小学校 : 特別支援教育

操作説明(表示する)

領域別

通常の学級の指導(5) 概要を表示する 概要を表示しない

学級担任による特別な支援が必要な児童の指導(調査研究報告書)(H20)
 この報告書は、平成18 年度から19 年度にかけて実施した「中学校における特別な支援が必要な生徒の指導に関する調査研究」で明らかになった基本的枠組みをもとに、小学校における通常の学級の特別支援教育をより一層推進するために本年度行った「担任による特別な支援が必要な児童の指導に関する調査研究」の成果をまとめたものです。昨年度発行した現職教育資料「通常の学級における特別支援教育」とあわせて、各学校においてご活用いただければ幸いです。
通常の学級における特別支援教育(H19)
 この現職教育資料は、平成18年度から19年度にかけて実施した「中学校における特別な 支援が必要な生徒の指導に関する調査研究」の中で明らかになった、「通常の学級におけ る特別支援教育」の基本的な枠組を、各学校における指導の手引書としてまとめたもので す。通常の学級における特別支援教育に取り組むための参考として、ご活用いただければ 幸いです。
すきなものをしらせてね〜ぼくんちのゴリ〜(H16)
この教材は、自分の好きなものについて、取材したことを身近な人に伝えるために作文を書く学習です。豊かな表現で伝えるために、知らせようとするものを様々な視点でよく見て、その色や形や性質などの特徴について取材し、その中で、視覚・聴覚・臭覚・味覚・触覚という五感を意識させます。同じものでもいろいろな表現の仕方があることに気づかせ、言葉のおもしろさも味わうことができます。児童の実態に合わせ、五十音表を使わせたり、すきなものカードに特徴を書くことができるように個別指導を取り入れました。
工夫して発表しよう プロジェクト○○(H16)
学習指導要領「話すこと・聞くこと」の目標「目的や意図に応じ、考えたことや伝えたいことなどを的確に話すことや相手の意図をつかみながら聞くことができるようにするとともに、計画的に話し合おうとする態度を育てる。」に基づいた学習です。6年生の子供達に、「大好きな学校をさらに自慢できる学校にするために、みんなでどんなことをしていきたいか。」というテーマを与え、自分が実践しようとするプランを考え、それをプレゼンテーションするという単元を設定しました。
箱の形(算数)(H16)
この教材は、課題に対して集中して取り組むことが苦手な児童に対しても、立体の図形の構成要素です「頂点・辺・面」について理解できるように、ヒントコーナーを設置し、具体的な組み立て作業を通して学習します。箱の組み立てには、各自3種類の長方形をそれぞれ色別にして組み立てたり、頂点には粘土、辺にはストローを使って、はこの形を作ったりします。ヒントコーナーでは、できあがりの箱の模型を見たり、触ったり、T.Tの説明を聞いたりして組み立てられるようにします。

通級指導教室の指導(1) 概要を表示する 概要を表示しない

小学校における発達障害のある児童の指導 −通級指導教室と連携した指導−(H24)
 この指導資料は、通常の学級と通級指導教室との連携の在り方を探るために、自校において通級による指導を受けている児童の事例に基づいて、本年度行った調査研究「小学校における発達障害のある児童の指導− 通級指導教室と連携した指導− 」の成果をもとに作成したものです。  本調査研究は小学校を対象としたものですが、この指導資料は中学校の先生方にも役立つように、通常の学級と通級指導教室の連携の基本を示す形で作成しました。

特別支援学級の指導(10) 概要を表示する 概要を表示しない

お手紙交流をしよう(H26)
同じ町の特別支援学級の友達と手紙を通して交流することを単元とした取組です。手紙のやりとりは楽しく、書く、読む意欲を大いに高めます。文章を書く能力を高めるとともに、算数、社会に関する教科内容とも関連付けながら、展開を工夫しました。
ぶんをつくろう(H24)
写真や絵を見ながら,助詞の「が」を使って,「だれが—どうする」などの文を作って書くことができるようにすることをねらった事例です。 日常の動作を分かりやすく身近に感じさせるために,パソコンやテレ ビを使って,写真や絵を提示したり,書いた文の発表が分かりやすくなるよう,実物投影機を使用したりしました。  ひとまとまりの文章を書く学習へと発展させられればと考えました。
「つくろう!わくわくカレンダー」(H24)
カレンダーを福祉まつりで売るために,カレンダーの制作,ポスター描き,販売の3グループに分かれて活動する。「将来の自立に向けた個別の教育支援計画の作成と活用」というテーマをもとに,個別の教育支援計画における実態と願いから,個に応じた目標・支援・評価を考え,授業を展開できるようにした。
拍の流れを感じ取ろう(H24)
この題材は,音楽の根幹である拍の流れを感じ取りながら,その曲の速さやメロディーに合ったリズムを太鼓で表現し,独奏や合奏を楽しむ学習です。太鼓を使って,拍子の違いを感じ取る学習,拍子に合わせてリズムを正確に演奏する学習,拍子に合ったリズムパターンを自分たちで考える学習,作ったリズムパターンをつなげ曲にのせて演奏する学習を順に行っていきました。
劇をたのしもう(H16)
本単元は、毎年3学期に予定されている特殊学級合同発表会に向けた劇づくりを念頭において構成したものです。この物語は、庄屋さんの家の法事にいった和尚さんの失敗までも小坊主たちが真似をする楽しい昔話です。また、台詞も繰り返しが多いので、覚えることでの負担が少ないと思われる作品です。劇の練習に取り組もうとする意欲や、皆に聞こえるように自分の台詞を読むことをねらいとしています。
みんなで縁日200x(H16)
金銭教育と就業体験についての、生活単元学習の展開を考えたものです。身近なお店屋さんごっこを通して、お金の種類や金銭のやりとりの仕方、働くことの大変さややりがいについて学習することをねらいとしています。児童がお店番役を、職員や保護者がお客役をすることで互いに交流を図り、金銭感覚やコミュニケーション能力も向上します。思いやりをもって店番をすることで、努力を認めてもらえる経験をすることも意図しています。
サンドイッチをつくろう(H15)
 この教材キットは、「サンドイッチ作りを通して料理の楽しさを知り、生活に生かすことができる。」ということを前提に、計画を立てる中で、必要な材料を考えたり、作り方を調べたりしながら自分が作りたいサンドイッチを考えます。そして、調理のレシピを参考にしながら見通しをもって調理活動を進めるようにし、自分の苦手なところや細かいところを友達と助け合ったり、教え合ったりしながら調理活動ができるように支援しています。
カレンダーを作ろう(H15)
 この教材キットは、生活単元学習「カレンダーを作ろう」をもとに、障害のある6名の児童が、自分なりの発想で季節をイメージし、一人一人の思いに応じた方法で表現していく授業の展開を考えたものです。「カレンダーを作ろう」は、一人では難しいことも、みんなで協力するとできることに気づくこと、日常生活においてカレンダーを活用すること、そして、季節による自然の変化に関心をもつことをねらいとしています。 
ことばあつめをしよう(H15)
 国語の言語事項を学習する場合、学年差、個人差の大きい障害児学級で、言葉や文字に対しての関心を高め、習熟を図れるよう教材を考えました。ゲーム化し、ことば遊びの要素を取り入れ、個人差に応じるプリントを各種用意し、どの児童も達成感が味わえるように工夫しました。ひらがなクロスワードは導入で、チャレンジクロスワードパズルは一斉指導での使用が可能です。ヒントが拡大してあり児童が一枚ずつ引いて答えられるようにしてあります。
リズムであそぼう(H13)
 この教材キットは、個人差の大きい障害児学級の子どもたちが、自分の好きな楽器やリズムで楽しく参加する音楽活動を紹介しています。

複数領域(1) 概要を表示する 概要を表示しない

本に親しみ自ら学ぶ力を育てる学校図書館教育〜秋の実りを楽しもう〜 (H17)
 2年生活科「秋まつりをしよう」は、情報活用能力を育てることをねらった授業の指導案及び補助資料です。4年国語科「本の世界を広げよう」は、本のおすすめ会を通して読書領域を広げることをねらった授業の指導案及び補助資料です。また、読書指導や利用指導をどの学年のどの単元で行うかをまとめた「各教科・学年別読書指導及び利用指導体系表」を載せています。
Total:129906 Today:004 Yesterday:023