〒327-0847
栃木県佐野市天神町761番地1
電話 0283-23-0161
FAX 0283-21-1301

 

メニュー

R2 活動の記録過去の活動の記録R2 年間計画表一日体験学習校長メッセージ学校案内高等学校附属中学校(学習支援サイトリンク)部活動SGH学校評価保健室からいじめ防止基本方針いじめ・教育相談アンケートメール一括配信システム証明書発行について旭城同窓会動画配信入試情報アクセス相談室より

オンライン状況

オンラインユーザー6人
ログインユーザー0人

校長室便り

校長室便り
12345
2020/08/03new

高校野球交流試合~下野新聞の記事

| by 校長
本日付け、下野新聞の8面に、昨日の試合結果についてと、「佐野・松井海人遊撃手」の記事が掲載されました。




(下野新聞社よりHP掲載許可済み)

下野新聞 2020.8.3.pdf
08:34
2020/08/02new

高校野球交流試合3回戦(佐野対白鷗足利)

| by 校長
本日、清原球場で、高校野球交流試合3回戦(佐高対白鷗足利高)の試合がありました。大会の規定により、交流試合は3回戦までですので、勝っても負けても、最後の試合です。

試合の結果は、佐野高0:白鷗足利高10でした。

2回に一挙に9点取られたときは、どうなることかと心配しましたが、3回以降は2つのダブルプレーや三者凡退、三塁まで走者は出すも見事打ち取りと、点数を与えず頑張りました。最後の7回に1点取られましたが、3回以降でみれば、格上相手に大健闘でした。点差はありましたが、誰一人あきらめている選手はいませんでした。特に、ピッチャーの赤石君とキャッチャーの小川君のバッテリーは、最後まで集中力を切らすことなく、ゲームを作ってくれました。ピンチにマウンドに集まる選手たちの声がネット裏のスタンドにも聞こえてきましたが、チームワークがあったからこそ、ここまで頑張れたんだと思います。負けはしましたが、清々しさがあり、やり切った感がありました。みんな、よく頑張った!




今大会は無観客試合で、保護者と校長しか入場できませんでしたので、試合の様子を紹介します。



予定より10分遅れで、11時10分に試合が始まりました。佐野高校が後攻です。



1回裏の攻撃の様子です。(松井君、須永君、小川君:ライト前ヒット、坂本君)



2回裏の攻撃(赤石君、亀山君、佐山君:レフト前ヒット、古橋君)


3回裏の攻撃(熊倉君、松井君、須永君)


4回裏の攻撃(小川君、坂本君:ヒット、赤石君)


5回の攻撃(亀山君、佐山君、古橋君:センター前ヒット、熊倉君)


6回の攻撃(松井君、須永君、小川君)


7回の攻撃(坂本君、赤石君、亀山君)



12時51分、試合は終了しました。



スタンドの保護者の方々から、惜しみない拍手が送られました。

これで、野球部の交流試合(3回戦まで)は終わりました。本校野球部が、3回戦まで2試合戦うことができたこと自体、とてつもなく素晴らしいことだと思います。
一方、試合に勝っても、これで終わってしまったチームが流した涙、くやしさも忘れられません。また、試合すらできなかった競技の選手の思いも忘れてはならないでしょう。
野球部の皆さん、特に3年生にとって、この経験がこの後の人生に生きてくることを信じています。   受験勉強、頑張ってください!
16:30
2020/07/31new

1学期終業式

| by 校長
本日は、1学期の終業式でしたが、新型コロナ対策と熱中症防止のため、すべて放送で行いました。生徒たちは、自分の教室内で、終業式に参加しました。
以下に、終業式の校長式辞の全文を掲載します。(約10分かかりました。原稿と実際に話した口調や言い回しなどは若干異なる部分もあります。)


令和2年度1学期終業式 式辞(R2.7.31)

 皆さん、おはようございます。
中高の全生徒が一度も集まることなく、とうとう1学期最後の日となりました。皆さんは今、どんな気持ちで、この日を迎えているのでしょうか。
 今年は新型コロナの影響で、始業式の翌日から臨時休校となりました。分散登校を経て、6月から通常登校となりましたが、授業でのグループワークや理科の実験観察、調理実習や合唱などができない不自由な日々が続きました。現在、ようやく通常の形で授業が実施できるようになってきましたが、常に三密を意識し、マスクを手放せない生活が今後も続くことを考えると、この数ヶ月で、世界は大きく変わってしまいました。
  
 新型コロナのことを考えると、どうしても不安になったり、暗い気分になってしまいがちですが、通常登校となってからの皆さんの学校での生活の様子を見ていると、逆に「明るい希望」を感じています。そのいくつかについて、紹介します。

 まず、最初の明るい希望についてです。通常登校一日目の6月1日に「いじめ・教育相談アンケート」を実施しましたが、「あなたが楽しかったことや嬉しかったこと、不安に感じたことや不満に感じたこと」を自由に書いてもらった内容を見ると、確かに「勉強の遅れ」などへの不安をあげる生徒は、中高で3割程度いましたが、それ以上に、「趣味の時間など、自分の時間を持てたり、ゆっくり休めた、家族や友人との時間を持てた」など、臨時休校中の時間を前向きにとらえていた生徒の数の方が、はるかに多かったことに、驚きとともにほっとしました。また、学校から郵送した課題や先生方が作成したユーチューブの動画などを使って、しっかり学習に取り組み、学校再開後に、学校生活や授業にスムーズについてこれたのは、本当にりっぱだと思いました。さすがは、佐高生、附属中生と感心しました。
 そして、学校再開から1か月後の7月1日に実施した「アンケート調査」では、楽しかったこと・嬉しかったこととして、多くの生徒が、「学校や部活動が再開したこと、友人と学校で会うことが出来たこと」などを上げています。休校期間中のプリント学習やオンライン授業では得られない、学校での人との関わりが、学ぶことや成長するためには大切なんだなと、改めて気づかされました。

 明るい希望の2つ目として、本校では、旭城祭を校内公開(保護者の入場を含む)という形で実施することになりました。高校生には、先日の生徒会役員選挙の際にお話ししましたので、繰り返しになりますが、クラス展示を行い、保護者にも公開するのは、県内では、唯一、佐野高校・同附属中学校だけです。これは非常に画期的な出来事でもあります。
  そして、それを可能にしたのは、本校の生徒会役員と旭城祭実行委員が頑張ってくれたおかげだということを忘れてはならないでしょう。新型コロナの感染者が拡大する中、旭城祭を実施するだけでも大変なことですが、自分たちの活動の成果を保護者にも見てもらいたいと、保護者が入場することにチャレンジしてくれました。
 彼らは、どうすれば安全に、保護者にも旭城祭に入場できるかをあらゆる角度から検討し、詳細な企画書を作成し、校長と中高の教頭にぜひ聞いて欲しいと、校長室でプレゼンをしてくれました。そこでは、例えば、三密の防止策として、生徒の出席番号の偶数か奇数かによって、保護者の来校時間を制限するなど、なるほどと思えるアイディアがちりばめられており、素晴らしい企画だと思いました。私は教頭先生とも相談し、その企画をぜひ、実現させたいと思い、県教育委員会にもかけあい、その結果、実施が認められました。県からは、生徒たちがよくここまで考えたと、お褒めの言葉をいただき、私は大変誇らしく思いました。これも、皆さんのなかに見いだした「明るい希望」です。

 本校は、SGH校として、課題研究に取り組み、様々な提言をしたり、生徒自らアクションを起こしたりしてきました。今回は、生徒の皆さんが、自分たちのために、学校や県に提言をし、それを動かしてきました。これは、SGH活動を通して身に着けた、課題を発見し向き合う力、論理的・批判的に思考する力、協働して課題を解決する力、情報を発信する力、高い志とチャレンジ精神、によるものが大きく、SGHである本校で学んでいる生徒だからこそ、ここまでこれたのではないかと思っています。

  旭城祭は、生徒会役員や実行委員会だけでなく、生徒全員がクラス展示などに取り組みます。それぞれ、「どのようにすれば三密を防止できるか、その上で見ている人に楽しんでもらえるか」、というリサーチクエスチョンを設定し、クリティカルシンキングによって、「こうすればそれを達成できる」という仮説を立て、全員が協働して課題を解決する、これは、「壮大な課題研究」ではないかと思っています。皆さんには、この旭城祭を通して、分散登校やオンライン学習では学べない、人と人との関わりの中で、それぞれの解決策を導き出して欲しい、と考えています。
 現在、県内の新型コロナの感染者数は増大していますが、今後の状況の変化にも対応できるよう、最善を尽くして準備を進めてください。先生方も全力でサポートしていきますので、学校一丸となって、頑張っていきましょう。

  最後に、三つ目の明るい希望は、様々な場面での皆さんの活躍です。一例を上げると、中3最後の佐野市の代替試合での活躍、吹奏楽部の中庭コンサート、そして、野球部の交流試合2回戦での勝利などがありました。
 中3生の代替試合では、それぞれの競技で力を出し切りました。私はサッカーの専門部会長でしたので、サッカーの試合を観戦しましたが、生徒たちが力を出し切ったすがすがしさと感謝の気持ちを口にする姿に感動しました。
 中庭コンサートは、新型コロナの影響が暗い影を落とす中、少しでも皆さんに元気を与えることができればという思いで企画してくれました。曲は「天体観測」と「宿命」の2曲でした。短い時間でしたが元気と希望をいただきました。
 そして、7月24日、高校野球の交流試合が行われました。保護者のみの無観客試合でしたが、栃木商業高校との一戦を1対0で勝利しました。この時の試合は、投手、守備、攻撃、それぞれに佐高らしさを発揮する素晴らしい試合でした。テレビで観戦していた、たくさんの先輩たちからは、「久しぶりに校歌を聞くことができました。ありがとう。生徒を褒めてやってください。」という感謝の言葉をいただきました。私たちに勇気と希望を与えてくれました。8月2日に行われる3回戦も楽しみにしています。

こうした皆さんの活躍は、素晴らしく「明るい希望」でもあり、「大きな誇り」でもあります。


 暗い話題が多い中、皆さんの前向きな姿は、本校だけでなく、日本の未来にとっても明るい希望です。そして、皆さんには、この逆境をバネに成長して欲しいと思います。コロナが収束するまで、ひたすら待つのではなく、「コロナの中で何ができるか」にチャレンジしてください。

    さて、明日からいよいよ夏休みです。課外や課題で普段とあまり変わらない、と思っている人もいるかと思いますが、やるべきことをしっかり頑張る、そんな時間を過ごしてください。また、言うまでもなく、全てのことに優先されるのは皆さんの健康であり、皆さんの命です。自分は大丈夫、と過信したり、抱え込むことなく、心と体に十分に気をつけるとともに、つらい時にはSOSを発してください。

 それでは、よい夏休みを過ごして下さい。
   以上で、校長からの式辞とします。

15:38
2020/07/29new

高1「国語総合」の授業見学

| by 校長
今日は、高校1年1組の「国語総合」(松浦先生)の授業見学を行いました。
この授業は、今年度、新採用で赴任した松浦先生の研究授業でした。

単元名は、評論Ⅰ「サイボーグとクローン人間」(山﨑正和)です。
この教材は、「サイボーグ」と「クローン人間」を対比しながら、サイボーグ研究がはらむ危険性について、述べた文章です。クローン技術を初めとする科学技術の進歩がもたらす影響について、自分の考えを表現することがねらいです。

まずは、前時までの学習内容の復習として、「プリントの答え合わせ」を行いました。


次に、前時に配られた参考資料を基に、「クローン人間」が造られる過程とその問題点について、自分のノートにまとめてきたことを、グループ内で意見交換しました。


グループ内で発表者を決め、意見交換した内容を発表しました。
発表者を決める方法がユニークだったので紹介します。生徒たちが片手をランダムに重ね合わせます。その後、先生が、例えば、「上から2番目」というと、上から2番目に手がある生徒が発表者になります。手をどこに置いたかは、それぞれの生徒の判断ですので、機械的に指名されたというよりは、半分は生徒の意思が入っていることになり、自分が指名されたことへの納得感がありますね。いい方法だと思いました。




次は、ペアで本文を音読しました。一文ずつ交代で音読しました
この方法も初めて目にしましたが、一人で音読するよりも、相手が読んでいる一文に集中していないと、次に自分の読む一文にうまくつながらないので、聞きながら読む、ということになり、より内容を理解できるのではと思いました。これもいいアイディアですね。


その後、所用で退出しましたが、「ロボットとサイボーグ」が「能動的」であるのに対して、「クローン人間」は「受動的」であることを読み取り、「ロボットとサイボーグ」に対する筆者の危惧を、「無自覚」という言葉を中心にノートにまとめていました。

(感想)
*非常にテンポよく、リズミカルに授業は進みました。発問や授業の進め方など、よく考えられた授業で、とても素晴らしかったです。
23:06
2020/07/27

高2「数学」の授業見学

| by 校長
本日1限目は、2年2組の「数学」(中條先生、選択3教室)の授業を見学しました。

テーマは「指数関数のスゴサ・数学の良さを知る!」です。
中條先生の授業は、まず、前授業の復習から始まります。例えば、生徒は5分間で以下の問題を解答します。


5分後に中條先生の解説を聞いて、自分の理解度を4段階(S A B C)で判断します。


選択3教室の壁面に解答を投影して解説しています。壁面をうまく使っています。

さて、いよいよ今日の本題の「指数関数のスゴサ」です。各班に新聞紙を1枚ずつ配り、最初の課題に取り組みました。


①「新聞紙の1枚の厚さを0.1mmとする。新聞紙を5回折ったとき、新聞紙の厚さは何mmになるか。」
→例えば、1回折ると0.1×2=0.2mm、2回折ると0.2mm×2=0.4mm、
 3回折ると0.4×2=0.8mm、4回折ると0.8×2=1.6mm、5回折ると1.6×2=3.2mm などと求めていました。

続いて、次の課題の答えを予想してみます。

②「新聞紙を何回でも折れるとすると、次の高さを超えるには、新聞紙を何回折れば超えるか。」
・自分の身長 (  cm)        回
・スカイツリー(634m)        回
・富士山  (3776m)        回
・地球から月まで(38万4千km)    回
→これはあくまでも予想ですので、それぞれ100回や1000回くらいといった数でが出てきました。

次に、スマホの電卓機能を用いて、実際に計算してみました。

③「新聞紙を10回折ったとき、新聞紙の厚さは何mmになるか。」
→実際に、以下の表を使って計算し、一般化します。

・一般化すると、長さ Y=0.1×2n となりますね。nが折った回数です。
 nをXで表すと、Y=0.1×2X となり、指数関数になることがわかります。

・ここで、210が、1024≒1000=103 であることに着目すると、
新聞紙を何回折れば、スカイツリー(634m)を超えることができるか計算できるそうです。

0.1×2n mm   >634000 mm
 
両辺を10倍すると

   2
n    >6  340  000 
                               103     103

ここで、10
3  ≒ 10とすると、103 ×103 10 × 10  = 220
さらに6を超えるには、2  は4なので足りない。2 は8なので6を超えている。つまり、23+20  で223 となるので、23回折れば、スカイツリーを超えられるが正解になります。

例)富士山の場合(26回)
   2n    >37  760  000 
              103       103
   232 < 37 < 64=26    なので、26+20  で226 

こんな風に考えると、富士山は26回、地球から月までは42回折れば超えることが出来るのです。

(まとめ)
指数関数は爆発的に増える数を表すことが出来ることが分かりました。
膨大な数も指数を使うと、工夫して計算することができます

ここで、生徒たちは「指数ってスゴイ」と実感することで、指数を使うといろいろ都合がいいことがわかります。

中條先生の細かな説明は省きましたが、生徒たちは、「なぜ指数を学ぶのか」を理解することが出来たようです。生徒たちの納得した顔を見ると、自分たちが学んでいることが、どんな場面で役に立つことを知ることは、学習の大きなモチベーションになると感じました。また、みんなで考えることも、大きな学習の動機付けになっていました。
・今年、新採用の2人の先生も、授業の見学に来ていました。


最後に、「今日の授業の振り返り」から、生徒の感想、分かったことなどを見てみましょう。
「実際に体験することで、より深い理解につながると感じた。」
「指数はめちゃめちゃスゴイと思いました。」
「指数関数は最初はよくわからなかったが、なんとなく理解できた。」
「50回で太陽まで、100回で宇宙半分、ということは101回で宇宙全部?」
「指数関数でいろいろ求められることがわかった。」
「指数関数のスゴサがわかりました。」


*毎時間、それぞれの生徒が何がわかって、どこがわからなかったかを自分で理解し、それを授業者が把握することは「わかる授業、楽しい授業」を行うために、非常に有効であると感じました。
22:03
2020/07/26

身近な風景 ~ヤマユリ

| by 校長
休みの日は、両生類の調査などで野外に出ることが多いですが、最近、自生している「ヤマユリ」が見事に大輪の花を咲かせています。「ヤマユリ」を見かける場所は、北向きの山の斜面が多いです。


地味な里山の風景に似つかないほど、豪華で華麗な風貌です。
花の匂いを嗅いでみると、甘く濃厚で強烈であることに驚かされます。さすがに「ユリの女王」と呼ばれるだけのことはあります。


花の数が多いと、花の重さに耐えきれず、茎がたわんできます。


山の斜面には、こんな立て札がありました。

幸いなことに、花を持って行く心ない人は、いないようです。

ほんの少し、里山に足を延ばせば、見事な「ヤマユリ」の花を目にすることができます。佐野高校では、この時期、ミンミンゼミが鳴いていますが、ヤマユリの咲く里山では、ヒグラシが鳴いていました。

22:10
2020/07/25

佐高ミュージアム㉛

| by 校長
今回は、「佐高ミュージアム 番外編 No.1~5」を公開します。

前回で、佐野高校で過ごした8年間(1986年から1993年)で発行した「すっかんぽ」をすべて公開しました。しかし、次の勤務校である小山西高校でも、しぶとく「すっかんぽ」を発行していました。そこで、その間に発行した「すっかんぽ」14回分を「佐高ミュージアム 番外編」として公開することにしました。「自ら体験した身近な自然のおもしろさを生徒に知ってもらう」というコンセプトは変わりませんが、佐高を名乗るのはさすがに気が引けるので、「番外編」としました。
これまで読んでくださった方は、その続きとして読んでいただければ幸いです。

佐高ミュージアム 番外編 N0.1 「菜の花いろいろ」.pdf
佐高ミュージアム 番外編 N0.2 「野菜の花」.pdf
佐高ミュージアム 番外編 N0.3 「赤トンボ予備軍」.pdf
佐高ミュージアム 番外編 N0.4 「カンピョウstory in 夏休み」.pdf
佐高ミュージアム 番外編 N0.5 「緑色の繭」.pdf
21:47
2020/07/24

高校野球2回戦(佐野高対栃木商業高)

| by 校長
本日、13:40頃から、清原球場の第3試合として、栃木商業高との2回戦を戦いました。

結果は、見事、1対0で、佐野高校が勝利を収めました。おめでとうございます!
球場に流れる「佐野高校の校歌」に感動しました!

この大会は、保護者2名までしか入れず、応援も禁止という中で行われました。
以下、簡単に試合の様子を写真で紹介します。





いよいよ試合が始まりました。


ピッチャーの赤石君は堂々たる投球で、力のある球をぐいぐい投げこんできました。3ボールからでも三振を取る度胸の良さには感心させられました。
また、全員の守備も完璧でした。安心して見ていられました。


投打に圧倒していましたが、なかなか1点がとれない展開でした。
しかし、とうとう最後の7回に貴重な1点をもぎ取りました。

須永君(8)がヒットで出塁。


打者小川君(2)の時、須永君が盗塁を決める。


最後にキャプテンの小川君(2)が見事に打ち返し、2塁ランナーの須永君がホームイン。

その裏、最後の打者を打ち取り、ゲームセットとなりました。


念願の校歌が、球場全体に響き渡りました。素晴らしい試合でした。








よく頑張った! 素晴らしい感動をありがとう!

次の試合(8月2日)も応援します!


22:24
2020/07/24

休日の部活動

| by 校長
今日は、13:30から野球部の試合があるので、午前中に学校に立ち寄ったところ、多くの部が活動していました。

①テニス部
→8時半ころ、西門付近を車で通過した際、テニスコートで生徒が草取りをしていましたので、まずは中学のテニス部から見学しました。今年は1年生がたくさん入部してくれたので、総勢33名の大所帯となったそうです。服部先生、富永先生の指導の下、今日は33名全員が参加しています。


②ラグビー部
→顧問の柾木先生とともに、朝早くから熱心に練習していました。男女が全く同じ練習をこなしていました。とにかくよく走っていました。


③中学野球部
→部員たちは、まずはキャッチボールから練習を始めていました。


④バレー部
→高校のバレー部は、ちょうど他校との練習試合を始めるところでした。新入部員も入部しずいぶん人数も増えました。チーム力も上がり、めきめきと力を付けてきているそうです。今日の練習試合はどうだったでしょうか。


→中学のバレー部も部員数が増え、充実した練習をしていました。だんだん強くなってきているようです。


⑤高校バスケットボール部
→高校生たちは第2体育館全面を使って、のびのびと練習をしています。


⑥吹奏楽部
→中高合同で練習しています。高校生がパートリーダーとして、中学生を良く指導してくれています。各パートごとに今日は8か所で練習をしていました。
高校生の指導は、非常に的確で感心しました。

<音楽室>打楽器のパートです。


<パソコン室>バスのパートです。


<英語演習室>トランペットのパートです。


<選択4教室>クラリネットのパートです。


<選択3教室>トロンボーンのパートです。


<教育相談室>サックスのパートです。


<教育相談室>ホルンのパートです。


<教育相談室>フルートのパートです。


*コロナの影響で、なかなか全体練習がやりにくい状況なのかと思いますが、中高合同の練習が、非常にうまく機能していると感じました。旭城祭での発表に向けて、頑張ってください。
20:52
12345

SGH

スーパーグローバルハイスクールに選定されて5年目の活動に入りました
佐高SGH概念図.pdf
 

カウンタ

COUNTER1617910

特殊詐欺防止について

佐野警察署から、旭城同窓会名簿を利用したと思われる特殊詐欺事案が発生したとの連絡が入っています。
 手口が大変巧妙になっているようですので、卒業生の保護者の皆様、旭城同窓会同窓生の皆様におかれましては、特殊詐欺の電話には十分ご注意下さいますようお願いいたします。  被害防止に向けての留意点等は、こちらをご覧下さい。