重要なお知らせ
PAGE UPDATES
6月14日~17日に、東京都・駒沢オリンピック公園陸上競技場にて関東高等学校陸上競技大会が開催されました。 この大会は、全国高校総体(インターハイ)の北関東ブロック予選会を兼ねています。 その結果、次の生徒がインターハイの出場権を獲得しました。   ・走幅跳  第3位 植木美冴輝(3-3)   ・円盤投  第6位 千保 朋範(3-1)   令和6年度全国高等学校総 合体育大会陸上競技大会は、7月28日より、福岡県福岡市にある東平尾公園博多の森陸上競技場にて開催されます。   引き続きの応援をよろしくお願いいたします。
6月7日(金)~9日(日)神奈川県横浜市横浜武道館で開催された令和6年度第71回関東高等学校剣道大会に参加してきました。 今大会では、出場できることに喜びを感じること、そして今まで支えてくださった全ての方々に感謝の想いを持ち、宇高生らしさ溢れる試合をすることを目標に臨みました。   【結果】 予選リーグ2位(3校中) 1試合目・・・対桐蔭学園(神奈川県1位)0(1)-0(1) 引き分け 2試合目・・・対川越高校(埼玉県7位) 3(4)-1(3) 勝ち 勝数差で惜しくも決勝トーナメント進出は叶いませんでしたが、選手一人ひとりが正々堂々と試合している姿が印象的でした。 また、会場に来てくださった保護者の皆様、OBの方々、部員のみんな・・・応援の力が心強く、選手の背中を押してくれました。心から感謝しております。 いよいよ、3年生にとって最後の大会であるインターハイ予選が近づいてきました。 インターハイの出場権を掴み取るために、部員一丸となって精進していきます。 日頃から、ご支援とご協力を賜り、応援してくださっている保護者の皆様 陰ながら支えてくださっている滝の原剣友会の皆様 本大会の審判...
令和6年5月31日(金)~6月2日(日)まで宇都宮市のユウケイ武道館で関東大会が開催されました。今年度は、地元栃木県開催ということで、出場枠が多い中、栃木県予選を9位で本大会に出場しました。1回戦の相手チームは、神奈川県1位の東海大相模高校でした。結果は、0対5と敗退ですが、選手それぞれが持てる力を十分に発揮できた試合でした。 普段できない選手との試合だったので、これからの柔道選手としての糧となってくれることを期待します。
このたび、今年度の宇高演劇部自主公演第2弾として、「アトリエほんまる」を舞台に上演を行うことになりましたので、御案内いたします。 5月と同じく第59回関東高等学校演劇研究大会(北会場)にて優秀賞を受賞した作品になります。   詳細は以下の通りです。 第6回宇都宮高校演劇部自主公演(ほんまるシリーズ)『宇高演劇部の貴重な産卵シーン』宇高演劇部・石川空・畑康博/作2024年 6月 16日(日)1回目開場10:30 開演11:002回目開場14:30 開演15:00会場/アトリエほんまる(〒320-0817宇都宮市本丸町1-39)     以下リンク、もしくはフライヤー内のQRコードより申込フォームにお進みいただき、事前に申し込みの上、ぜひお越しください。 ※先着順になりますので、お早めにお申し込みください。   申し込みフォームはこちら        
5月10日(金)新年度がスタートして1か月強。いよいよ短期決戦の火蓋が切られました。 今大会の目的としては、“目の前のことに没頭し、部員一丸となって稽古の成果を発揮すること”。目標としては、“チャレンジャー精神で試合に臨み、優勝して関東大会の出場権を獲得すること”を掲げました。 目的と目標を念頭に置き、宇高生らしく無我夢中で試合に臨む部員たち。目的と目標を達成すことに注力し、自分たちの剣道を貫こうとする姿は、キラキラ輝いており観る者を魅了しました。1・2回戦と順当に勝ち上がり、迎えた準々決勝・・・ここで勝てば関東大会という大一番・・・相手は、新人大会で接戦を繰り広げた白鷗足利高校。 先鋒戦、接戦が予想されましたが・・・本校の選手が電光石火の小手と面を決めて2本勝ち。試合の流れを引き込んだかと思ったのも束の間、相手の次鋒が気を吐き2本負け。五分の状態で中堅戦へ。相手の攻めをいなしつつ、冷静に試合の流れを見極め、相手が痺れを切らして出ようとした瞬間に小手を打ち、1本勝ち。続く副将戦、心は燃えつつ、頭はクールに試合を進め引き分け。リードした状態で運命の大将戦へ。守れば勝...