栃木工業高校のボランティア・福祉活動


 「思いやりの心」で「いつでも、どこでも、普段着で」奉仕活動ができる「心豊かな技術者を目指して」本校ではボランティア・福祉活動に取り組んでいます。
 本校の特色の一つに、20年以上に渡り行ってきたボランティア活動「空飛ぶ車椅子」があります。今までに贈った車いすの数は、平成27年度に、2000台を越えました。
 この活動は平成4年に全国で初めて本校からスタートしました。一時中断していたタイボランティア活動が平成26年度に再開されました。また、特別支援学校、福祉施設との定期的な交流活動を行っています。さらに、ものづくり技術を生かして地域に貢献する「栃工テクノボランティア活動」をしています。地域の小・中学校、特別支援学校の教材・教具を修理・製作したり、公共施設の設備修理などを行う活動です。
 

福祉活動 4つの柱

校内福祉啓発活動


・国際理解・福祉講演会
・福祉教育(各学年)
・車椅子体験実習
 

福祉機器製作活動









・国内外へ寄贈する車椅子の修理
・各種福祉機器の製作  

  

     

 

交流教育活動



・栃木特別支援学校との交流会
・保育園でのふれあい実習
 

国際交流活動


タイ王国ボランティア活動
 現地の福祉施設で車椅子の修理体験を行う
・「空飛ぶ車椅子」活動
 修理をした車椅子を飛行機を利用してアジア・アフリカ諸国に寄贈をする
 

栃工高国際ボランティアネットワーク


 栃工高ボランティアネットワークは地域から世界へ向け、ローカルとグローバルが上手に融合したグローカルな活動を展開しています。

  
 活動状況を見る
 

栃工高テクノボランティア

 平成25年度より、本校では地域の小中学校との交流を目的とした、テクノボランティア活動を開始しました。製作提供ならびに修繕等、生徒・職員ともに積極的に取り組んでいます。
市内の小中学校からの、多くの依頼をお待ちしています。

  活動実績を見る
 

ボランティア/福祉活動


2017/12/08

タイ王国ボランティア交流研修団【第6日】

| by 教職員
タイ王国ボランティア交流研修団【第6日】

 12月8日(金)  タイ王国ボランティア交流研修団の六日目です。
今日は、ペャブーン病院で最後の車いす修理を行いました。3日間合計29台の車いすを修理しました。
 参加生徒は全員、やりきった間があったのか、すがすがしい笑顔をしていました。

 【第6
日 日程等】  (時間はすべて現地時間)
   7:00 朝食              
   8:30 ホテル出発
   9:00 ペチャブーン病院にて車いす修理活動 
 11:00 国際ソロプチミスト栃木から預かっている文房具を子供達へ贈呈
 12:00 昼食
 16:30 車いす修理活動 終了 
 18:00 工具類整理 
 19:00 夕食
 20:00 ミーティング予定
 朝食の様子 ペチャブーン病院
                          朝食の様子              ペチャブーン病院
 修理活動最終日がスタート 修理活動より①
     修理活動最終日がスタート         修理活動より①        
 修理活動より② 修理活動より③ 
       修理活動より②            修理活動より③
 交流会の様子 交流会にてMagicを披露
       交流会の様子           交流会にてMagicを披露
 交流会を終えて記念撮影 交流会を終えみんな笑顔で
      交流会を終えて記念撮影       交流会を終えみんな笑顔で
 贈呈した文房具セット 昼食の様子
     贈呈した文房具セット             昼食の様子  
 昼食のメニュー ペチャブーン名物の豆  
         昼食のメニュー          ペチャブーン名物の豆
 名物の豆をいただきました 病院長へ学校長よりお礼 
      名物の豆をいただきました        病院長へ学校長よりお礼  
 活動を終え記念撮影 病院長からの全員へのプレゼント 
      活動を終え記念撮影        病院長からの全員へのプレゼント
 最後に病院長とスタッフの方へお礼を ペチャブーン市内
  最後に病院長とスタッフの方へお礼を       ペチャブーン市内
 夕食の様子 ペチャブーン最後の夕食を楽しんでいました
     夕食の様子          ペチャブーン最後の夕食を楽しんでいました
  
第6日の感想より 
 
                            機械科2年1組 鈴木 秋仁
 今日は、車いす修理の最終日、病院の子ども達との交流会もありました。車いす修理は1台でも多く修理するため、タイのエンジニアの方と協力して作業をし、最後には、当初の目標を上回る29台を修理することができました。 
 交流会では全員でマジックを披露し、国際ソロプチミスト栃木の方から預かった文房具を子ども達に手渡しをしました。子ども達も私達も笑顔になれてとても幸せな気持ちになりました。残りの2日間、タイ王国での研修を思い切り楽しみたいと思います。
19:00 | 報告事項
PAGE TOP