こどもパソコン SkyBerryJAM情報


 ● 関連情報  
    
 
●外部サイト関連情報  
 ●SkyBerryJAM紹介サイト( InternetWatch   fabcross)
■SkyBerryJAM構成図
SBJ構成図
  緑枠内:IchigoJam標準仕様     NXP-LPC1114/Clock12Mhz/SW/LED/BTN/USB-A/RCA/I2Cpin/14pin-soketx2
  枠外:SkyBerryJAM拡張仕様   EEPROM64kB/モータドライバL293D/LEDx4/R-BTN/L-BTN/USB-UARTモジュール/RESET-SW/ISP-SW/SP サイズ:83x60mm

■SkyBerryJAM 使用時の接続図
  
構成図   
 

日誌

SkyBerryJAM情報
2018/11/20

SkyBerryJAM カード型ビジュアルプログラミング

| by 管理者
◇「カトラリーカード」というビジュアルプログラミング・ツール
 
 こどもパソコン「SkyBerryJAM」(IchigoJam)では、「カトラリーカード」という紙のカードをつかってプログラミングが学習できます。このカードは、日鉄日立システムエンジニアリング(株)(NHS)が考案したもので、プログラミングにあまりなじみのない低学年のこども達や未経験者向けのわかりやすいプログラミング・ツールとなっています。
 使用方法としては単純で、LEDやスイッチ、各種動作などがわかりやすい絵になった(アイコン化した)「カード」を、動作させたい順番(アルゴリズムを考える)にシートに置いていきます。そのカードを裏返すとコマンドコード)が出現、それを見てキーボードからコードを直接入力(プログラミング)していきます。
  
 カトラリーカード
  絵のカードを順番にシートに並べていく 裏面にはその動作コマンド(コード)
カトラリーカードによるプログラミング1 カトラリーカードによるプログラミング2 
 カードをマグネットシートに印刷した例   裏返して順番にキーボードから入力

 このカードは、クリエイティブ・コモンズ表示4.0国際ライセンス(CC BY4.0)のもと同社より提供されており、自由(一定の条件あり)にだれでも以下からダウンロードして使用することができます。

●カトラリーカード (Jammy! Programming.KIDS)
 *Jammy! Programming.KIDS、および、同ロゴは日鉄日立システムエンジニアリング株式会社の登録商標です。

09:45
2018/05/17

SkyBerryJAM ビジュアルプログラミング

| by 管理者
◆BlocklyJam(ブロックリージャム)というビジュアルプログラミングツールUpDate (2019/8)

ブロック型プログラミング Blocklyajm プログラミング画面3
 プログラミングの基本形は、キーボードによるコマンド入力が中心ですがBlocklyJam(鴻池泰元氏開発・公開 )というソフトウェアを使うと、ビジュアル・プログラミングがという方法が可能とないります。
 このソフトは、普通のPCとUSBケーブルで本校発のパソコンSkyBerryJAMとを接続、PC画面にマウスで「ブロック」を並べていくだけで、プログラミング学習ができるというシステムです。それを<送る>ボタンを押せばそのまま転送され、実行させることができます。BASICの細かなコマンドを知らなくても、視覚的・直観的にプログラミングできます。
 今回情報技術科で、そのシステム用のSkyBerryJAM専用「カスタム・コマンドブロック」を作成、LEDの点滅や信号機プログラムから、センサを使ったロボットプログラミングまで、USBケーブル1本接続(外部モニタ・キーボード・電源なし)で、PCのマウス一つでプログラミング可能となりました。今後の小学校でのプログラミング出前講座などで、活用を検討しています。

Blocklyajm プログラミング画面 Blocklyjamプログラミング2 

興味ある方は以下からダウンロードして、ご試用されてください。(現在Windowsのみ対応です)
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 Blocklyjam (ブロックリー・ジャム 鴻池泰元氏開発 )紹介サイト GitHubページ 
 ●A) Blocklyjam (ブロックリー・ジャム) ダウンロードサイト GitHubページ
 ●B) 同上 SkyBerryJAM用カスタマイズ・プログラム ダウンロード(本サイト内 )UpDate (2019/8)
 ●C) USBシリアルモジュールドライバ CP2102  SiliconLabサイト
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 ●SkyBerryJAM本体とPC接続するには、先に以下の USBドライバ の動作を確認
 *) 上記C)のUSBシリアルモジュールCP2102 ドライバをダウンロードし、インストールする
     (すでにインストールしてある場合は不要)
 **)  SkyBerryJAM本体とUSBケーブルで接続、デバイスマネージャでCOMxが表示されるか確認
 ----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 1) 上記A)のBlocklyJam を適当な場所へダウンロードし、適当な場所へ解凍する(解凍するのみ)
 2) 上記B)の設定プログラムを適当な場所へダウンロードし、適当な場所へ解凍する(解凍するのみ)
 3) 1)で解凍したフォルダを開き、<app>フォルダ中に、2)で解凍した、SetUp EXEプログラムをコピーする
 4)  3)blocklyJamアイコン<app>フォルダ中の場所で、2)のSetUp EXEプログラムを実行する(ディスクトップにアイコンを作るにチェック)
 5)  右の図のようなディスクトップ上のアイコンまたは 1)の<app>中にある BlocklyJam.batをクリックして実行する
 ----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 * Blocklyとは、Google社が開発・無料配布している「ビジュアル・プログラミング・ツール」です。
14:47

ダウンロード

名前
サイズ
作成日
 
PAGE TOP