校章・校歌栃木県立足利清風高等学校 トップページへ
 
 

  
 
トップページ > 総合的な探究の時間・アクティブラーニング 

総合的な探究の時間

総合的な探究の時間
12
2020/11/12

第18回総合的な探究の時間

Tweet ThisSend to Facebook | by sei

11月4日(水)の探究は
「ブルーマウンテンって、なぜそう呼ばれるの?」というタイトルで、「ブルーマウンテンと呼ばれる理由を考えることで、テーマ研究型の仮説を立てる練習をする」をねらいとして授業を行いました。


「『ブルーマウンテン』という山の名前の由来を知ってますか?」

オーストラリアの青く美しい山の写真を見せつつ、そんな問いから今回の探究が始まっていきます。


前回「仮説を立てるために」で活用した「キャンディーチャート」を用い、

〇ブルーマウンテンと呼ばれるのは……  

・もしかしたら○○だから

・なぜなら~なのではないか

を考えていきました。そこから、個人で考えたものを班で共有し、今回はさらにクラス全体に発表も行いました。考えもしなかった意見に驚きの声や、同じ意見が多く出たことでこれが確実だなと納得する生徒もちらほら。


前回は、「何かをよくするための『アイディア提案型の探究』」であったのに対して、「興味関心からテーマを立て研究する『テーマ研究型の探究』」であることを伝え、研究について理解を深めていきました。


【生徒の出した案】

・「もしかしたら、ブルーさんが見つけたから名づけられた。なぜなら、発見者の名前を山につけることがあるから」

・「もしかしたら、緑を青と呼ぶことから名づけられた。なぜなら、古来日本では緑のことを青と呼んでいたから」

・「もしかしたら、『現地の言葉』または『発見者の母国語』で表した。なぜなら現地住民、または発見者の母国語で『ブルー』はなにかしら意味しているから」


【生徒のふりかえりから】

・知らないことから想像するのは難しかったが、みんなと協力したことで案がでてきて楽しかった。また、改めて考える楽しみを知れて、次に活かせるようにがんばりたい。

・いろいろな視点でもしかしたらを考えることは少し難しいと感じました。今までは自分のアイデアを出していったけど、今回は実在するものの由来だったから今までと違う考え方をした感じがしました。


 

・授業後、なぜブルーマウンテンと呼ばれているかを調べ、「ふりかえりシート」にわかりやすくイラスト付きで書く生徒もいました。”学び楽しむ”ことができていますね。
 


11:22 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2020/11/09

第17回総合的な探究の時間

Tweet ThisSend to Facebook | by sei

第17回目 10月21日(水)の探究は

「ステージ図からの自分の変化の発表」というタイトルで、

「ポスターセッションをする中で発表者と聴き手で対話をする」、

「ふせんを使って相手へ贈り物となる意見を渡す」をねらいとして授業を行いました。


 

 生徒80名が3つの部屋に分かれ、ローテーションをしながら発表を1人3回ずつしていきます

発表者は回数を重ねるごとに、創意工夫し、聴き手と向き合いながら、「贈り物のふせん」を参考に発表内容を改善する様子が見られました。また、聞く側も発表者を考えた質問やふせんを書き、発表内容の理解をさらに深めていきました。

生徒たちは特に、

①発表者として上手く伝えるための工夫           ②発表者として聴き手との対話

③聴き手として発表者のことを考えた「贈り物のふせん」 ④聴き手として発表者との対話

をそれぞれ思案していきました。

《生徒のふりかえりから》

・今回の発表で、聴き手のつらさ、話し手のつらさ両方を感じることができた

・発表をしながら、対話をすることは大変だった       

・注目してほしいところをさしたり、見てくださいと声掛けするなどして、注目させたいところを相手に伝えることの大切さを知った。

・相手に話すことの楽しさに気づいた。
     

 

 

 


10:36 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2020/10/21

第16回総合的な探究の時間

Tweet ThisSend to Facebook | by sei

第16回目 10月14日(水)の探究は

「仮説を立てるために」というタイトルで、「周りのものをより良くするアイディア出しを通し、仮説を立てる練習」、「シンキングツールを知る」をねらいとして授業を行いました。

 

以前に探究で実施した「『問い』を立てる」「信号機は誰のために?①」の授業では様々な観点から疑問を挙げていき、今回は『教室』に対して「より良くするためのアイディア」を出していきました。

 

今回は最初にウォーミングアップとして、「教室にいる人」にはどういう人がいるかをグループで考えていきます。「明るい人」「ムードメイカー」「背の高い人」「目の悪い人」「眠い人」「落ち着きがない人」など教室には様々な人がいることを再認識。

 

そこから、キャンディチャートを用い「もし○○な教室なら」「○○(使用対象)にとって最も良い」「なぜなら○○だからだ」の空欄を埋めていきます。班で「使用対象者」を同一にし、様々な教室のアイディア出しをしていきます。その後にグループにて意見を出し合います。

 

【生徒のふりかえりから】

「改めて考えてみると教室には色々な人がいるんだなと思いました。今日の探究で考えたアイディアが本当になったらおもしろいし、学校が楽しくなると思いました。」

「多少の偏見を含んでいますが、『元気な人』にとって良い教室とは何かについてグループで考えることができました。WhereWhatの視点で見てアイディアを出せたので、上手に考えられたと思います。」

 

【生徒の出した案】

・「ハイテクな教室なら」「生徒にとって最も良い」「なぜなら(タブレット等で)板書する時間が無くなり、効率化できるから」

・「机が二列だけなら」「メガネをしている人にとって最も良い」「なぜなら簡単に見れるから」

・「机やイスの高さが自由に調節できれば」「背が低い人にとって最も良い」「なぜなら前の人の背が高くて黒板が見えないことがないから」

  


11:12 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2020/10/12

第15回総合的な探究の時間

Tweet ThisSend to Facebook | by sei

第15回目 10月7日(水)の探究は、

「発表とは? ポスターセッションとは? 心得を学ぶ」というタイトルで、「発表の心得を学ぶ(発表の目的、発表の形式や作法を学ぶ)」ことをねらいとして授業を行いました。

10月21日にポスターセッションでの発表を行うために、

・「どうして発表をするのか」

・「ポスター作成はどのようにすると見やすいか」

・「デリバリースキル(効果的な伝え方)にはどのようなものがあるか」

・「聞き手として注意することはなにか」

 を中心に学習を進めていきました。

生徒たちは「スライドの例」や「図式化」について考えを巡らせ、どういったものが見やすいかを生徒同士で話し合い理解を深めていきました。


 

【生徒のふりかえりから】

・聴き手の誰もが納得できるように、隠れた前提がなく、論理的な伝え方など、今まで探究で学んだことを発表で活かせるようにしていきたいです。

・「質問は発表者への贈り物」とう言葉が印象に残りました。

・自分は質問をするということがとても難しかった。だけども、どうすれば上手くいくかを考えるとワクワクします。

 


11:06 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2020/09/29

第14回総合的な探究の時間

Tweet ThisSend to Facebook | by 第1学年

第14回目 9月23日(水)の探究は、

「信号機は誰のために?①」というタイトルで、「ある問いから新たな問いが生まれることを実感すること」をねらいとして、授業を行いました。

 今日は、「信号機」の写真を見ながら、「これは何?」「どこにあるの?」「誰のためにあるの?」という問いを問いかけながら、スタートしました。それから、「信号機」について思いつく問いを個人でとにかく考え、その後、グループで共有しました。その後、グループで上がった問いを一つ選び、6WHという問いの広げ方を共有したのち、問いを再度考えました。問いが出尽くした雰囲気もある中、さらに新たな問いを生むためにグループで意見交換をしました。普段身近にあるものに対して、あまり問いを考えない生徒たちは、「まだ問いを考えるの?」「もう無理でしょ?」と言いながらも、頭をフル回転させながら、友人と話をしながら、学び楽しむ活動をしました。

 

 生徒が出した問いは・・・

「赤が止まれで黄が注意で、青が進めになったのは何でだろう」「電気代はどれくらい?」「なぜ日本人は『緑』を『青』というのか」「なぜ光るところが丸いのか」・・・

 

【生徒のふりかえりから】

・普段声を出して、反応するのは苦手だが、班の人が反応してくれて嬉しかったので、自分も反応できた。家での会話や友人との会話でもうなずきや声を出して反応してみようと思いました。

・自分は頭が固いと思った。信号機の色について考えたが、なんでこの色なのとは考えたが、他の人はそもそもの色の定義を疑問に思っていてそういう視点もあるなと思った。

・身近にあるものに対して疑問を持つということは難しいと発見できた。

・信号機のように普段疑問に思わないことでも、考えてみるとたくさんの疑
 問が出てきて驚いた。

  

 


18:45 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2020/09/24

第13回総合的な探究の時間

Tweet ThisSend to Facebook | by 第1学年

第13回目の9月16日(水)の探究は、「『問い』を立てる」でした。

赤いボールが映っただけの画像を見て、「疑問に思うことを何でも出して!」から始まりました。「なぜ丸い?」「なぜ赤い?」という疑問から「ボールの周りの白い部分はなんだろう?」「なぜ、先生方はこの画像を私たちに見せるのかな?」といったものまで。

この後は、教室をキーワードに疑問に思うことを付箋に書いてもらい、班員と共有しながら、問いの種類を分類しました。新しい視点が加わったところで、また班員と新しい疑問を考えてもらいました。「疑問を持つこと」は「『問い』を立てる」こと。いつも見ている当たり前のことに『問い』という一石を投じる活動を行いました。

 

【生徒のふりかえりから】

・疑問を出し合っているときに、はてなに対して話してるとまた新しいはてながでてきて話し合えたので、疑問を持つことによって考えを深められて、視野も広がりそうだと思いました。

・問いの中でも、気持ちの面、構造上の面などと、様々な種類に分けることができました。

 
 

09:30 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2020/09/18

第11回総合的な探究の時間

Tweet ThisSend to Facebook | by sei

11回目の9月3日(水)の探究は、「論理的な説明とは?」でした。

「突然ですが、あなたは授業中に筆箱をどこに置いていますか?」

「なぜその位置においているのでしょう?」

こんなことを聞かれた生徒のみなさんの空気はザワッとしていました。「ええ~、意識してないけど毎回同じ位置だなぁ」「授業ごとに違う気がする…」などなど。

今回は筆箱の位置がなぜそこにあるのか、論理的に説明するという活動をメインに行いました。客観的な事実なのか、主観的な意見なのか…?誰もが納得するような論理的な伝え方とはどのようなものなのか…?頭をフル回転させて考えに考えた45分間だったのではないかと思います。

 

 

【生徒のふりかえりから】

・ペアの人に説明をしたとき、「どうして?」と質問で返されて、もっと詳しく考えて相手に伝わるようにしたいと思った。

・自分の意見しか入っていない文は、事実か分からないため論理的とは言えないし、相手も納得できるか分からないと考えた。

・何が客観的事実と言えるのか考えるのが難しかった。

 

 


09:37 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2020/09/17

第10回総合的な探究の時間

Tweet ThisSend to Facebook | by sei

第10回目の826日(水)の授業は「説得力ある主張とは?」

授業の最初に、アイスブレイクとして「お金で買える今ほしいもの」について生徒たちは考え共有していきました。様々な考えを班のメンバーと共有し、意見を言い合える場に温めていきました。

自分の思考をどう伝えると説得力があるかを考え、ロールプレイを通し班員を説得する方法を試行錯誤し共有していきます。
生徒たちは自身の体験・考えを振り返り、相手に合わせて様々な考えをぶつけていくことができたようです。

 

【生徒たちの振り返り】

〇感想

・相手に何かを要求するとき、要求だけを伝えるのではなく、なぜそれを要求するのか具体的な方法も考えることができた。

・相手を説得させることは難しかった。だけど、みんなと話し合って具体的に伝えることができた。

・自分はその理由で納得しても、一番説得したい相手にはその「理由」は納得できないかもしれない。というのがすごく難しかった。100%納得させる言葉はまだ見つからないが、これからも探していきたい。



11:04 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2020/09/17

第9回総合的な探究の時間

Tweet ThisSend to Facebook | by sei

第9回目の8月19日(水)の授業は、「何を言いたいの???」でした。

いつもより短い夏休み明け、初めての探究授業…何をするのかと思えば、まず最初に不思議な絵を見ることになりました。不思議に思ったことをペアの人にまず伝えてみます。何が言いたいのか分かりやすく伝わったでしょうか?こんなことから、相手に分かりやすく自分の考えを伝えるためのコツを学んでいきました。

そして実践編!それぞれペアには別々の図が渡されます。相手に図の特徴を伝え、同じ図を書いてもらうというゲームを行いました。それぞれに渡った図はイチゴとパイナップルでしたが…。

楽しみながら「人にわかりやすく物事を伝える」ことを学べたのではないでしょうか?また、今回は物事を分かりやすく伝えるコツを学ぶ授業でしたが、生徒のふりかえりにあるように、コツ以外のことも学び取った生徒もいたようです。

 

 

【生徒のふりかえりから】

・自分は理解していても、相手は誤解して受け取っているということにも気づけたので、誰にでも分かる言葉で伝えることが必要と分かった。

・相手に上手く伝わっていなくて、もう少し多くの情報を伝えればよかった。

・互いが知っているような例を出して説明しようとしても、相手が何を知っているのか分からないので苦戦した。


    
09:27 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2020/09/17

第8回総合的な探究の時間

Tweet ThisSend to Facebook | by sei

8回目の7月29日(水)の授業は、「きみの“考え”は無限大」でした

情報モラルの探究授業と関連付け、“ながらスマホ”をテーマとしてその原因と対策について考えました。原因として「宇宙人がながらスマホをさせるテレパシーを出している」を挙げるなど、とにかく自由に発想し、生徒が考えたことを自分自身も、周りの友人も馬鹿げたことだとするのではなく、“おもしろい発想”“自分にはない考え”と認め合うことができるようになってきたように思いました!

 

【生徒のふりかえりから】

・(対策として、スマホのサイズを大きくすれば使いにくくてながらスマホはできなくなるという意見が)自分にはなかった発想ですごくおもしろかった。自分もこんなおもしろい発想ができるようになりたい。

・1つ考えたら、そこからも広げていくことで多くの考えを出せた。

・今回みたいにアイディアを出していくことが、問題の解決につながっていくのかもしれないと思った。


    


09:21 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
12

Welcom!

554

アクティブ・ラーニング

  本校では、「どのように学ぶか」という学びの質や深まりを重視し、グループ学習等をとおして、課題の発見と解決に向けて、生徒が主体的・協働的に学ぶ授業を多くの教科・科目で実践しています。
  アクティブ・ラーニングにより、質の高い知識・技能を習得するとともに、コミュニケーション能力を育み、社会人基礎力(「前に踏み出す力」、「考え抜く力」、「チームで働く力」)などの汎用的技能の習得を図ります。
  具体的な学習活動の例としては、グループ学習、ペア学習、討論・ディベートなどがあります。

※授業の様子(動画)をご覧になりたい方は、こちらをクリックしてください。



 アンケート(商業科・情報処理科生徒対象)結果

                  

 1 AL型授業を受けたことがあるか? YES 343名 NO 20

 2 AL型授業は学力向上に効果的か? YES 313名 NO 30
 
3 AL型授業をどう思うか?

   ・友達に教えてもらうと自分で気付くことがある 204
      
・友達に教えることで自分の理解が深まる    156

   ・他の人の問題の解き方がわかってよいと思う  147

   ・自分の学力が向上したように思う       102

   ・他の人の理解のしかたがわかってよいと思う  100



【アクティブ・ラーニング教員研修会】

 
〈研修会の日程〉

① 目 的   教職員が生徒側の立場で、アクティブラーニング形式の実践的な研修を行う。この研修により、生徒の様々な能
        力や適性を把握する力を養い、生徒の実態に配慮した授業を展開することを目指す。
② 日 時   平成27年8月28日(金) 13:30~16:30
③ 講 師   産業能率大学 経営学部教授 小林 昭文 先生
④ 会 場   本校 大講義室
⑤ 参加者   全教職員
⑥ 日 程   13:30~ 校長挨拶 講師紹介
             13:40~ アクティブラーニング研修
        16:40~ 質疑・応答





「アクティブラーニング」を取り入れた授業公開を実施

  平成28年11月11日(金)4~6限の授業を一般公開し、本校で取り組
 んでいるアクティブラーニング(AL)を取り入れた授業を見学していただき
 ました。
  当日は、宇都宮大学教育学部客員教授の皆川純男先生をはじめ、市内中学校
 校長、高校教員、そして保護者の方々が参加する中、ALを中心とした授業が
 行われました。
  放課後は、皆川純男先生による教職員対象の研修会を実施し、公開授業のク
 リニックやAL型授業のさらなる推進に向けお話しをいただきました。短い時
 間ではありましたが、皆川先生からAL型授業を推進していく上で、多くのヒ
 ントをいただきました。心より感謝申し上げます。

 ◯校内研修の感想(皆川先生より).pdf