お知らせ

1学期末・2学期始めの主な行事予定

7月13日(月)~16日(木) ・・・ 第1学期期末試験
  30日(金)             ・・・ 成績職員会議【午後放課】
8月 4日(火)             ・・・
 大掃除
   5日(水)        ・・・ 第1学期終業式
                    真岡鐵道駅舎一斉清掃活動
  12日(水)~14日(金) ・・・ 【閉庁日】
9月 1日(火)        ・・・ 第2学期始業式【午後放課】
                    頭髪服装指導
   2日(水)        ・・・ 夏休み課題テスト(1,2年)
                    進路対策模試(3年)
 
 

新着情報

 
生産機械科1年「旋盤作業実習」3週目生産機械科07/10 12:11
ネットワークシステムの増設工事電子科07/09 16:48
野球部 2020交流戦 対戦校決定野球部07/09 14:45
飛沫防止パーテーションの寄贈 大内中建設科07/09 12:15
生産機械科2年「溶接実習」3週目生産機械科07/07 17:34
進路指導部 3年進路ガイダンス進路指導部07/07 15:17
生産機械科3年「自動制御実習」2週目生産機械科07/06 18:02
野球部 練習試合再開野球部07/06 17:02
建設2年建設科 『測量実習』建設科07/06 16:03
生産機械科1年「旋盤作業実習」2週目生産機械科07/03 12:29
文芸部活動報告文芸部07/03 08:55
生産機械科学校緑化計画2生産機械科07/02 12:45
ICT使用機器講習会教務部07/02 09:03
令和2年度 第1回PTA理事会PTA07/02 07:53
進路指導部 求人票受付開始進路指導部07/01 15:07
生産機械科2年「溶接実習」2週目生産機械科06/30 17:03
建設3年土木コース 実習『土質実験①』建設科06/30 15:42
生産機械科3年「自動制御実習」1週目生産機械科06/29 17:54
飛沫防止パーテーションの寄贈建設科06/29 09:34
本年度の活動が始まりました文芸部06/26 16:20
生産機械科1年「旋盤作業実習」1週目生産機械科06/26 13:04
進路指導部 3年就職ガイダンス進路指導部06/24 13:33
生産機械科2年「制御実習」生産機械科06/23 15:25
生産機械科3年「材料・計測実習」生産機械科06/22 16:10
保健だより 6月健康安全06/22 10:00
県民の歌Web特別演奏会の動画について生徒会06/18 09:22
生産機械科の日常生産機械科06/18 09:00
面談用飛沫防止パーテーションの製作建設科06/18 08:10
生産機械科の日常生産機械科06/17 16:00
工業技術基礎実習機械科06/17 14:00
飛沫防止パーテーションを寄贈 建設科建設科06/17 09:30
生産機械科2年「溶接実習」生産機械科06/16 15:35
生産機械科1年「板金・溶接作業実習」生産機械科06/12 12:20
生産機械科学校緑化計画生産機械科06/10 16:00
コロナ対策!!建設科06/10 09:33

お知らせ

    ↓↓↓「カテゴリ選択」から閲覧したいカテゴリを選択できます↓↓↓
 
真岡工業高校NEWS
12345
2020/07/10new

生産機械科1年「旋盤作業実習」3週目

Tweet ThisSend to Facebook | by 生産機械科

生産機械科工業技術基礎紹介

本日7/10(金)は生産機械科1年生で実習が行われました。今回は「旋盤作業」3週目の様子をご紹介します。

 「旋盤作業実習」2週目では旋盤を回転させて手元のハンドルを回すことで切削作業を行っていましたが、3週目の今回は旋盤の「自動送り」機能について学びます。まずはいつものようにバイトの高さ合わせを行い、被削物をチャックに固定していきます。3週目になると先生の合図で一斉に準備に取り掛かる様子を見ることができ、生徒の成長を感じます。※準備作業までは旋盤の回転を伴わないため、熱中症予防の観点から、安全に十分留意した上で半袖で作業を行っています。


  一斉に準備に取り掛かる様子

 準備が終わると「自動送り」の説明を行います。自動送りを行うためには送り速度の設定を行わなければいけないため、操作盤にあるダイヤルを調整して任意の送り速度に設定していきます。


   送り速度設定の様子


 自動送りを設定するダイヤルとレバー

 送り速度が設定できたところで、実際に自動送りで削っていきます。これまで手元のハンドルを回して切削を行ってきましたが、手動よりも簡単で綺麗に仕上がる自動送りに生徒は興味津々の様子でした。3週目の成果物として自動送りを数回繰り返し、段付きの形状を作成することができました。


    段付き加工前


    段付き加工後

以上が1年生の工業技術基礎で行う旋盤作業実習(前半)の内容になります。

来週【7/17(金)】は他の実習内容についてを掲載する予定です。

次回は7/13(月)生産機械科3年生の実習をご紹介いたします。
12:11 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0) | 生産機械科の活動
2020/07/09new

ネットワークシステムの増設工事

Tweet ThisSend to Facebook | by 電子科

     「ネットワークシステムの増設工事」

                ~ 課題研究 電子科3  
                    

   課題研究の一環として電子科3年生6名が、本校普通科職員室のネットワークシステム増設工
事に挑戦し、
設置しました。6名のメンバーがそれぞれの役割で工事を行い、とても生徒も生き
生きとした
表情で増設工事に取組んでいました。


              
  
             

              
16:48 | 投票する | 投票数(3) | コメント(0) | 電子科の活動
2020/07/09new

飛沫防止パーテーションの寄贈 大内中

Tweet ThisSend to Facebook | by 建設科
大内中学校に飛沫防止パーテーション寄贈!!

 7月8日、建設科2年田崎君(大内中卒業)が、大内中学校に訪問し、飛沫防止パーテーションを寄贈してきました。
 母校の先生方に感謝され、成長した姿を見せることができ、生徒自身良い経験になりました。

12:15 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0) | 建設科の活動
2020/07/07new

生産機械科2年「溶接実習」3週目

Tweet ThisSend to Facebook | by 生産機械科
生産機械科実習紹介

本日7/7(火)は生産機械科2年生で実習が行われました。今回は「溶接実習」3週目の様子をご紹介します。

 本日は先週、仮止め・部品同士の溶接まで行った「ペン立て」の本溶接を行いました。

    先週の成果

 下図のように、隙間になっている部分を埋めていきます。この時に、溶接棒を入れすぎると見栄えが悪くなってしまい、溶接棒が少ないと穴が空いてしまいます。
 それぞれの生徒が工夫をして隙間を溶接しました。


    ガス調節の様子
 
 下図は完成したペン立てです。水を入れて漏れないか確認します。良好な溶接であれば、隙間がなく、水も漏れることはありません。溶接部の密度は製品の強度に大きく関わるため、重要な確認事項となります。


    完成したペン立て


 水を入れて漏れがないか確認する様子

 最後に番号順に提出し、担当の教員から評価を受けました。班員の製品それぞれに個性はありますが、すべて素敵なペン立てに仕上がりました。


    提出したペン立て
 
 今週までに3週間分の溶接実習をご紹介いたしました。2学期の終わり頃、後半の溶接実習は3週間で温度も高く、溶接強度の大きいアーク溶接」の様子をご紹介いたします。


次回は7/10(金)生産機械科1年生の工業技術基礎をご紹介いたします。
17:34 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0) | 生産機械科の活動
2020/07/06new

生産機械科3年「自動制御実習」2週目

Tweet ThisSend to Facebook | by 生産機械科
生産機械科実習紹介

 本日7/6(月)は生産機械科3年生で実習が行われました。今回は「自動制御実習」2週目の様子をご紹介します。

 先週は、PLCラダーサポートソフト「GX Works2」を使用しAND_OR回路、自己保持回路、タイマ回路、カウンタ回路と基本的な制御実習を行いました。
 今回は、少し応用したインターロック回路の制御実習から行いました。
 インターロック回路とは、「2つ以上の機器や装置で一方が動作している間は他方が動作しないようにする機構」のことです。
 早押しクイズで使われる「最初に押したボタンはピンポン!と反応しますが、その後に他のボタンは反応しなくなる」回路です。


 その後、サイクル動作(工程回路)という「決められた順序で動作を行うための回路」の実習に入りました。

 下の回路ではボタンを押すと実習装置のコンベアが左に動き始め、左のスイッチに触れることでコンベアが右に切り替わり、右にたどり着くと動作が終了します。
サイクル動作
  サイクル動作のラダープログラム

コンベア01
ボタンを押してコンベアが左に動き始めました

コンベア02
左のスイッチに触れ、コンベアの動作が右に切り替わります

コンベア03
  右にたどり着いたので動作終了です


「自動制御実習」3週目は7/20(月)にて掲載予定です。

次回は7/7(火)生産機械科2年生の実習をご紹介いたします。
18:02 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0) | 生産機械科の活動
2020/07/06new

建設2年建設科 『測量実習』

Tweet ThisSend to Facebook | by 建設科


/()に建設科2年生の実習として測量実習が行われました。

その様子をご紹介します。

 

 

▼測量とは

 測量とは土地の高低差、面積、距離などを求める作業です。

家や道路等の構造物を正確に造るために必ず行わないといけません。

今週は高さを求める水準測量に様子を説明していきたいと思います。

 

水準測量は高低差を求めるために行う測量です。

レベルという器械を使用して既に高さがわかっている点から知りたい点の高さの差を求めます。

 


図-1 高低差計算

高低差はABで求めることができます。

上の図だとAの高さ1.200m-Bの高さ0.400m0.800m

計算の結果、A点から+0.800(80cm)の場所に点Bがあることがわかります。

Aの標高が10.000mなので+0.800した1.800mが点Bの標高であることがわかりました。

 

真岡工業高校は海面の高さから78.31mの場所にあります。

この地点から校外の坂の下までの高さを求めるために行いました。

      
-2 標高78.310m地点 

 図-3 標高を求めたい点

 

-4 測定の様子

 

測量の結果、標高69346(6935㎝6㎜)だとわかりました。


16:03 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0) | 建設科の活動
2020/07/03new

生産機械科1年「旋盤作業実習」2週目

Tweet ThisSend to Facebook | by 生産機械科
生産機械科工業技術基礎紹介

本日7/3(金)は生産機械科1年生で実習が行われました。今回は「旋盤作業」2週目の様子をご紹介します。

 「旋盤作業実習」1週目では旋盤の基本的な操作方法について学びましたが、今回(2週目)からは実際に旋盤を稼働させての切削作業になります。まずは前回の復習も兼ねてバイト(工具)のセンタ合わせを行っていきます。2週目になると生徒は自分の手で正確にセンタ合わせが出来るようになります。


    センタ合わせの様子

 続いて、先生が手本を見せるために実際に旋盤を回転させます。旋盤は高速回転でパワーがあるので、操作手順を間違うと非常に危険な機械です。手本を見逃さないよう、集中して観察していました。次は生徒たちの番です。恐る恐る旋盤を回転させ、バイトをあてていきます。

    手本を観察する様子


    回転させて操作する様子

 ゆっくりとハンドルを回しながら慎重にバイトを送っていきます。切削前は黒皮がついていた材料も、切削後は綺麗な金属の色になりました。旋盤作業実習では切削した材料を測定して、目標の寸法まで調整(切削)していくというのが基本的な作業になります。

    切削前の材料の様子


    切削後の材料の様子

 そして実習の最後には各自使用した旋盤に油をさしてメンテナンスを行い、綺麗に拭きあげて終了となります。生徒たちはこうして「機械を大切に使う」ことと、「使う前よりも綺麗にして帰る」ことを体験をもとに覚えていきます。

    油をさしている様子


    拭きあげの様子

来週【7/10(金)】も引き続き旋盤作業実習3週目を掲載する予定です。

次回は7/6(月)生産機械科3年生の実習をご紹介いたします。
12:29 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0) | 生産機械科の活動
2020/07/02new

生産機械科学校緑化計画2

Tweet ThisSend to Facebook | by 生産機械科
生産機械科の学校緑化計画現在の状況報告 2

 平成29(2017)年に栃木県総合グラウンドの芝張り替えにともない芝をいただきました。
 実習棟前の法面に生産機械科の当時3年生が芝を植え、現在青々と成長した見事な様子を報告します。

 以下に当時の記事を紹介します。

学校緑化計画推進活動!(2017/12/13)投稿文
先日に引き続き、県総合グラウンドより譲り受けた芝生を、機械実習棟前の法面に張りました。きれいな緑色に育ってくれることを楽しみにしています。

 

 3年後の現在の芝の様子です。




 しっかり機械工場前の法面に根を張り、立派に成長しています。
 これから巣立つ生徒達もこの芝のように大地をしっかり踏みしめ、立派な社会人として社会に貢献してくれることを願っています。







12:45 | 投票する | 投票数(5) | コメント(0) | 生産機械科の活動
2020/07/02new

ICT使用機器講習会

Tweet ThisSend to Facebook | by 教務部

ICT機器使用講習会の実施

 

 本校では昨年度、「スタディ・フロンティア推進事業」において、タブレットPCやアクセスポイントなどのICT機器が3台購入されました。多くの教員が授業の中でICTを効果的に活用するために、藤井産業株式会社の北野 祐生 様と吉村 羽流空 様を講師に迎え、ICT機器の設置方法や操作方法の講習会を実施しました。ICTを活用した教科指導では、どの場面でどのようにして使えばわかりやすくなるかを検討し、改善を図りながら学力向上に繋げていきたいと考えております。

ICT使用機器講習会 ICT使用機器講習会 ICT使用機器講習会 ICT使用機器講習会


09:03 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0) | 教職員研修
2020/06/30new

生産機械科2年「溶接実習」2週目

Tweet ThisSend to Facebook | by 生産機械科
生産機械科実習紹介

本日6/30(火)は生産機械科2年生で実習が行われました。今回は「溶接実習」2週目の様子をご紹介します。

 2年生の「溶接実習」では下図のような厚さ2.3mmの鉄板(縦80mm×横25mm)を用いてペン立ての製作を行いました。

      材料となる鉄板

 今回はアセチレンガスと酸素を用いた「ガス溶接」と呼ばれる接合法を学習しました。まずは、適正な炎が出るようにボンベから供給されるアセチレンガスと酸素の量を調整します。

       ガス調節の様子

 次に仮止めと呼ばれる仮の接合を行い、両端を簡単に接合します。この時に熱を当て過ぎると鉄板がゆがんでしまい、内角を90℃にすることが難しいので丁寧な作業となります。

       仮止めした鉄板

 仮止めが終わったら土台となる2枚の鉄板を溶接します。

        土台の溶接

 そして仮止めしたものと土台を溶接します。

       2つの材料の溶接

 今週は時間の関係で完成まではできませんでしたが、「仮止め」と「土台」は実習班の全員がきれいに溶接できました。来週【7/7(火)】は完成したペン立てを掲載する予定です。

       今週の成果

次回は7/3(金)生産機械科1年生の工業技術基礎をご紹介いたします。
17:03 | 投票する | 投票数(4) | コメント(0) | 生産機械科の活動
12345

同窓会総会中止のお知らせ

令和2年度 真岡工高同窓会定期総会中止について

令和2年6月6日(土)に予定しておりました定期総会は新型コロナウイルス感染症拡大防止のため中止といたします。

※ 毎年6月の第1土曜日を同窓会定期総会としています。
 

真心工房のご案内


 

お知らせ

学校案内パンフレット完成しました。こちらをご覧ください。
(女子向けパンフ監修:宇都宮メディア・アーツ専門学校ビジュアルデザイン科) 
 

女子向け↓
 

 一般向け↓ 
学校案内1
 
学校案内2
 
 

真工高の四季