美術部からのお知らせ

                    美術部の活動
                                        
  栃木女子高等学校の美術部は,各学年10名程度の部員が在籍しており、それぞれが個人またはチームに分かれて活動しています。
 ここでは、3つの活動を紹介します。

 1.栃木市との連携
    渡良瀬遊水池「ハートランド構想」への協力、参加
   この活動は、美術部の中から5人~6人のメンバーを選出して、ハートランドチームを作って、キャラクターのデザインや、絵本やMAPづくりに取り組みます。

 2.まんが甲子園
    全国大会への挑戦
   この活動は、美術部の中から5人~6人のメンバーが共同制作をして全国大会を目指します。
 

 3.高校美術展・高校デザイン展
       個人作品の発表
   この活動は、それぞれが絵画、彫刻、デザインなど自分の作品を制作します。栃木県で優秀な作品は全国総合文化祭に出品されます。


 このような美術部の活動は、栃木県立栃木女子高等学校芸術発表会で詳しく見ることができます。

 
活動報告
美術部活動報告 >> 記事詳細

2017/07/01

「まんが甲子園」本選出場決定

| by HP係

 「第26回まんが甲子園」の予選審査が6月23日、高知市で行われて、栃女の3年ぶり6度目の本選出場が決まりました。
 今年の予選テーマは「○○ファースト」「二刀流」。国内外307校(42都道府県297校、韓国2校、台湾5校、シンガポール3校)の作品がエントリーされ、栃女は「〇〇ファースト」で応募したところ、審査員から高い評価を受けたようです。

   「○○ファースト」は、けがした犬を自転車で泣きながら運ぶ
  子どもと、その後ろでサイレンを鳴らす救急車を描き、どちらを
  優先すべきか問い掛ける作品や、ミサイルにでかでかと「安全第
  一」と書かれた作品が高く評価された。
                   高知新聞ニュース記事より


 今年のチームは、2年生4人と、1年生1人というメンバー構成で、経験も少ないのですが、8月5日、6日に高知県で行われる大会では良い成績が残せるように頑張りたいと思います。

  



11:46