バナーをクリックすると各学科のページに移動します。
 

ようこそ

 

校訓

校訓  『真 理(しんり)』
校訓


 
 

教育目標

 

校章


 デザインは、翼と双葉のイメージで、Y字を形作り、左上部の線の重なりは高原山の五峰を、右側の4枚の羽根の重なりは四つの大学科の連携を表し、塩谷高校と矢板高校の統合を象徴しており、生徒達が逞しく成長し、活躍して欲しいとの願いが込められている。
        
 

校歌

--------------------------------------------
  音声データ付き (  ↑  校歌をクリックするとmp3で再生できます。)
 

矢板高校の歴史

~矢板高校の歴史~

明治43年 4月 : 塩谷郡立農林学校として開校
大正11年11月 : 栃木県立矢板農学校と改称
昭和28年 4月 : 矢板市大字矢板1032番地より、
             矢板市大字中381番地に校舎を移転改築
昭和36年 4月 : 創立50周年記念式典
昭和45年10月 : 創立60周年記念式典
昭和47年 4月 : 矢板市大字中381番地より、現在の矢板市片俣618-2に移転
昭和55年11月 : 創立70周年記念式典
平成 2年11月 : 創立80周年記念式典
平成 5年 4月 : 学科再編成 農業経営科・機械科・電子科・情報処理科・栄養食物科を
             新設し、総合選択制専門高校に
平成12年11月 : 創立90周年記念式典
平成17年 4月 : 創立95周年記念式典(講演会)
平成22年11月 : 創立100周年記念式典
平成23年 4月 : 新校栃木県立矢板高等学校開校 塩谷高等学校との統合
平成25年 3月 : 旧矢板高等学校閉校(情報処理科閉科)、
            塩谷高等学校閉校により新校矢板高等学校への統合完了
平成25年 4月 : 新校5学科体制整う
             農業経営科・機械科・電子科・栄養食物科・社会福祉科 
平成26年 1月 : 校訓「真理」を制定