機械科
機械科のページへようこそ!
機械科の紹介
【機械科の特色】
旋盤などによる機械加工、ガス・アーク溶接等の基礎技術を身につけ、3年次にはロボットや電気自動車などグループで様々なテーマに意欲的に取り組んでいます。機械科はものづくりの楽しさを実感できる科です。
【チャレンジできる資格】
2級ボイラ技師、3級技能士(旋盤加工)、ガス溶接技能講習、危険物取扱者、製図検定など
機械科教育課程
日誌

機械科日誌

機械科1年 マイスター指導

機械科1年 マイスター指導

令和6年度4月23日(火)、5月7日(火)、5月14日(火)に新入生(機械科1年24名)を対象に、技能マイスターから工業技術の基礎的な測定・加工技術について指導を受けました。

 

   

アーク溶接講習会

令和5年度「アーク溶接等の業務」特別教育講習会を実施しました

 令和5年12月21日(木)~23日(土)の3日間にかけて、矢板高校にて、外部講師の先生方をお招きし、アーク溶接の講習会が行われました。冬休み中ではありますが、生徒たちは将来に向けての資格取得のため、集中して取り組んでいました。
 溶接協会の先生方には、分かりやすく、おもしろく、しかしケガや命に関わることは厳しく生徒に教えてくださいました。この場をお借りしてお礼を申し上げます。大変ありがとうございました。

 

高大連携事業

高大連携事業を実施しました

 12/15(金)(2時限~4時限)、日本工業大学の先生方にお越しいただき、1年2組を対象に高大連携事業を行いました。

本日のテーマは「センサーライトの製作」でした。自作した物を持ち帰ることができるとあって、皆それぞれ張り切って取り組んでいるのが印象的でした。

雨宮教授をはじめとして講師を務めて下さった4名の先生方にはこの場をおかりしてお礼申し上げます。本当にありがとうございました。

 

やいた軽トラ市

やいた軽トラ市に参加しました

 10月1日(日)に行われた、やいた軽トラ市に参加してきました。機械科ではゴム鉄砲とスマートボール、イライラ棒といった無料ゲームコーナーの展開とポッポ汽車の運行を行いました。雨と曇りを繰り返すあいにくの天気でしたが、大人から子供まで多くの方が遊びに訪れてくれました。特にポッポ汽車は子供達に大人気で列をなす盛況ぶりでした。途中で汽車のメンテナンスが入ってしまい待ち時間を頂いてしまった方々にはご迷惑をおかけしました。1日を通して考えると最初は説明がぎこちなかった生徒も時間が経過しお客さんとのふれあいを重ねる事で自信を持って説明出来るようになっていたので見ていて嬉しくなりました。最後に軽トラ市を開催するにあたりご尽力いただいた方々にこの場を借りてお礼申し上げます。本当にありがとうございました。

 

令和5(2023)年度とちぎものづくり選手権に出場しました

令和5(2023)年度とちぎものづくり選手権に出場しました 

 

 7/29(土)に、栃木県高校生ものづくりコンテストが宇都宮工業高校で開催されました。

 

 旋盤作業部門に参加した機械科3年 猪鼻 蓮さんが4位に入賞、同じく機械科3年 廻谷 大雅さんが8位という結果でした。二名とも日々の練習をコツコツとこなして本番においても良い結果を残してくれました。

 

 3年生はこれで引退なので今後は後輩選手の指導に加わってもらう予定です。応援して頂いた方々にはこの場を借りて御礼申し上げます。ありがとうございました。

 

 

機械科資格試験関係
機械科の活動
課題研究報告