仮説実験を通しての仮説の立て方を確認しました。

 

 1・2年生ともにここから1年間かけて一人一テーマで課題研究をしていきます。







12:33
2021/04/12

缶サット甲子園2020結果報告

| by 職員
 3月に行われた缶サット甲子園の結果報告です。
 各校が缶サットの打ち上げを経て、そこから得られたデータを分析・結果をまとめて発表する事後プレゼンがオンラインで行われ、各審査員から質疑・講評をいただきました。

 その結果栃木高校は「ベストプレゼンテーション賞」を受賞しました。

 下記に詳細がありますので是非ご覧下さい。
缶サット甲子園2020 
http://space-koshien.com/cansatnew/
高校生新聞オンライン https://www.koukouseishinbun.jp/articles/-/7477

今後は先輩の研究を後輩達が引き継ぎ、よりよい研究にしていきたいと思います。

18:17
2021/03/09

缶サット甲子園2020

| by 職員
 SSHクラブ物理班缶サットグループが缶サット甲子園に参加します。
 缶サット甲子園とは、自分たちで作製した缶サット(模擬人工衛星)を、ロケットで70m程度の高度まで打ち上げ、射出、パラシュートによる降下、データ取得などの設定したミッションの達成を目指し、かつそれらのプレゼンテーションも行う大会です。
 機体や装置の作製、プログラミングを自ら行うだけでなく、ミッション自体も自分たちで設定することで、発想することの大切さ、物作りの難しさと楽しさを体験し、科学へのさらなる興味・関心を養う事を目的としています。
 
 本年度の大会では、缶サットを事前に郵送し、現地で運営スタッフが打ち上げる形式で行います。
 3/13(土)に打ち上げ予定(悪天候の場合3/14に順延)です。
 
 打ち上げの模様は下記サイトより配信予定です。
 事前プレゼンも公開中ですので是非ご覧下さい。
  缶サット甲子園2020 
http://space-koshien.com/cansatnew/
  高校生新聞オンライン https://www.koukouseishinbun.jp/articles/-/7394

12:26
2021/01/26

令和2年度SSH研究成果発表会

| by 職員

 来たる1月30日(土)にSSH研究成果発表会を栃木高校で行います。

 本年度は保護者の方々や一般の方々への公開はありませんのでご了承下さい。発表会の様子はHP等を通じて報告する予定です。

 本校のSSHでは個人研究として生徒一人一テーマを掲げて、2年生全員が発表をします(口頭発表またはポスター発表)。またグループ研究として、SSH課外活動班による発表と、さらにゲスト校によるオンライン発表が予定されています。総発表件数は240を超えます。

 生徒達が取り組んできたこの2年間のSSH活動の集大成となります。

 

会場 栃木県立栃木高等学校

 

日程 1月30日(土)   

10:00~ 全体会1 第1体育館

10:30~ 自由見学sideA
      第2体育館でのポスター発表と各ブースでの口頭発表、ゲスト校によるオンライン発表

11:20~ 自由見学sideB
      第2体育館でのポスター発表と各ブースでの口頭発表、ゲスト校によるオンライン発表

12:05~ 昼休み 

12:55~ 全体会2 優秀者による口頭発表予定 第1体育館

13:20~ 自由見学sideC
      第2体育館でのポスター発表と各ブースでの口頭発表、ゲスト校によるオンライン発表

14:10~ 自由見学sideD
      第2体育館でのポスター発表と各ブースでの口頭発表、ゲスト校によるオンライン発表

15:00~ 全体会3 SSHクラブによる研究報告など 第1体育館


15:28
2020/11/22

群馬大学 高校生サイエンスインストラクター育成プログラムに参加

| by 職員
 群馬大学 高校生サイエンスインストラクター育成プログラムに本校よりSSHクラブメンバーが物理実験班に3名、化学実験班に3名の合計6名が参加しました。(コロナウィルス感染症に対策のため、本校教員が一緒に受講(見学)できた化学実験班のもののみご報告します)

化学実験班では分光光度計を使った定量分析を行いました。


 分光光度計で定量するための基準となる溶液を6種類、何度も何度も定容を行って作成しました。高校ではここまでの回数の定容が必要となる実験はなかなか実施できません。とても良い経験になったと思います。最終的に作成した基準となる溶液を使用し、分光光度計の値からアルミ箔中の鉄の含有量を求めることができました。


 朝から実験を始めて終わる頃には辺りは真っ暗になっていました。非常に内容の濃い1日でした。今回受講した生徒にはぜひ今後同じSSHクラブメンバーの実験を指導できるようになってもらいたいと思います。
 最後に、群馬大学の教員の皆様、またティーチング・アシスタントをしてくださった学生の皆様、ありがとうございました。
22:56
2020/11/16

「はやぶさ2プロジェクト」高校生オンライン取材会

| by 職員
 11月14日に本校卒業生で宇宙航空研究開発機構JAXAのはやぶさ2プロジェクトミッションマネージャーでもある吉川真さんのレクチャーによる「はやぶさ2プロジェクト」高校生オンライン取材会が行われました。

 全国から高校生が100名程度参加したこの会に本校からも天文部・物理部中心に20名弱が参加しました。
 生徒は吉川さんに直接話を聞くことが出来る貴重な機会に、後輩として一番最初に質問をするなどして、宇宙開発や科学に関する知識を深めました。

 このときの様子が11月15日の下野新聞に取り上げられておりますのでぜひご覧下さい。

 
13:19
12345