「治癒証明書」のダウンロードについて

出席停止時の治癒証明書はこちらからダウンロードできます。

治癒証明書.pdf
 
 

カウンタ

あなたは694358人目です

オンライン状況

オンラインユーザー4人
ログインユーザー0人

特殊詐欺にご注意ください

宇都宮中央警察署より、本校の同窓生に対する特殊詐欺の事案が発生しているとの連絡がありました。
同窓生の皆様におかれましては、ご家族とも連絡をとり、特殊詐欺の電話への応答、および、個人情報の取り扱いに十分ご注意下さいますようお願いいたします。

 

探究活動

2年生「総合的な学習の時間」の探究活動について

探究活動の概要

生徒は、1年次の総合的な探究の時間で、テーマに対する仮説の立て方、リサーチクエスチョンの設定、情報収集の方法、データの分析、考察、まとめの方法など、研究の過程や手法を学んでいます。

それをふまえ、2年次では、水曜日の6時間目の「総合的な学習の時間」に、ほぼ1年間をかけて、自分の興味のあるテーマについて研究を進め、報告書にまとめ、口頭発表を行います。 

 

本校の探究活動のねらい

1 「漠然とした興味・関心・疑問」を「自分なりの結論が導ける問い」にするプロセスを学ぶ。

2 結論を導くために何をどうすればよいのか、自分で考え、立案し、実行できる。

3 得た情報を多面的・批判的に検討し、集まった証拠から論理的に結論を導ける。

4 自分が探究活動を通して得たこと、学んだことを他に分かりやすく伝える。

 

探究活動の大まかな日程

1年次  3月の発表会 2年次の探究活動のガイダンス

2年次  4月  探究活動のテーマ設定、分野別ガイダンスや講義等

5~ 7月 テーマ確定、計画立案、分野別で必要な講義や実習

8~10月 各自で探究活動  10月 中間発表会、今後の計画立案、探究活動

12~ 1月 各自で探究活動、報告書作成、分野別内口頭発表会、報告書完成。

3月 分野別代表の全体発表会(1・2年生全員、保護者、他校生対象)、探究活

動のふりかえり

 

活動の単位

 以下の教科に準じたまとまり(「分野」と読んでいます)をつくり、担任・副担任以外の多くの教員が探究活動をサポートしています。

「言語・文学」 「地歴・公民」 「数学」「理科」 「言語・国際理解」 

「健康・医療・生活・スポーツ」「芸術(音・美・書)」等

 

教員と生徒の関わり方

 探究活動は、生徒自身がゴールを設定し進めて行くものです。教員は、生徒の探究活動を応援するという立場で関わっています。

①研究を進めるにあたって必要な基礎知識や手法を伝える。

②漠然としたテーマ(問い)を解決できる課題にしていくときの声かけ役。

③研究のペースメーカー。

④研究に行き詰まったとき、実験等失敗したときの相談役。

⑤大学等の外部機関の専門家や研究者と皆さんをつなぐ仲介役。

 

探究活動の成果物

探究活動の成果物の提出方法は、①か②のどちらかを選択します。

  ①報告書(A4版 1枚。グループ研究の場合も。様式は示しますが、内容によって改変可です。)

  ②自由研究の様式にしたがった研究報告書(研究内容を詳細に記し、指定の表紙をつけ

たもの)→自由研究作品として、審査、表彰します。

 

口頭発表

 分野内やクラスで中間発表や成果発表を行い、優れた探究活動については、3月に、1・2年生、保護者、他の学校の生徒さんを対象に公開発表会を行います。

 



〇現在の活動状況はこちらをご覧ください。

〇2018年度以前の活動についてはこちらをご覧ください。