お知らせ



~ 中学生の皆さんへ ~
 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、今年度の一日体験学習は残念ながら「中止」とさせていただきます。
 つきましては、本校の学習内容や実習設備等を直接見学していただくことができないため、本校の教育活動等に関する【紹介ページ】を作成しました。
 是非ともご覧いただき、進路選択の一助としてご活用ください。
 

新着情報

 

お知らせ

    ↓↓↓「カテゴリ選択」から閲覧したいカテゴリを選択できます↓↓↓
 カテゴリー選択をすると、特定の区分の記事だけをまとめて見ることができます。例えば、機械科の活動だけの記事を見たい場合や学校行事だけの記事を見たい場合などです。カテゴリーは13に分かれています。是非、ご活用ください。
 
真岡工業高校NEWS >> 記事詳細

2020/09/08

生産機械科2年 「MC実習」1週目

Tweet ThisSend to Facebook | by 生産機械科
生産機械科2年 実習紹介


 本日は生産機械科2年生の「実習」から「MC実習」の1週目についてご紹介します。

 「MC実習」のMCとは「マシニングセンタ」の略称で、回転する切削工具を用いて材料を切削する工作機械のことを指します。似たような工作機械にフライス盤というものがありますが、マシニングセンタは以下の3点についてフライス盤と異なります。
 
 1 使用する切削工具の交換を自動で行う。
 2 切削工程をプログラムすることで自動で切削を行う。
 3 閉鎖された空間で自動切削を行うので周囲を汚さない。

 このようにプログラムによって自動で切削加工を行うことができるため、同じ部品をいくつか作成したい時や、複雑な形の部品などの加工に適しています。


 マシニングセンタ


 今回の実習では、板材の中央に穴を開けることを想定したプログラムを作成しました。まずは、板材の寸法から、穴の位置を計算によって求めます。この時に、原点の位置によってX軸-Y軸における数値が変わってくるので、原点からの距離をよく考えながら作業を行いました。


 板材の簡単な図面

 計算を元に考えた座標をプログラムにして入力します。


 プログラムを作成する様子
 
 次週のMC実習では、直線や円弧などの「図形」を形取ることを想定したプログラムについて学習していきます。

 さて、次回は9月11日(金)生産機械科1年 工業技術基礎について紹介します。


17:35 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 生産機械科の活動

自転車競技部について

自転車競技部の令和3年度入学生からの部員の募集停止について

 諸般の事情により、自転車競技部の令和3年度入学生からの部員の募集を停止します。なお、現在所属している部員については、今後も活動を継続いたします。引き続き応援してくださるようお願いいたします。
 

真心工房のご案内


 

お知らせ

学校案内パンフレット完成しました。こちらをご覧ください。
(女子向けパンフ監修:宇都宮メディア・アーツ専門学校ビジュアルデザイン科) 
 

女子生徒向け↓
 

一般向け↓ 
学校案内1
 
学校案内2
 
 

真工高の四季