機械科 学習内容

機械科の概要

 CADを含めた機械製図、機械工作、機械設計などの基本的な内容を学習します。
 また、ものづくりの基本である工作機械の操作法、溶接・鋳造等による製作法、計測器を使った計測技術、コンピュータを使った制御技術などの実践的な内容を学習します。  
 卒業後の進路は、身に付けたものづくりの知識・技能・技術を生かし、幅広い分野に就職したり、大学などに進学したりします。


学習内容                ■資格の取得

★主な専門科目                  ★取得可能な資格試験

  科 目 名

学 年

単位数

 

    資格試験名 

学 年

工業技術基礎

 1

 3

計算技術検定

1~3

課題研究

 3

 2 

機械検査作業3級技能士

 1

機械実習

2~3

 8

危険物取扱者(乙種)

1~3

機械製図

1~3

 6

2級ボイラー技士

2~3

工業数理基礎

 1

 2

機械製図検定

 3

情報技術基礎

普通旋盤作業3級技能士

 3

生産システム技術 

 2

アーク溶接特別教育講習

2~3

機械工作

2~3 

ガス溶接技能講習 

 2

機械設計

2~3

 

自動車工学

  3

 

原動機(選択)

 

伝統技法(選択)

 

電子機械(選択)

 

 



 
機械科紹介 >> 記事詳細

2017/11/25

とちぎ技能五輪2017「競技解説ガイド」①

| by 教職員
◇とちぎ技能五輪2017「競技解説ガイド」①

 11月25日(土)県南体育館サブアリーナにおいて、機械科3年1組 木村 幸生 君、仲木 大喜 君、
機械科3年2組 大出 淳弥 君、小林 優斗 君、竹本 龍人 君
が「冷凍空調技術」職種の解説ガイド
担当します。

 「解説ガイド」
とは、とちぎ技能五輪2017を見学に来る小学生を対象に、競技を分かりやすく
親しみやすく見学してもらうための高校生の解説ガイドです。

 「冷凍空調技術」職種の解説ガイドを担当する本校の5名は、事前に、県央産業技術専門校で、
研修をさせていただき、

 (1)現地での学習会
  選手等による競技課題の実演、競技内容の説明、日常のどんな場面で役立つ技能なのかなど、
  小学生に説明するために必要なポイントのレクチャーを受け、質疑応答を交えて学習しました。

 (2)生徒による解説内容の考案
  学習会の内容を踏まえ小学生に分かりやすく解説するためのプログラムを検討しました。

 (3)解説プログラムの仕上げ
  考案した解説プログラムを実演し、指導者の方から内容について確認及びアドバイスをもらい、
  最終的な解説の内容を決定しました。

 これらの研修や準備してきたことを、11月25日(土)当日、「冷凍空調技術」職種会場の県南体育館
サブアリーナ
で、宇都宮市立清原北小学校の52名の皆様に実践いたします。

☆スケジュール
  1回目 10:15~ 宇都宮市立清原北小学校 B
グループ(26名)  
  2回目 11:00~
 宇都宮市立清原北小学校 Aグループ(26名) 
00:00 | 連絡事項
PAGE TOP