こどもパソコン SkyBerryJAM情報


 ● 関連情報  
    
 
●外部サイト関連情報  
 ●SkyBerryJAM紹介サイト( InternetWatch   fabcross)
■SkyBerryJAM構成図
SBJ構成図
  緑枠内:IchigoJam標準仕様     NXP-LPC1114/Clock12Mhz/SW/LED/BTN/USB-A/RCA/I2Cpin/14pin-soketx2
  枠外:SkyBerryJAM拡張仕様   EEPROM64kB/モータドライバL293D/LEDx4/R-BTN/L-BTN/USB-UARTモジュール/RESET-SW/ISP-SW/SP サイズ:83x60mm

■SkyBerryJAM 使用時の接続図
  
構成図   
 

日誌

SkyBerryJAM情報 >> 記事詳細

2018/11/20

SkyBerryJAM カード型ビジュアルプログラミング

| by 管理者
◇「カトラリーカード」というビジュアルプログラミング・ツール
 
 こどもパソコン「SkyBerryJAM」(IchigoJam)では、「カトラリーカード」という紙のカードをつかってプログラミングが学習できます。このカードは、日鉄日立システムエンジニアリング(株)(NHS)が考案したもので、プログラミングにあまりなじみのない低学年のこども達や未経験者向けのわかりやすいプログラミング・ツールとなっています。
 使用方法としては単純で、LEDやスイッチ、各種動作などがわかりやすい絵になった(アイコン化した)「カード」を、動作させたい順番(アルゴリズムを考える)にシートに置いていきます。そのカードを裏返すとコマンドコード)が出現、それを見てキーボードからコードを直接入力(プログラミング)していきます。
  
 カトラリーカード
  絵のカードを順番にシートに並べていく 裏面にはその動作コマンド(コード)
カトラリーカードによるプログラミング1 カトラリーカードによるプログラミング2 
 カードをマグネットシートに印刷した例   裏返して順番にキーボードから入力

 このカードは、クリエイティブ・コモンズ表示4.0国際ライセンス(CC BY4.0)のもと同社より提供されており、自由(一定の条件あり)にだれでも以下からダウンロードして使用することができます。

 *Jammy! Programming.KIDS、および、同ロゴは日鉄日立システムエンジニアリング株式会社の登録商標です。

09:45

ダウンロード

名前
サイズ
作成日
 
PAGE TOP