栃木県立石橋高等学校
 
あなたは1914725人目の訪問者です

◎学校所在地・連絡先◎

栃木県立石橋高等学校
 
 〒329−0511
  栃木県下野市石橋845
 
  Tel : 0285−53−2517
  Fax: 0285−52−2376
 

 

オンライン状況

オンラインユーザー4人
ログインユーザー0人
登録ユーザー11人

石橋高校の沿革
 
大正13年 3月  県内8番目の旧制中学校として現在地に創設 校章・制服制定
 
        4月20日 第1回入学式 (創立記念日)
 
大正14年 4月  校訓・生徒心得制定
 
昭和 2年11月1日  校旗制定・樹立式 
 
       2月11日 校歌制定
 
昭和 5年 8月  同窓会発足式

昭和23年 4月  学制改革にともない新制高等学校となり、校名を栃木県立石橋高等学校と改称

昭和24年 4月  男女共学制実施 現
校章制定 

昭和25年 4月  家庭科設置(昭和38年家庭科を家政科と改む)
 
昭和26年 2月  校歌発表会、校旗樹立式
 
昭和30年 7月  応援歌(校内公募による)発表
 
昭和33年10月  体育館(現第2体育館)落成
 
昭和34年 3月  白葉賞制定
 
昭和35年 5月  女子制服改定(セーラー服から現行の制服へ)    
 
昭和40年 1月  校舎改築起工式
 
昭和47年 3月  校舎改築工事完了
 
昭和54年11月  体育館兼講堂(現第1体育館)竣工記念式典挙行
 
平成 3年 4月  家政科を普通科へ学科転換

平成 5年 3月  家政科閉科

平成 5年 4月  普通科(男女共学)1学年6クラスとして現在に至る

平成16年11月  創立80周年記念式典挙行(スローガン「感動と勢いと和の精神」) 
 
平成23年 3月  兵器庫解体
  
平成23年 4月  生徒数 718名
 
平成23年10月  第2体育館改修工事完了
 
平成24年 2月  校訓額掲額   湧泉之碑(校訓碑)建立
 
 
 
  旧玄関(昭和53年解体)  
     渡辺安友 氏 (旧制石中 第6回卒)  デッサン 昭和54年制作
 
 
 
                                            記念館として残されていた当時の旧玄関
                                           


 

  
  戸田保美(とだ やすよし)氏顕彰碑
      旧制石橋中学校設立にあたり、多額の寄付と敷地を提供し、戦時中に父兄後援会を
     設立、戦後PTAと改められ、昭和49年まで29年間会長の任にあった。石高の基礎を築
     いたばかりでなく、発展にも尽力された。昭和52年2月功績を讃え顕彰碑を建立。
      「いしばしの学びの苑に 五十年の注げるまこと 永久にかぐわし」と刻まれてある。
                     明治31年生まれ、昭和59年ご逝去。享年86歳
 
        戸田譲一前同窓会長(保美氏ご子息、旧中19回卒)、伊澤勝彦同窓会長(高9回卒)に
        よれば、顕彰碑の短歌と揮毫は、もと本校教諭谷中伯郎先生(旧中2回卒)によると言われる。
   
戸田保美氏顕彰碑の副碑を、平成24年2月9日(木)、校訓碑とともに建立しました。
 

兵器庫解体のお知らせ

兵器庫解体 通称兵器庫(本校唯一の戦前の建物) 
  平成23年3月17日(木) 午後1時撮影
 大正15年に軍事教練のための銃器格納庫として建てられた兵器庫
 (現在は倉庫として利用してきました)を急遽解体いたしました。
 伊澤現同窓会長と戸田前同窓会長に立ち会っていただきました。
 
 旧制中学校以来親しまれてきた建物が、本年度末には老朽化により
 解体の運びとなっておりましたが、11日(金)の東日本大震災により
 急いで解体することに致しました。多くのみなさまに集まっていただき
 解体式を開催したいと考えておりましたが、時間的余裕もなく解体い
 たしましたこと、同窓生の皆様にお詫びいたします。
 
 
解体作業始まる                吹奏楽部の倉庫でもありました。       天井の各処に穴が開いておりました。
  
 
  
 
  
 数時間でほとんどが解体されました。   22日(火)跡形もなく撤去されてしまいました。
  

 
平成24年2月24日(金) 校章・校歌碑の塗り替え
  
 玄関校章塗り替え
  
                                                    生徒昇降口の校章も塗り替え
  
2月24日 校歌碑の歌詞が浅彫りのため消えかかっていましたので、白を入れて目立たせました。土岐善麿氏の筆跡が甦りました。
 
校訓メダル
  生徒会功労賞、皆勤賞・精勤賞の副賞のメダルのデザインが決定しました。
  デザインは本校美術の島田幹男先生、校訓の文字は書道の篠崎真一先生です。
  メダルの表は泉が大地から湧きあがるイメージを図案化。裏は校章と氏名を刻印できるスペースが設けられています。
  
デザイン原画 おもて               メダル型 おもて
   
デザイン原画 うら                 メダル型 うら
 
 皆勤賞等の副賞メダル
 (校訓メダル)の鋳造型
 を、飾り棚に入れておき
 ますので、ぜひご覧くだ
 さい。
 




【のぼり旗、完成】
 H25.10.25


 本校の「のぼり旗」が完成しました。
 
 揮毫は本校教諭篠崎真一先生
によるものです。

 今後、学校行事や
部活動の大会等に活用します!
 

緊急のお知らせ

緊急のお知らせはありません。