確率を求める過程を振り返り、論理的に考えさせる指導

操作説明(表示する)

概要(表示しない)

AがB、Cの2人と異なるゲームを交互に3回行う間に2連勝する確率について、B、Cのどちらと先に対戦した方が勝つ確率が高くなるのかを予想させ、その確率を求めさせる。確率を求める過程を振り返り、“負ける確率”に着目することによって、その理由に気付かせる。学習活動を通して、直感的な結論と論理的に導き出した結論が異なる場合があることに気付かせ、論理的に考える重要性を認識させる。(186文字)

関連ファイル(表示しない)

分類 資料名 種類 概要
単元(題材)の指導計画学習指導案
指導案学習指導案
ワークシートワークシート
Total:000069 Today:001 Yesterday:002