新着情報・宇都宮南
日誌

行事の記録

いちご一会とちぎ大会 プラカーダー

10月29日から31日にかけて、栃木県各地で、全国障害者スポーツ大会(いちご一会とちぎ大会)が開催されました。

宇都宮南高校の生徒約80名は、29日の開会式と31日の閉会式で都道府県市のプラカーダーを務めました。

緊張感のある式典でしたが、練習の成果を発揮し、立派に務めることができました。

式典後は各都道府県市の選手団とお話をしたり、写真を撮ったり、お土産をもらったりと、普段の学校生活ではすることのできない体験をすることができました。

小論文講話

10月6日、第一学習社から講師を招き、小論文講話が行われました。

小論文模試を受けるにあたり、客観的で論理的な文章の書き方を学びました。

ここで学んだことを、小論文模試や各教科の授業、進学に生かしましょう。

第2学年進路講演会

9月15日、2年生を対象に進路講演会が行われました。

株式会社開倫塾 代表取締役社長の林様からは、

「一生勉強、一生青春」というテーマで、

高校時代に身に付けることや、一生をかけて学ぶということを学びました。

フィリップ証券株式会社 ウェルスマネジメント事業部長の蛭田様からは、

「身近に使われている数学」というテーマで、

金融市場におけるリスクの意味や、興味があることをとことんやってみることを学びました。