総合ビジネス科

総合ビジネス科

 【学科紹介】
 総合ビジネス科は、ビジネスに関する専門知識や技能・技術の向上を図るために、簿記、情報処理、ビジネス文書等のより専門的職業資格の取得を目指し、積極的に学習に取り組んでいます。
 また、総合実践や課題研究などの科目、インターンシップ等の実践的・体験的学習を通して自らの課題を発見し、創造力を発揮し、学習した知識と技術を相互に関連させて、実社会のビジネスの諸活動において困難な問題を積極的に解決できる人材を育成しています。
 
 【学科目標】
 ビジネスに関する各分野についての基礎的・基本的な知識と技術を習得させ、ビジネスに関わる業務に従事する者及び経営者として必要な能力と態度を育てる。

 【授業内容】
 〇商業経済・・・ビジネスを通じ、地域産業をはじめ経済社会の健全で持続的な発展を担う職業人として必要な基礎的な資質・能力を養う。
 〇簿記・・・取引の記録と財務諸表の作成に必要な資質・能力を養う。
 〇情報処理・・・企業において情報を適切に扱うために必要な資質・能力を養う。
  

 【カリキュラム】 

 【取得可能な資格】

全商簿記実務検定

全商情報処理検定

全商珠算電卓実務検定

全商ビジネス文書実務検定

全商商業経済検定

全商英語検定    等


 【その他の活動】
 商業機関見学なども実施しており、県外の企業訪問や商業施設を見学することで、ビジネスの現場における商業の役割や関わりについて、実際に見て学んできます。また、毎年各種の競技大会や生徒商業研究発表大会など、様々な大会に出場しています。昨年度は、アントレプレナーコンテストで最優秀賞、ビジネスグランプリではセミファイナリスト、全国ユース環境活動発表大会では全国大会出場と輝かしい成果を残すことができました。

     
アントレプレナーコンテスト(最優秀賞)  全国ユース環境活動発表

            
  生徒商業研究発表大会   ビジネスグランプリ    ビジネスマッチング
 

総合ビジネス科より

総合ビジネス科より >> 記事詳細

2019/12/20

高校生ビジネスプラン・グランプリ

| by 教頭
第7回高校生ビジネスプラン・グランプリでセミファイナリスに選出
ビジネスプラン・グランプリとは、活力ある日本を創り、地域を活性化するため、日本政策金融公庫が主催している大会です。次世代を担う若者の創業マインド向上を目的とし、全国の高校生および高専生(1~3年生)のビジネスプランを競う全国規模の大会で、本校は「竹粉の有効利用と地域への貢献」として応募しました。ファイナリストには届きませんでしたが、セミファイナリストに選出され、埼玉県さいたま市の日本政策金融公庫で開催された表彰式に参加してきました。
      https://www.jfc.go.jp/n/grandprix/about.html       ←ビジネスプラン・グランプリHP
       
編集 | 削除

13:00