新着
2月15日に行われたビブリオバトル決勝戦の結果をお知らせします。          令和5年度佐附中ベストビブリオバトラーは          2年2組 舘野龍馬さんです!   (舘野さんの優勝の談話)  まず、ベストビブリオバトラーに選ばれたことをとても嬉しく思います。多くの人たちが私のプレゼンを聞いて「『法廷遊戯』を読んでみたい!」と思っていただけてよかったです。今回の経験を活かして、来年もベストビブリオバトラー目指して頑張ります。   館野さん、優勝おめでとうございます。 来年度のビブリオバトルも素晴らしいプレゼンの応酬を期待しています。
 佐野高校2年生のグループが課題研究で取り組んでいる、ユニバーサルデザインに配慮した民話絵本の製作が、2月19日付け下野新聞で紹介されました。 *掲載許諾済です。  彼女たちの熱意と行動力には目を見張るものがあります。グループの保護者の方々も、資金調達のためのクラウドファンディングを実施するなど協力してくれています。詳しくは、2月7日及び16日の当ウェブサイトの記事をご覧ください。ご賛同いただけます方々には、ご支援を検討いただけますとありがたく存じます。
2/15(木)佐野法人会様にお時間を取っていただき、課題研究の宣伝をさせてもらいました。付随して支援団体「コネクトているず」のクラウドファンディングの協力依頼も行いました。 みなさま熱心に聞いていただきました。ありがとうございました。
2月15日、佐附中ビブリオバトル決勝戦が行われました。                  3年生代表の糸雅弘太郎さんの発表の様子                  2年生代表の舘野龍馬さんの発表の様子                  1年生代表の金田こころさんの発表の様子                       各学年の代表者でパチリ!   発表の様子は各教室に配信され、フォームスでの投票が行われました。結果は明日(2月16日)の昼休みに図書委員長から報告されます。乞うご期待!
この班は、佐野市の民話『炭屋の火の玉』を、より多くの方に親しんでもらいたいという思いから、以下の4点について “ ユニバーサルデザイン化 ” 絵本を作成しました。  ①点訳       ②音声(朗読音声をデータ添付)   ③多言語化(英語・中国語に翻訳)   ④ユニバーサルデザイン(ユニバーサルカラーを使用) この絵本をもっと多くの人に読んでいただきたいという思いから、佐野市の図書館や公民館、小学校等に配布したいと考えました。製本する資金を集めようと、彼女たちの保護者が中心となり「コネクトているず」という団体を立ち上げ、クラウドファンディングによる支援を呼びかけています。 賛同される方は、以下のチラシのQRコードから入ってご検討ください。  
2月3日、佐野市文化会館で行われたパレットフェスタ(男女共同参画講演会)に3-1西島陸央さん、3-3田中さつきさんが参加しました。                                                               終了後にパチリ!
2月2日、ビブリオバトルの学年代表決定戦が行われました。その様子をお伝えします。                       今回はクラス代表者が事前に発表を収録し、その映像を各クラスで流しました。      
ブログ
02/04
校長室便り
 2月4日(日)、佐野市の清酒開華スタジアム(佐野市運動公園陸上競技場)周辺を会場に、第74回大澤駅伝競走大会が開催されました。  佐高・佐附中から、中学女子の部、中学男子の部、一般男子(21.0975キロ)の部に、それぞれ1チームが出場しました。  この大会を観戦・応援するのは2度目でしたが、県外からもたくさんのチームが出場し、実業団や大学などのチームもあって、レベルの高い大会ですね。佐附中、佐高チームもがんばりました!                                 
ブログ
02/03
Sano グローカル構想
日時:2月1日(木)13:00~15:55 内容:高1、高2ともに各6会場×(6~7)コマの発表を行いました。    発表テーマの一覧は下表をご覧ください。    アンケートをまとめる、フィールドワークに行く、実験をする、などのアクションから   もう1歩踏み込んだ、社会的実現性にたどりついた深いアクションにたどり着いた班もい   くつかあり、バージョンアップしていると感じでいます。    また、今回も外部の方に助言者ということで来ていただきアドバイスをいただきました。 ※各学年、代表4班を選出し、3月4日(月)に発表会を行います。  多くの方に見学していただきたく思います。オンラインでも見学可能です。  お問い合わせは、学習指導部SG推進係(大嶋浩・松井)まで。  
ブログ
02/01
校長室便り
 2月1日(木)3時間目の体育で、中学2年3組のダンスの発表を見せてもらいました。  これまでの練習の成果が十分に発揮された、こちらも元気をもらえるダンスでした。みんなが伸び伸びと体を動かすようすや、楽しそうな表情も印象的でした。最後の決めポーズもかっこよかったです!  
掲示板
01/31
トップページ
1/19(金)、1/22(月)に ・佐野高校・同附属中学校福祉委員会(委員長:高3-4野田、中3-1森山) ・ボランティア団体Rainbow(代表:高1ー2栗原) ・SVN(佐野ボランティアネットワーク)(代表:高2-4小宮) の3団体の呼びかけによる募金が行われ、中高生徒、職員合わせて76,734円の寄付金が集まりました。 寄付する先は、災害支援団体である「さいたま市民キャビネット」です。   1/30(火)に、上記の各団体代表者4名から、災害支援団体である「さいたま市民キャビネット」(宇賀神一晃)様にお渡ししました。          
ブログ
01/31
Sano グローカル構想
日 時:R6年1月20日(土)9:00~11:45 タイム: 9:00~10:30 講演     11:00~11:45 座談会  A 足利清風高等学校(主幹教諭)興野寛久 先生       『ブラ〇モリ』 B 劇団「元友」上演スタッフ・小道翔太 先生 他       演劇『元友』 C 足利大学工学部(教授)中條 祐一 先生       『ものつくりの一例としてのソーラークッカー』 D NPO法人そらいろコアラ(共同代表理事・小児科医)増田卓哉 先生       『SOSをキャッチ!地域にコアラのポケットのような居場所を作る!』 E 足利大学看護学部(専任講師)荻原弘幸 先生       『医療的ケア児とその家族が抱える課題に向けた             小児看護におけるディストラクションの創造的アプローチ』 F 株式会社エンターテイン(代表取締役CEO)常川朋之 先生      『なぜ今、アントレプレナーシップ(起業家精神)が求められるのか?』  
1月28日、中学3年生4名が能登半島地震災害義援金 募金のボランティアに参加しました。その時の様子を紹介します。                 佐野市社会福祉協議会がボランティアを募集しており、中学3年2組小平采芭さん、新門リアーナさん、中学3年3組糸雅弘太郎さん、鈴木良隆さんが応募し、今回の募金活動に参加しました。 当日は晴天に恵まれ、佐野厄除け大師を訪れる多くの観光客に、元気な声で募金の呼びかけをしていました。 (4人の感想)
ブログ
01/28
校長室便り
 1月29日(日)第65回栃木県郡市町対抗駅伝競走特別大会が開催されました。今年はカンセキスタジアムとちぎで、トラック周回で行われました。  本校から、佐野市Bチームに3名が選ばれました。6区(高校・一般男子)に高2の兵藤崇人選手、7区(中学生男子)に中3の髙野蒼空選手、8区(高校・一般男子)に高3の福田誉仁選手です。佐野市の代表として、堂々と走る姿を見せてくれました。おつかれさまでした! 開会式 宣誓のようす  高野選手は、開会式で選手宣誓を行いました。宣誓のことばどおり、中盤まで先頭を引っ張る果敢な走りで、区間5位に入りました。見ていてワクワクしました。  6区 7区 8区      
ブログ
01/27
活動の記録
先日、中学3年生の国語の授業で島村藤村の「初恋」を勉強した後、全員が詩を書いたそうです。 私は高校数学の教員ですが、その視点から見て、大変面白い作品がありましたのでご披露したいと思います。   I恋Iの数学的表現  君の横顔 黄金比 目のベクトルは いつも君 指数関数 1以上 恋の証明 帰納法  君との恋は 平行線 1度動けば 交差する だから踏み出す その一歩 判別式は 0未満  iの共役 複素数 恋を積分 愛にする 君に一生 尽くしmath 判別式は 0ピッタ  君への思いが cos x(コスエックス) Lim n→∞(リム エヌ 無限) n分の一 うまくいっていた 昨日まで 恋にはないさ 帰納法                                          中学3年1組 江藤駿介   詩の出来もさることながら、高校で学ぶ内容を使って書いていることに驚きです。 さらに、「解説」が添付されておりますので続きをご覧ください。  
R6年1月11日(木) 21班(小林幸太郎、藤倉彩矢、藤谷詩音、森脇太郎、茂木心愛)     『空き家を使って 高齢者✕子供✕駄菓子屋!』 23班(國井ことね、尾崎莉依子、栗原杏奈、品川光、大洲翔來里)     『フードロスを減らすために、規格外作物を有効活用する』 の2班が、佐野市社会福協議会様のお計らいにより、民生委員会でプレゼンをする機会をいただきました。 2班合同での活動を計画しています。「空き家を使って ”駄菓子屋”×”規格外野菜”×”高齢者”×”子ども”×”高校生”」といった感じです。 熱心に聞いていただき、アドバイスや激励のお言葉を多数頂戴しました。多くのお言葉にありましたように「継続可能」なものを目指していきたいと生徒たちも考えているようです。  
学級対抗ディベート大会終了後、昼食となりました。 4月の緊張感もすっかりほぐれ、笑顔があふれています。 明日はprecious week 最終日、藍染めがあります。 1年かけて準備した藍染めがうまくできるか楽しみです。
ブログ
01/25
活動の記録
怪我人もなく2日目のスキー実習が終了しました。 インストラクターさんの教えをしっかりと聞き、上達しました。