高等学校 : 商業

操作説明(表示する)

領域別

マーケティング分野(4) 概要を表示する 概要を表示しない

商品と流通練習問題(H20)
科目「商品と流通」の練習問題です。朝の学習や授業開始の小テストで活用することができます。問題はランダムに変更することが可能です。空欄でDELキーを押すと問題が変わります。
マーケティング練習問題(H20)
科目「マーケティング」の練習問題です。朝の学習や授業開始の小テストで活用することができます。問題はランダムに変更することが可能です。空欄でDELキーを押すと問題が変わります。
ネットショッピングの模擬演習(H16)
この教材キットは、ネットショッピングが模擬的に体験できるWebサイトを活用した授業展開例を示したものです。生徒に口頭で説明するだけでは十分に理解することが難しいネットショッピングについて、Webサイトを活用し、実際に操作させることにより理解を深めます。また、 ワークシートを活用し、まとめさせることにより、より深く理解が図れるとともに、知識の定着も図れます。
マーケティング 〜広告活動〜 (H16)
この教材キットは科目「マーケティング」の広告活動の指導展開事例です。教室でプロジェクターを活用しわかりやすい授業を展開するのに役立てることができます。
 ポイントは、パワーポイントを活用し授業を展開することにより、写真やサイトを見ることができ、生徒の興味・関心を高めることができます。また、動画等を実際に見ることができるので理解も深まります。
 各教室に整備されたプロジェクターをぜひ活用して授業を実施してみてください。

ビジネス経済分野(2) 概要を表示する 概要を表示しない

経済活動と法練習問題(H20)
科目「経済活動と法」の練習問題です。朝の学習や授業開始の小テストで活用することができます。問題はランダムに変更することが可能です。空欄でDELキーを押すと問題が変わります。
売買契約の締結と履行(H20)
科目「ビジネス基礎」の売買取引と代金決済の指導事例です。学習指導案と授業で使用するパワーポイントがダウンロードできます。

会計分野(5) 概要を表示する 概要を表示しない

対話的に学ぶことで考えを深める授業実践(H30)
直接原価計算に関する知識や技術を基に、企業が短期の利益計画を立てるために必要な情報をまとめたり、CVP分析(損益分岐分析)についてその方法などをしっかりと理解し、CVP分析を使用して貢献利益を算出したり、固定費をキャパシティコストとして捉え直したりすることにより、原価管理の重要性について理解します。
「財務会計Ⅰ」における思考力を高めるための発問の工夫(H27)
単元「財務諸表活用の基礎」の「財務諸表の見方」において、企業の会計資料を基に、そこから読み取れる企業の経営成績や財政状態を分析し判断させることを通して、会計情報活用の重要性について考えさせるための発問の工夫を実践しました。
「財務会計Ⅰ」における指導事例(H26)
 利害関係者への適正な会計情報の提供及び提供された会計情報を活用するための知識と技術を養うことを目的とし、身近に存在する企業の財務諸表を多角的に比較・分析し、主体的に考察する活動を行い、発表することを通して理解を深めさせることを目標とした。
利害関係者に提供された会計情報を基に、企業の経済活動について主体的に考察させる指導の工夫(H23)
 インターネットや情報機器などを活用し、各企業の有価証券報告書を取り上げ、そこから読み取れる経営成績や財政状態を分析・判断させ発表させた。この学習活動を通して、財務会計に関する知識と技術を習得させるとともに、利害関係者に提供された会計情報を基に、企業の経済活動について興味・関心をもたせ、主体的に考察させることを目標とした。
直接原価計算(H18)
 直接原価計算を学習する際の、導入の部分で活用することができます。教師の指導資料と生徒用のワークシートが入っています。授業の展開については各校の実情に応じて工夫してください。

ビジネス情報分野(11) 概要を表示する 概要を表示しない

グラフ作成を通した思考力・表現力の育成(R1)
他者に報告する資料の作成を通して、グラフの特徴を考えるための授業例です。本事例では、伝える相手を上司に設定し、会社内部での資料作成としました。また、ペア学習により実際に相手に報告することを通して、思考力や表現力を育成することをねらいとしました。
実習を通して理解を深める授業実践(H30)
情報通信ネットワークの仕組みと通信方法、ネットワーク機器の種類と設定、情報通信ネットワークの構築と円滑な運用を行うための基礎的な知識を理解します。また、教科書などで得た知識をもとに、実際のネットワークがどのように構築されているかを考察することで、実務上の運用に必要な知識を習得します。
「ビジネス情報」における思考力を高めるための発問の工夫(H27)
単元「表計算ソフトの活用」の「ビジネス計算」において、商品の出荷台数を複数のグラフを用いて表現させ、それぞれのグラフのもつ特徴を捉えさせることを通し、グラフを基にした分析の在り方について考えさせるための発問の工夫を実践しました。
「ビジネス基礎」における思考力を高めるための発問の工夫(H27)
単元「経済と流通の基礎」の「経済活動と流通」において、業種に分類される小売店が減少し業態に分類される小売店が増加した理由を、消費者ニーズや社会の変化を捉えながら考えさせるための発問の工夫を実践しました。
「ビジネス情報」における指導事例(H26)
 ビジネスに関する情報を処理するために必要な表計算ソフトウェアの活用に関する知識と技術を習得させることを目的とし、ビジネスの諸活動に応じた課題を設定し、表計算ソフトウェアの活用に関する実習を通して理解を深めさせることを目標とした。
ビジネスの諸活動において、情報を主体的に活用させ、表現させる指導の工夫(H23)
 複数の情報から目的に合わせて情報を取り出し、加工してプレゼンテーション(発表)を行うという一連の学習活動により、情報活用能力を育成することを目指した。また、多種多様な情報を主体的に活用させ、表現させる力を身に付けることを目標とした。
全商利用技術検定3級練習問題(H20)
全商利用技術検定3級の重要用語に関する問題がクイズ形式で学ぶことができるキットです。「クイズ」のボタンをクリックすると、問題が出題され「ア」「イ」「ウ」の3択形式で答えられるようになっています。休み時間などに自主学習にとして活用できます。 
ワープロ速度記録表(H19)
 ワープロを練習する際、漠然と練習するのではなく、目標を設定し練習した方が効果が上がると考えられます。このワープロ速度記録表は、目標を設定し、一回ごとに達成した文字数を記録し、グラフ化することにより、打つ速さの変化が実感できます。ノーマルバージョンは900字、スペシャルバージョンは1500字まで記入できるようになっています。
情報処理検定対策用語解説(H19)
 情報処理検定対策として、重要用語を「ハードウェア」、「ソフトウェア」、「ネットワーク」、「モラル」に分類し解説をしました。授業のまとめに使えると思います。
情報処理検定トレーにング問題(H19)
 情報処理検定1級、2級、3級の重要用語に関する問題が自動的に作成できるキットです。各級をクリックすることで、10題ずつアトランダムに問題を作成します。授業開始の確認テストや家庭学習に活用できます。 また、選択肢付き、選択肢なしの問題を作成できます。詳しくは、使用方法をご覧ください。 
情報処理(表計算ソフト)演習(H16)
 この教材キットは「情報処理」を履修し、表計算ソフトの実習を体験した生徒を対象として紹介します。簡単な関数を利用することで、ちょっとしたビジネス文書作成に役立てることができます。  表計算ソフトの実習成果を作品とすることで、ソフトの利用法や関数等の理解が深められると思います。課題演習の時間は概ね5時間程度です。  今回の題材は見積書の作成にありますが、注文書・納品書・請求書等に変更して使うことも可能です。  ポイントは、自ら考えて工夫をすることにより、表計算ソフトの理解を深めることができると思います。  演習中の留意事項としては、適宜、ヒントやアドバイスをする必要があると思われます。また、入出力設計をフリーハンドで書かせたり、システムの概要図等の作成をさせることにより、システム設計の導入にもなると思います。

基礎的科目(3) 概要を表示する 概要を表示しない

「ビジネス基礎」における指導事例(H26)
 雇用の形態と雇用に伴う企業の責任について、企業活動に関する基礎的な知識を習得させるとともに、生徒の興味・関心を育むため、実際の求人票を用いた体験学習を通して具体的に学び理解を深めさせることを目指した。
ビジネスの諸活動に目を向けさせ、専門的な学習への動機づけを図る(H23)
 ビジネスの諸活動の一つである販売促進に目を向けさせ、身近な企業の販売促進を通して考察させるとともに、同業種間での販売促進の違いに気付かせ、商業に対する興味・関心を高めることをねらいとした。  また、調べた内容を発表したり、文章でまとめたりする活動を通して、表現力を育成することも目指した。
ビジネス基礎練習問題(H20)
科目「ビジネス基礎」の練習問題です。朝の学習や授業開始の小テストで活用することができます。問題はランダムに変更することが可能です。空欄でDELキーを押すと問題が変わります。

総合的科目(2) 概要を表示する 概要を表示しない

動画編集(H20)
ムービーメーカー6.0を活用しての、動画編集のテキストをダウンロードできます。課題研究等で生徒が発表資料を作成するときに、このテキストを見れば簡単に習得できます。
動画編集(H18)
 「ムービーメーカー2」を活用しての動画編集の仕方を分かりやすくテキストにしたものです。「商業技術」や「課題研究」で生徒に作品を製作させる際に、このテキストを活用して授業を展開すると生徒にとって分かりやすく構成されています。

複数領域(1) 概要を表示する 概要を表示しない

確認プリント作成キット(H19)
この教材キットは、「珠算・電卓検定」を指導している先生方が、簡単に確認テスト用のプリントを作ったり、朝のSHRで学習時間を設けている場合に簡単に複数種類のプリントを作れるようにしたものです。  珠算・電卓の模擬問題は、計算シートのところで、計算桁数などを変更していただくことで、1〜3級に対応できると思います。ご使用する先生は、工夫を凝らして様々な教科目のプリントを作ってみてください。なお、問題を換える場合には何も無いセルでデリートキーを押してください。
Total:039984 Today:014 Yesterday:018