ブログ

令和5年度

絵手紙教室 1年生

10月23日㈪1年1組、4組家庭基礎の時間に絵手紙教室を実施しました。今年は絵手紙講師の五関純子先生に御指導いただきました。絵手紙だけでなく、結婚式の司会業や空手教室を営む先生の色々なお話に興味津々の生徒たちでした。生徒たちは、自分の家族への感謝の思いを思い浮かべて、選んだカラーで彩りながら自由に描きました。仕上がった作品は年内にご家族にお届けする予定です。ご家族の皆さん、どうぞお楽しみに!

 

0

サッカー部 選手権大会栃木大会1回戦

 令和5年10月7日(土)、令和5年度第102回全国高等学校サッカー選手権大会栃木大会に参加してまいりました。会場は那須塩原市青木サッカー場です。1回戦を栃木県立宇都宮商業高等学校と対戦しました。
 今年度、本校サッカー部は3年生8名全員が選手権大会予選まで残り活動しています。進路活動を続けながら、部活動に取り組むのは本当に大変なことだと思います。1回戦は3年生の正GK平塚(前所属:厚崎中学校)が就職試験のため不在で、厳しい試合展開になると予想されました。試合は前半早々に失点し、その後も中盤を圧倒され良いリズムを取り戻せませんでした。しかし、3年生MF矢板(前所属:黒羽中学校)が相手ゴール前の密集地帯をドリブルで突破して同点ゴールを決めました。後半になっても一進一退の攻防となりましたが、2年生MF大金(前所属:FCエルマーノ那須)の逆転ゴールで勝利することが出来ました。この試合のMOM(マン・オブ・ザ・マッチ)は1年生の室井(前所属:東那須野中学校)です。身体を張った献身的なプレーで、勝利に貢献しました。本来はFP(フィールドプレイヤー)ですがGK(ゴールキーパー)として出場し、コーチングでチームを鼓舞する姿は圧巻でした。また、キャプテンの3年生MF髙根澤(前所属:三島中学校)と2年生DF白井(前所属:矢板SC)を中心に、全員が守備を徹底して行えたことが勝因かと思います。さらに、悪天候で那須の山々が真っ白で見えなくなる寒い日に、多くの皆様が会場に足を運んでくださり応援を賜りました。ピッチ内の選手たちの心に、大きな声援が届いてました。まるでホームゲームのような会場の雰囲気で闘えたのも勝因かと思います。本当に感謝の気持ちしかございません。
 最後に、主催の公益社団法人栃木県サッカー協会・とちぎテレビ、共催の栃木県高等学校体育連盟、大会に関係する全ての皆様、いつも変わらぬ心温かい御支援を頂いている本校サッカー部保護者の皆様、応援してくださったサポーターの皆さん、誠に有り難うございました。
 顧問・阿久津

★サッカー部のこれまでの詳しい活動内容は、公式HPの「部活動」→「サッカー部」で御覧ください。

0

笑う 金木犀の香り

 本校の職員玄関・生徒昇降口付近には、大きな金木犀(きんもくせい)の樹が3本あります。

学校祭も終わり、朝晩の風が涼しく感じられる頃から特有の良い香りを漂わせて、登校してくる生徒や出勤してくる職員、お客様を迎えてくれています。

『創立20周年記念誌』によると、この金木犀の苗木は、昭和51年本校開校の際に大田原女子高校から譲り受けたそうです。

本校の歴史を見守ってきた金木犀。ちょっと立ち止まって、香りを楽しんでみませんか?

0

グループ 「あつさき地区ふれあい交流会」に参加しました

 10月4日(水)本校を代表して生徒会役員13名が『あつさき地区ふれあい交流会』に参加しました。

激しい雨が降る中ではありましたが、厚崎中学校生徒会の皆さん、地域学校協働本部委員さん・民生委員さんなど、総勢62名の参加者が厚崎中学校体育館に集まりました。

第1部の「日光和楽踊り」で和やかムードになったところで、とちぎ市民協働研究会代表理事 廣瀬隆人氏を講師に『地域づくりってなに?』をテーマにグループ協議を行いました。

本校生徒は、各班の司会進行を務め、話し合いの結果をまとめて皆さんに発表しました。

〇「地域づくり」とは、人とつながり、知人や友人を増やす活動であるということ。

〇助け合う仲間が地元に多くいると、どうやら幸せになるらしいということ。

〇学校で行っている学校行事や部活動は、地域づくりの基礎力トレーニングの場である。

など、多くの気付きがありました。

これからも、本校は地域の行事に積極的に参加し「地域とともにある学校づくり」を目指します!

 

0

令和5年度(市議会議員と)高校生との意見交換会

    令和5年10月3日(火)、那須塩原市議会議員の皆様と「令和5年度(市議会議員と)高校生との意見交換会」を実施しました。会場は本校(栃木県立黒磯南高等学校)図書館です。

    目的は①市政や議会活動への興味関心を喚起する、②地域の構成員としての意識を醸成し、まちづくりについて考えるきっかけを作る、③若者世代の意見を聴取する、④議会活動に対する認知度の向上をめざす、というものでした。方法は、一定のテーマを設定して議員とワークショップを行い、意見交換を行いました。参加した本校生徒は3年生の「地域研究」授業選択者です。那須塩原市議会議員の皆様と楽しく、笑顔がこぼれながら意見交換する姿が印象的でした。市議会議員の皆様も、若い高校生の感性に触れながら、積極的に意見に耳を傾けてくださいました。今回の取り組みは、以前から行われていたとのことで、素晴らしい活動と実感しました。これからも継続して実施して欲しいと思いました。

    最後に、実施主体として開催して頂いた那須塩原市議会の皆様、那須塩原市選挙管理委員会の皆様、誠に有り難うございました。

    授業担当者:阿久津

  

   

0