ようこそ!真岡工業高校のホームページへ

本校は、昭和38年4月に真岡農業高等学校に工業学科機械科が併設され、スタートを切りました。そして、昭和41年4月に真岡農業高等学校から分離独立し、栃木県立真岡工業高等学校となりました。その後、土木科、建築科、電子科が順次設置され、平成23年に現在の学科構成となりました。芳賀地区唯一の工業高校として、これまでに多くの卒業生を輩出し、社会の第一線で活躍する人材を育成すると共にその存在価値を高めて参りました。

 さて、本校では在学中の生徒努力目標に「がんばれる自分をつくる」「創造力を鍛える」「他人を思いやる心を育む」の3点を掲げました。工業技術は、平和でだれもが過ごしやすい社会の構築を目指して発展すべき重要な分野です。まずはこれからの変化の激しい時代を乗り越えていけるがんばれる力を養って欲しい。さらに、自ら課題を見つけいろいろなことに挑戦して欲しいと思います。そして、日頃から課題を深く掘り下げていく姿勢が大切です。また、壁にぶつかったときも時としては保護者の方や教師そして友に相談し、いろいろな方々の協力を得ることもあるでしょう。そうやって解決に向かい進むことも大切な力だと思います。また、工業を学ぶものとして合理的に創造的に解決していく能力を養って欲しい。積極的な探究心は想像力の礎になるのではないかと思います。

 これらの活動の根底には、他人を思いやる心が常にあって欲しいという考えから「他人を思いやる心を育む」を設定しました。これは、職業人としての倫理観にもつながり必要不可欠のことだと思います。高校生活は日々が学びと人間的な成長の機会に満ちあふれています。本校の生徒たちが、未来の職業人として充実した生活を送り、より良い社会の構築を目指し歩を進め、地域の産業界はもとより、国内外で活躍することができる人材の育成に努めて参ります。今後とも多くの方々に本校への理解を深めていただくとともに、関心を寄せていただきますようにお願いいたします。

                                                                 栃木県立真岡工業高等学校長 柴原 恵司

 

自転車競技部について

自転車競技部の令和3年度入学生からの部員の募集停止について

 諸般の事情により、自転車競技部の令和3年度入学生からの部員の募集を停止します。なお、現在所属している部員については、今後も活動を継続いたします。引き続き応援してくださるようお願いいたします。
 

真心工房のご案内


 

お知らせ

学校案内パンフレット完成しました。こちらをご覧ください。
(女子向けパンフ監修:宇都宮メディア・アーツ専門学校ビジュアルデザイン科) 
 

女子生徒向け↓
 

一般向け↓ 
 
 
 

真工高の四季