美術部からのお知らせ

                    美術部の活動
                                        
  栃木女子高等学校の美術部は,各学年10名程度の部員が在籍しており、それぞれが個人またはチームに分かれて活動しています。
 ここでは、3つの活動を紹介します。

 1.栃木市との連携
    渡良瀬遊水池「ハートランド構想」への協力、参加
   この活動は、美術部の中から5人~6人のメンバーを選出して、ハートランドチームを作って、キャラクターのデザインや、絵本やMAPづくりに取り組みます。

 2.まんが甲子園
    全国大会への挑戦
   この活動は、美術部の中から5人~6人のメンバーが共同制作をして全国大会を目指します。
 

 3.高校美術展・高校デザイン展
       個人作品の発表
   この活動は、それぞれが絵画、彫刻、デザインなど自分の作品を制作します。栃木県で優秀な作品は全国総合文化祭に出品されます。


 このような美術部の活動は、栃木県立栃木女子高等学校芸術発表会で詳しく見ることができます。

 
活動報告
美術部活動報告
12
2021/08/10

まんが甲子園に出場しました

| by HP係
第30回まんが甲子園本選大会(8月6~7日)に出場しました。

本来ならば高知に行けるはず・・・でしたが、今年度はオンライン開催となり、本校1年1組教室での参加となりました。
各学校と本部がZoomで繋がれ、ニコニコ動画で生配信される新しいカタチの大会でした。


8月6日(金)第1次競技のテーマは『アナザーオリンピック』
この審査で、本選出場校(40校)から20校の中に選ばれました!


8月7日(土)第2次審査のテーマは大会が第30回を迎えたことにちなみ、『30度目の正直』


残念ながら入賞はなりませんでしたが、団結して納得できる出来ばえの作品を仕上げることができました。


あたたかい応援をいただき、ありがとうございました。



   
13:03 | 今日の出来事
2021/06/22

まんが甲子園本選出場決定

| by HP係

 令和3年度第30回全国漫画選手権大会「まんが甲子園」において、3年ぶり9回目の出場が決まりました。美術部の1年生2名、2年生3名、3年生1名のチームで今年の作品のテーマ「リバウンド」で作品を制作しました。8月6日、7日に本選大会が開催され、その様子はニコニコ生放送で実況中継されます。応援よろしくお願いいたします。

 
 予選通過作品(「リバウンド」)
09:55
2021/04/21

第3回世界まんがセンバツ 結果報告

| by HP係

 美術部の1年生(現2年生)3名が、昨年度開催された「第3回世界まんがセンバツ」において、最終選考に残ることができました。3月に結果が発表され、残念ながら受賞することはできませんでした。しかし、最終選考10作品のうち、栃女から3作品が選ばれたことは、素晴らしい成果だと思います。

 第3回まんが選抜 高校生部門テーマ 「距離・ディスタンス」 





17:29
2020/08/21

2020まんが甲子園増刊号

| by HP係

 今年度の「まんが甲子園」は、新型コロナウイルス感染症の影響により中止となりましたが、代替え企画としてWEBイベント「まんが甲子園増刊号」が、全国総合文化祭高知大会との連携で8/2()に開催されました。今回は、「新しすぎる生活様式」というテーマでA4サイズの作品を個人で制作して応募できるということで、栃女からは、美術部員5名がチャレンジしました。国内だけでなく、韓国、シンガポール、台湾の高校生の370を超える作品の中で、2年生の1作品が、最終選考作品ベスト20に残りました。残念ながら、受賞は逃しましたが、今年も美術部の生徒たちはコロナに負けず、元気に活動しています。










17:58
2020/04/22

2019年美術部の活動

| by HP係
「まんが甲子園」 
 テーマ「スーパーボランティア」で作品を応募しましたが、残念ながら本選に出場することができませんでした。
 まんが甲子園世界選抜テーマ「ステキ!」において、3年生の白石姫子さんの作品が決勝に残りました。
「第43回全国総合文化祭(2019佐賀大会)」
 3年生の長瀬有里加さんが、栃木県代表として参加しました。
「栃木市渡良瀬遊水地ハートランドキャラクター」
 新しいキャラクターデザインに取り組みました。
「栃木県高校美術展・デザイン展」
 11名の部員が力作を出品し、2年生の筒井琉奈さんが優秀賞を受賞しました。
「栃木県人権に関するイラストコンクール」
 1年生の坂井志帆さんが最優秀賞を受賞しました。
その他、各種コンクール等への参加、学校行事の発行物等で多くの部員が活躍しました。
しかし、これらの成果を発表するはずだった芸術発表会が新型コロナウイルスの影響により中止となり、2020年4月現在も感染の拡大が収まらず学校は臨時休校中です。
 美術部員一同、早く通常の学校生活に戻り、元気に作品制作に取り組むことができるよう願っています。

 










15:08
2018/06/27

まんが甲子園2年連続7回目の本選出場

| by HP係
  「第27回まんが甲子園」の予選審査が6月22日、高知市で行われて、2年連続7度目の本選出場が決まりました。
 今年の予選テーマは、「仮想○○」または「フェイクニュース」。国内外301の高等学校から作品のエントリーがりました。栃女は「フェイクニュース」をテーマに選び、月にウサギはいないと思っているお父さんと、絶対にウサギがいると思っている娘のストーリーを描いて応募した結果、見事に予選を通過しました。
 今年のチームは、3年生1人と、2年生2人、1年生2人というメンバー構成です。昨年の本選を経験した3年生は、「後輩にきちんとノウハウを伝えて、まんが甲子園に強い栃女を継承していきたい」と語っています。8月4日、5日に高知県で行われる大会では良い成績が残せるように頑張りたいと思います。


10:21
2018/02/02

栃木県彫刻造形協会展で受賞

| by HP係

美術部 栃木県彫刻造形協会展で受賞


 1月27日(土)から31日(水)に栃木県総合文化センターで開催された、栃木県彫刻造形協会展におきまして、2年1組の大島瞳さんが学生の部大賞、2年5組深澤未来さんが特別賞を受賞しました。

      


09:41
2017/08/23

まんが甲子園結果報告

| by HP係

                美術部 「まんが甲子園」全国3位

 
 「第26回まんが甲子園」に栃女の3年ぶり6度目の出場した美術部は、3位に入賞しました。
  今年の1次競技のテーマは「維新」。栃女は坂本龍馬が桂浜に「ぶんめい」という花を咲かせるという作品で決勝に進出した。決勝戦では、123」というテーマが出され、123階建ての超高層タワーマンションの最上階の家賃は123円。エレベーターは3階までしかないという作品で勝負。他校と比べて地味な感じであり、生徒たちも自信がなかったが、まんがの構成がしっかりしていたことが評価されて平成26年度に続き通算3度目の3位入賞となった。


栃女の「まんが甲子園」

 応募回数11回 本選出場回数6回

 受賞歴
  平成22年 3位
  平成23年 最優秀賞
  平成24年 2位
  平成26年 3位
  平成29年 3位


 応援ありがとうございました。


   1次競技「維新」          3位入賞の生徒たち
   


15:27
2017/07/01

「まんが甲子園」本選出場決定

| by HP係

 「第26回まんが甲子園」の予選審査が6月23日、高知市で行われて、栃女の3年ぶり6度目の本選出場が決まりました。
 今年の予選テーマは「○○ファースト」「二刀流」。国内外307校(42都道府県297校、韓国2校、台湾5校、シンガポール3校)の作品がエントリーされ、栃女は「〇〇ファースト」で応募したところ、審査員から高い評価を受けたようです。

   「○○ファースト」は、けがした犬を自転車で泣きながら運ぶ
  子どもと、その後ろでサイレンを鳴らす救急車を描き、どちらを
  優先すべきか問い掛ける作品や、ミサイルにでかでかと「安全第
  一」と書かれた作品が高く評価された。
                   高知新聞ニュース記事より


 今年のチームは、2年生4人と、1年生1人というメンバー構成で、経験も少ないのですが、8月5日、6日に高知県で行われる大会では良い成績が残せるように頑張りたいと思います。

  



11:46
2016/02/01

平成27年度芸術発表会

| by HP係

術発表会

 1月30日(土)31日(日)に、栃木市文化会館展示室において栃女芸術発表会(美術・書道)が開催され、授業で制作した作品と、部活の作品が会場いっぱいに展示されました。

 

 さらに美術部のOGも賛助出品してたり、栃女美術部がデザインした「ゆるキャラ」も応援に駆けつけてくれて活気のある展覧会になりました。

          


17:02
12