メニュー

臨時休業のお知らせ・確認方法校長室から学校案内定時制通信制保護者の皆様へ入学希望の皆様へ卒業生の皆様へ同窓会の活動学校評価公開講座のご案内(県民の皆さま向け)Web一日体験学習公開授業、校内・授業見学会、進学相談会いじめ防止基本方針校外活動センターアクセス

学悠館高校 ビジョンテーマ

新型コロナウイルスの感染予防

カウンタ

COUNTER1261820

オンライン状況

オンラインユーザー3人

「KAGAKUDO 100 BOOKS/科学道100冊」 開催中

学悠館ヒストリー&フューチャー

J-ALERTへの対応

学悠館高校では、臨時休業や始業時刻を変更する場合及び避難対応について指示する場合のみ、学校ホームページ・メール一括配信システム等でお知らせします。
H290928 Jアラート対応生徒保護者通知.pdf
 

スマートフォンからは、PC画面へ

スマートフォンからは、メニューの下にあるパソコンマークを押してPC画面からご覧になると便利です。
 

フォトアルバム

校長室から

校長室から
2020/10/01

定時制:令和2年度 後期始業式 校長式辞

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者

 令和2年度 後期始業式 校長式辞                                                                         
                                                 校長 中塚 昌男 


 皆さんこんにちは。令和2年度後期始業式にあたり、皆さんにお話ししたいと思います。

 皆さんは新しい生活様式が習慣化してきていることと思います。新型コロナウイルス感染予防をすることがごく自然にできるようになることによって、お互いに安全で安心できる学校生活や社会生活を送ることができます。報道によると今年は、インフルエンザの患者数が昨年同時期(9月第1週)の1,000分の1とありました。これは、新型コロナウイルス感染予防のための手洗いやマスク着用の習慣が広がった影響によると見られるとありました。新しい生活様式を習慣化することの大切さを感じたところです。


 さて、前期の始業式では「目の前のことに一所懸命」と「自分の意志を最後まで貫く=我を張る=頑張る」という言葉を皆さんに伝えました。

 後期に伝えたい言葉は「明日の自分を作るのは今日の自分」というものです。


 話は変わりますが、人間の細胞の材料は、皆さんが毎日食べている食料(ご飯など)です。そして、その細胞は大体半年に一度生まれ変わると言われています。つまり、今食べているものが半年後に自分の細胞となります。逆の見方をすると、今の皆さんの体は半年前に食べたものでできていることになります。『あなたは半年前に食べたものでできている』の著者である「村山 彩」氏は、次のように述べています。「乱れた食生活を送り、運動もしてこなかった人は、もともと持っていた“体貯金(健康)”を食いつぶし、気づいた時にはゼロになっています。“体貯金”はいきなりなくならないかわりに、いきなり増えることもありません。時間をかけてコツコツ積み重ねていく以外に方法はありません。」


 そうです、大切なのは「時間をかけてコツコツと積み重ねていく」ことです。今日一日が終わったら、一瞬で半年後になるわけではありません。今日の自分が明日の自分を創り、明日の自分が明後日の自分を作っていくことによって、半年後の自分を作ることとなります。後期は今日をしっかり生きることで明日を迎えられるようにして欲しいという想いから「明日の自分を作るのは今日の自分」という言葉を選びました。日々の生活ですからそのような言葉を意識することはないと思いますが、時々思い出して、その日の(プチ)目標を設定して達成できたかどうか振り返り、一歩前に進めたことを確認して自分を褒めてみてください。


 後期の始業式に臨むにあたって、前期の成果が結果として現れた人、前期うまくいかなくて後期に望みを託している人などそれぞれかと思います。最後まで諦めることなく、一つ一つ丁寧に自分のペースでしっかり取り組んでください。そうすることによって、まさしく半年後に大きな成果を手にすることができます。


 最後になりますが、卒年次生にとっては、それぞれの自己実現のために取り組んでいることと思います。時には、コロナ禍の中での社会情勢に左右されることもあるかと思います。しかし、努力は人を裏切ることはありません。今日の努力が半年後の自分の笑顔を作ってくれる事を願って式辞とします。


15:05 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2020/05/11

校長室から 生徒の皆さんへ

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者

 生徒の皆さんへ

R2.5.11

校長 中塚 昌男 

 皆さんこんにちは

新年度が始まって、はや1か月が過ぎようとしています。入学式と始業式を実施することができましたが、簡略化や放送での実施となってしまいました。さらに、新型コロナウィルス感染予防のために430日までの休業措置も延長され531日までとなりました。本来であれば、生徒の皆さん一人一人が授業等の教育活動に参加して充実した学校生活を送っているはずでした。連休前には「Stay Home」という言葉も使われ、巣ごもり状態ではないでしょうか。

しかし、こんな時こそ、時間を十分にとって何か一つのことに打ち込んでみるのもいいのではないでしょうか。授業では45分という限られた時間の中でしか取り組めず、次の授業時間が待っています。「もうちょっとできたらな~」と思ったときはないでしょうか?そんな時こそ自分をステップアップさせるチャンスです。そして、今がその時ではないでしょうか。家にいてストレスもたまってくると思いますが、気持ちを切り替えて前向きに取り組むことによって新たな可能性が見えてきます。

学悠館の指標は「希望」「自立」「共生」です。この時をチャンスととらえて新たな自分を発見し「強み」に変えてみませんか。そうすることによって、希望を見出し、自らを律し、自分のできることに打ち込んで社会貢献を果たすための土台を作る。後年、振り返ったときに、あの時があったからこそ今の自分があると思えるような「時(とき)」を過ごせるといいですね。

さて、本校では授業再開に向けての準備をしています。その最初のステップが、515日(金)の1年次生の登校日です。2年次生以上については518日の週からの登校日を予定しています。生徒の皆さんが安全で安心して学習に取り組めるように準備していますので、皆さんも「コロナ禍」に負けないように心と体を整えておいてください。皆さんが笑顔で登校してくるのを楽しみにしています。

08:47 | 投票する | 投票数(7) | コメント(0)
2020/04/21

校長室から 「令和2年度 あいさつ」

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者

 令和2年度 あいさつ                

                                                         校長  中塚 昌男

 皆さんこんにちは、4月1日付で飯田前校長先生の後任として着任しました、中塚 昌男といいます。どうぞよろしくお願いします。
  今年度は、入学式、始業式を実施したのち、新型コロナウィルス感染予防のため、臨時休業という状態となっています。教育委員会からの指示等に基づいて、学校再開に向けて準備を進めているところです。このホームページや一斉メール、郵便物などを用いた学校からの連絡によく目を通して、家庭での学習等に取り組んでください。
 さて、このホームページをご覧の皆様もご存じのことと思いますが、本校は、高等学校教育を希望する多様な生徒の学習ニーズに応えるとともに、主体的に学びながら、個性を生かし、資質・能力を伸ばせる新しいタイプの学校として、平成十七年に開校し、今年で十六年目を迎え、卒業生も2800名を超えました。昼夜間開講の選択幅の広い教育課程を編成するとともに、単位制という柔軟な学習システムを導入することによって、意欲のある人が、学習目的や学習歴、あるいは生活環境等に応じて、いつでも学ぶことができる、学び直しのできる学校づくりを進めています。今年度も定時制課程・通信制課程併せて約340名の新入生を迎えることができました。
 本校における教育活動は、各自の学習計画に応じて授業編成を行い、緩やかな学習集団、人間関係のもとで生活を送ることができます。生徒の皆さんには、新しい環境の中で一歩を踏み出し、高校生活の中で様々な体験や経験を通して今まで気づかなかった自分の強みを見出し、将来の夢や希望に向かって自分磨きをすることによって逞しく成長してほしいと思っています。
 最後になりますが、本校がここまで発展できたことは、生徒の皆さんのこれまでの努力や先生方のご指導の賜物だと思います。重ねて、学校運営に対する保護者や地域の皆様のご理解とご支援に対して深く感謝申し上げます。今後も、学悠館高校のよき伝統を継承し、皆様にとって本校が「安心して学び、成長できる場」となるよう努力することを誓いまして挨拶といたします。


15:39 | 投票する | 投票数(13) | コメント(0)