742705
平成30年度 卒業式   平成31年3月11日(月)
平成31年度 入学式    平成31年4月9日(火)
 
 
 
 
 

 
 

学校風景

連絡先

〒326-0011
栃木県足利市大沼田町619-1

電話 0284-91-1110
FAX 0284-91-3660

 

QRコード

携帯のサイトはこちらから
 

沿革

本校の環境教育活動の沿革を紹介します。


 環境教育活動の沿革

                                                           栃木県立足利特別支援学校   
                                                             環境教育推進委員会
                                                                                         
昭和48年度・開校。理科等一部の教師により学校裏山国有林(当時:国立療養所足利病院所有地 厚生省管轄 現:保健医療・福祉施設あしかがの森足利病院所有地)にて巣箱架設が始まる。

平成 4年度・中学部1・2年生が学級活動などの時間に巣箱の架設を行  
                        い、野鳥の観察を始める。

平成 5年度・栃木県野生生物保護実績発表大会に中学部2・3年生が参
                       加、「シジュウカラの繁殖調査」で優秀賞を受賞。

平成 8年度・栃木県林務部より「愛鳥モデル校」に指定される(平成10年度
         まで3ヶ年)。
                     ・環境庁主宰の「こどもエコクラブ」に児童生徒会自然保護委員
                       会の児童生徒が登録。
                     ・中庭の池をビオトープに改造。絶滅危惧植物ミズアオイ、フジ
                       バカマの栽培を開始する。
                    ・校庭南側に「野鳥の庭」を造成。野鳥の食べる実のなる木(ブ
                     ルー ベリーなど)を植樹。

平成 9年度・「こどもエコクラブ」に小中学部の児童生徒が登録。
                     ・「こどもエコクラブエコロジカルあくしょん県コンテスト」(壁新聞)
                       にて優秀賞を受賞。これにより全国フェスティバル(名古屋)に
                      県代表として参加。

平成10年度・「こどもエコクラブ」に院内学級の児童生徒が登録。登録の名
                       称を「自然守り隊」(命名中学部3年生明卓也)に変更する。
                     ・ミズアオイなどに加え、準絶滅危惧植物「ミクリ」などを栽培。
                     ・全国野生生物保護実績発表大会(主催:環境庁、後援:文部省、
                       林野庁)にてこれまでの自然保護活動の成果を発表、林野庁
                       長官賞を受賞。
                    ・これにより教育振興功績の表彰を県教委から受ける。
                    ・こどもエコクラブエコロジカルあくしょん県コンテスト(壁新聞)に
                     て特別賞を受賞。

平成11年度・緑の少年団(緑の少年団連盟主宰)に小中学部の児童生徒が
                       「nbc」(nature breathing children:自然の息吹を感じる子ども
                       たちの意。命名中学部2年古市隼也、団旗デザイン中学部3
         年茂木淑江)の名称で加盟。
                     ・大日本猟友会より「野鳥愛護校」の指定を受ける。
                     ・県立学校個性化アクションプランに選定され「野鳥の庭」を野
                       鳥の食べる、実のなる柿やアケビなどを植えた果樹園に拡
         張。同時に玄関に絶滅危惧種のメダカなどを飼育るアクアリ
                       ウムを設置。
                     ・第8回全国小学校中学校環境教育賞(主催:日本児童教育振
                       興財団、後援:文部省、環境庁、全国都道府県教委、政令指定
                       都市教委、全国39新聞社、協賛:小学館)にて「努力賞」受賞。
                     ・自然保護活動により足利市優良団体の表彰を受ける。

平成12年度・本校において、環境教育をテーマとした「アカデミアとちぎ」
         (学校開放講座)が開講され、野鳥の観察や巣箱制作等の活
          動が展開される。
         ・「足利市環境教育実践団体」に指定される。
                     ・「足利市市民環境レポーター」に指定される。
                   ・木を多用し環境へ配慮した遊具を野鳥の庭へ設置。
                     ・柑橘類を植樹した「ちょうの里」を整備。
                     ・「野鳥の庭」へ教師が自作した飛行機型等の給餌台を設置。
                     ・「総合的な学習の時間」「理科」「美術」等で自然保護活動を実
                       施。以降現在まで継続。

平成13年度・プール南側に「きのこの森」を整備。
           ・南校舎に、部屋が12ある長屋風実験巣箱を架設。

平成15年度・第10回コカ・コーラ環境教育賞受賞。

平成16年度・カブトムシ、ミヤマクワガタの飼育を開始。
                     ・プール清掃時にアキアカネのヤゴを救出。
                     ・腐葉土作成のための箱を温室北側に設置。

平成18年度・活動内容の精選により「緑の少年団」を退会。

平成19年度・読売新聞社等から「栃木県自然保護奨励賞」を受賞。

平成20年度・十余年ぶりに裏山の巣箱にヤマガラの営巣を確認。
                     ・高等部の卒業記念に創作集合巣箱を共同制作、校庭南側に
                       架設。

平成23年度・「大塚みどりの基金」により、校庭南端にブルーベリーを16
                       本、プール西側にミカンを7本植樹、プール東側に花壇2箇所
                       を造成(援助:(社)とちぎ環境・みどり推進機構)。以降、小学
                       部児童と中学部生徒が野菜を栽培、観察する。

平成24年度・ほたる沢に、中学部生徒がフクロウ用巣箱1個を制作し架設
                       する。同所に高等部生徒がカラ類用巣箱18個を制作し架け 
                       替える。
                     ・鳥インフルエンザ予防のため、校舎に架設してあったスズメ用
                       巣箱を撤去する。
                     ・「自然保護活動」の取組の在り方について検討を開始する。
                       児童生徒の実態の変化(重度化・多様化)や社会情勢の環境
                       への関心の高まり等を踏まえて、自然保護の視点含めた「環
                      境教育」活動としての方向性を定めた。

平成25年度・「環境教育推進委員会」を設置。特別活動部との関連をもた
                       せて、自然保護活動の他、地域におけるクリーン活動や奉仕
                       活動等を総合的に位置づけた環境教育として編成し直す。
                ・学校環境緑化モデル事業として、温室南側や焼却炉跡地に
                       花壇や畑を整備(協力:(社)とちぎ環境・みどり推進機構援助:
                       ローソン緑の基金)。それを記念して記念式典を挙行、体育館
                       南東にリンゴの木を植樹。

平成26年度・「大塚みどりの基金」により、校庭南端にブルーベリー16本、
                       サクランボ2本を囲むブロック積花壇を造成(援助:(公社)とち
                       ぎ環境・みどり推進機構)。

平成27年度・栃木県県南環境森林事務所より、木製プランター5基が配布
         され、ビオトープ周辺に設置、ミズアオイの栽培に活用され
         る。
        ・栃木県学校関係緑化コンクールにおいて優良賞を受賞。
                ・「大塚みどりの基金」により、校庭の「野鳥の庭」ブロック積
         花壇を造成(援助:(公社)とちぎ環境・みどり推進機構)。
               ・「森の体験活動推進事業」(公社:とちぎ環境・みどり推進機
          構)に選定され、環境教 育活動推進のための交付を受け
          る。(「花いっぱい大沼田」等の活動に運用)
                ・全国学校・園庭ビオトープコンクール2015において、(公財) 
          日本生態系協会賞を受賞。

その他   ・新聞各紙(朝日、読売、毎日、産経、東京、下野、両毛)に記事掲
                      載多数。
                    ・NHK「首都圏ネットワーク」で放映数回。
                    ・わたらせテレビで放映数回。
                    ・こどもエコクラブ全国事務局「広がれこどもエコクラブ 元気の
                      出るサポーター応援読本」に記事掲載。
                    ・PHP「体験活動・クラブ活動・部活動の本1環境と自然体験」に
                      記事掲載。
                    ・PHP「やってみよう!こどもの資格&コンクールガイド2000年
                     度版」に記事掲載。
                    ・小学館「環境教育ガイド2000~2001」(総合教育技術平成12
                     年7月号増刊)に記事掲載。
                    ・三井グラフ122号(2001 January―March)特集「新世紀を担
                      う子供たちのエコロジー活動」に記事掲載。