令和5年度 学校行事

令和5年度 学校のできごと

緊急時対応(ハリーコール、気管カニューレ抜去時)訓練

4月18日(火)ハリーコール訓練①、4月25日(火)ハリーコール訓練②、4月27日(木)気管カニューレ・経管栄養チューブ(胃ろう、経鼻経管)抜去時の対応訓練を実施しました。

各教室において、起こりうる緊急事態を想定してシミュレーションをしたり、アクションカード(協力者への行動を指示するもの)を作成したり、実際の役割分担や動きの確認をしたりしました。

学校生活の中で緊急の事態が発生したときに、その事態に対し的確な判断と機敏な行動ができるよう今後も引き続き訓練を実施していきます。ハリーコール訓練③は10月に予定しています。

  

寄贈品の贈呈について

 今年度も獨協医科大学・雇用戦略室より、多数のマスク及び消毒用品をいただきました。

児童生徒の健康保持のため、有効に活用させていただきます。ありがとうございました。

 なお、現在、獨協医科大学にお勤めの本校卒業生Iさんも同行され、「のべもん」の誕生秘話など、貴重なお話を伺うことができました。今後も進路に関する情報提供等でお世話になります。

 

令和5年度児童生徒会総会

令和5年度 児童生徒会スタート

 

児童生徒会総会がリモートで行われ、役員は緊張感の中、全校児童生徒に向けて大きな声で挨拶や報告を行っていました。議事審議の内容は全て承認され、令和5年度の児童生徒会がスタートしました。また、あいさつ運動も始まり、活気ある児童生徒会活動が始まりました。

  

第1回避難訓練

5月16日(火)に食堂からの火災という設定による避難訓練を実施しました。昨年度までは、コロナ感染症対策として、各学部ごとに避難をしていましたが、今年度は全児童生徒一斉に避難する訓練を行いました。「火事です」の放送や、大きな警報の音が鳴ると一気に緊張した様子になりましたが、先生の話をよく聞き、静かに落ち着いてグラウンドに避難することができました。

また、職員による消火器体験も実施しました。

今後も、児童生徒が安全に避難できるように、適切な誘導や避難経路を再確認しながら防災意識を高める訓練を実施していきます。

  

 

 

 

防災安全研修

5月1日(月)に職員を対象に防災安全研修を行いました。本校には、非常用持ち出し袋や担架、ポータブル発電機など災害の際に必要となるものが多数設置されています。今回は、校内にある防災グッズにはどのようなものがあるのか、どこに設置されているのか確認をするとともに、危機管理マニュアルを通して本校の防災体制について共通理解を図ることができました。また、日頃から児童生徒の安全を第一に考え、社会情勢に合わせて危機管理マニュアルや避難訓練の見直し・改善をしていく等、改めて防災意識を高めるよい研修となりました。

 

PTA総会

4月17日(月)に本校会議室でPTA総会が開催されました。

3年ぶりの対面での開催になりましたが、多数の方に参加して頂きました。

予定していた議案は全て承認されました。

また令和4年度で退任する役員の方に記念品の贈呈が行われました。

今年度一年、よろしくお願いいたします。