小西(おにし)だより

学校行事など

令和6年度 始業式・離任式

4月8日(月)第1体育館にて令和6年度始業式を行いました。校長先生のお話では、これからの学校生活へ臨むために大切なことをお話しいただき、生徒たちは熱心に聞き入っていました。

また、その後離任式を行いました。昨年度まで本校で教鞭をとっていただいた先生方一人一人からお言葉をいただきました。先生方の熱い言葉・思いをしっかりと受け止め、生徒たちはますます成長していってくれることと思います。昨年度まで本校に勤務されていた先生方、本当にありがとうございました。これからのますますの活躍とご発展を願っております。

令和6年度 入学式

4月5日(金)に本校第1体育館にて、栃木県立小山西高校入学式を行いました。新入生はこれからの学校生活の期待に満ち溢れた表情で登校し、朝のホームルームに臨みました。

入学式ではクラス毎に整列・入場し、校長先生のお話に熱心に聞き入っていました。また新入生代表宣誓では、代表生徒がこれからの学校生活での抱負を宣誓してくれました。

最後になりますが、保護者の皆様、お子様のご入学、誠におめでとうございます。本校の教職員一同、大切なお子様の教育活動に携われることを大変嬉しく思っております。保護者の皆様と手を携えてお子様が自身の目標を見つけ、それを達成するまでの道のりを支援していきたいと思いますので、本校教育活動へのご理解・ご協力をお願い申し上げます。

令和5年度卒業生を囲む会

 3月22日(金)、令和5年度卒業生を囲む会が行われました。

 この行事は、卒業生が体験した受験の話を聞くことにより、進路決定に向けた在校生の学習意欲を喚起するとともに、進路意識醸成の一助とすることを目的としています。

 つい先日行われた卒業式で送り出したばかりの先輩からの話は、1,2年生にとって1,2年後の受験のイメージが伝わりやすく、真剣に耳を傾けていました。

 卒業生の話にもありましたように、志望校を下げず目標設定し、一人で抱え込まず周囲の力も借りながら、ぜひ一人一人が自分の進路に真剣に向き合い、主体的に進路決定できるよう努力して欲しいと思います。

 いつからやるか、今からです!

 

     1年生会場           2年生会場

3年生 大学入学共通テスト直前指導・激励会

1月12日(金)、3年生の共通テスト受験生に対し、直前指導・激励会を実施しました。

本校校長、進路指導主事からこれまでのやってきたことを信じて力を尽くしてほしいなどの話がありました。

最後に校長が音頭を取り、受験生に向けてエールを送りました。小西生、頑張ってください!

  

      校長激励           進路指導主事の話        校長によるエール

2年大学出張講義

11月6日(月)、2学年の大学出張講義を実施しました。

上級学校の講義を直接体験し、進路についての意識を高めることなどを目的としています。心理学系、教育学、土木建築学、データサイエンスなど17の分野に分かれて講義を聞きました。

2つの講義を受講し、高校での学びは「解答がある」こと、大学での学びは「解答がない」ことなど大学における学びの奥深さ・広さ・面白さを実感できたのではないかと思います。ワークシートの記入の様子からも探究心に火がついたことが見られました。

この経験を一つのきっかけとして来年度の3年に繋がる進路探究を深めてほしいと思います。

 

 

 

3年一般選抜プロジェクト第4回

11月6日(月)、3年生に対して一般選抜入試対策プロジェクトを実施しました。

9月末から始まった一般選抜プロジェクトは、外部の方を招いての外部模試から本番入試までのロードマップの作成方法やこの時期ならではの英語の取り組み方法などを実施しています。

今回は、3学年の正副担任による、教科や受験に関するアドバイスを話しました。

2月の一般受験を受けるたびに力がついてきた生徒を見てきたという事例を話し、最後まで粘ることで結果に繋がることなどや受験期のメンタル面について等、共通テストまであと2ヶ月という段階になってきたところで一般選抜を受ける生徒には非常にプラスになったのではないでしょうか。頑張れ、小西生!

 

 

3年一般選抜対策プロジェクト・面接対策講座

9月26日(火)、3年生に対して一般選抜入試対策プロジェクトを実施しました。

このプロジェクトは、推薦型選抜入試の受験期と平行して一般選抜入試受験者にも時期に即した受験情報や学習アドバイスを提供し、受験不安の解消や意欲喚起を図ることを目的としています。

初日であるこの日は、本校校長からの激励から始まりました。迷ったら困難な道を選択することの大切さや自身の体験を織り交ぜた受験期のアドバイスなど多くの事が伝わったと思います。

また、進路指導主事からは、第一志望を叶えるための今後の目標設定の仕方や共通テスト利用入試などについて聞きました。配付された資料を自分の第一志望に置き換えて活かしていって欲しいと思います。

更に本日は、学校推薦型や総合型選抜を受験する生徒向けに面接に関するポイントを外部講師から話を聞きました。「面接で見られていることは何か」など多くのアドバイスを上手く取り入れて欲しいと思います。

共通テストまで110日を切りました。この受験期を全力で走り抜けるよう、学校全体で応援します!

 

      校長講話          進路指導主事講話

 

     面接対策講座①          面接対策講座②

1年 系統別・分野別ガイダンス

9月12日(火)、1学年対象の系統別・分野別ガイダンスを実施しました。

1年のこの時期は、2年での文理選択を考える大切な時期であることから、文理を選択する一つのきっかけとして上級学校などから将来の職業も絡めた系統別・分野別の話しを聞き、その後の文理選択について生徒自ら積極的に考えていけるようにしていくことを目的としています。

前半では、年間100校以上で講演をしていることから「日本一学校を回るお笑いコンビ」といわれるオシエルズさんをお招きし、進路漫才を実施しました。進路の話しというと堅く、難しいイメージがあるところをお笑いの要素を取り入れながら、生徒の心に響くキーワードを巧みに入れた話術で生徒の興味関心を高めることができました。

後半では系統別・分野別ガイダンスを実施しました。大学担当者をお招きし、文学、工学、体育学、家政学など13分野から2つ選択し学問と社会とのつながり、現時点からその分野にいくための流れなどが聞けました。

今回の体験など、様々な意見を聞きながら文理選択について更に深め、自分にとって最良の選択ができるようにして欲しいと考えます。

 

     漫才の様子          文理選択の説明

 

    分野別ガイダンス①                          分野別ガイダンス②

令和5年度「一日体験学習」

 8月24日(木)、本校の「一日体験学習」を実施しました。当日は、県内・県外より1161名もの中学生や保護者の方々が参加してくださいました。

 各教室に分かれ、まずICT機器を活用しての学校長挨拶、教頭による学校概要説明を行いました。コロナ禍での試行錯誤を経て定着したリモート形式による行事運営ですが、厳しい暑さへの対策にもなっています。

 その後、生徒の作成による学校紹介動画を視聴していただき、「在校生との懇談会」へと移りました。本校の1~3年生が、各教室にて学習や学校行事、部活動、進路希望などについてそれぞれ自分の言葉で話しました。担当生徒には多少緊張の表情も見られましたが、生徒たちの生の声を聴いていただくことで、小西での高校生活を具体的にイメージしていただけたのではないでしょうか。参加者の皆様からは、「自分のやりたいことに向かって、のびのびとできるのが良いと思った」、「自分で考え行動することが大切なのが分かった」、「進路についてのサポートや学校の雰囲気がとても良いと思った」、「生徒さんが明るくて、とても充実していそうな印象を受けた」等、うれしいお言葉を多数いただきました。

 懇談会や受付・誘導など、それぞれの立場で協力してくれた本校生の皆さん、ありがとうございました。また、御来校くださった皆さん、猛暑の中参加していただきまして、どうもありがとうございました。

                     

 

令和5年度 県民の日記念文化講演会

 6月12日(月)、県民の日記念文化講演会を実施しました。

  

 今年度の講師は、パリ・エコール・ノルマル音楽院フルート科を首席で修了、フランス国立オールネイ・ス・ボワ音楽学校フルート科を一等賞(プルミエ・プリ)にて修了し、現在プロのフルート奏者としてご活躍中でいらっしゃる栗田智水先生です。高校にて音楽教員としての勤務経験もあるとのことで、大変興味深い講演会となりました。

 

 講演会は、フルートを始める幼少期のきっかけから始まり、高校時代や大学卒業後の教員時代の思い出、教員からプロへと転向するいきさつへと話は続きました。コロナ過でのご苦労や教員を続けて欲しいご両親とのやりとりなど、けっして順風満帆では無かったことも語られました。現在ご活躍中の動画はもちろん素晴らしかったのですが、目の前でのフルート生演奏には、心がゆさぶられるほどの感動を覚えました。音楽部との共演も含め、あっという間の70分間でした。

 

「プロになるということは、やめない覚悟を持つことです。自分の進路は、自分で決めましょう。」

先生からのメッセージが非常に印象に残りました。

 

バレーボール部

6月10日(土)、17日(土)、18日(日)と高校総体県予選が行われます。

1回戦の相手は上三川高校です。

3年生にとってはこれが最後の大会になります。先月行われた関東予選は1回戦でシードの真岡女子高校に0-2で敗戦するなど、ここまでなかなか良い結果を残せずにきました。

最後の大会、後悔のないように、全力で戦ってきます。応援よろしくお願いします。

追記

3月に卒業した2名の部員。大会で良い結果を残すことはできませんでしたが、一生懸命に練習に励んできました。その思いも込めて戦ってきます。

卒業生2名の今後の活躍を願っています。

 

 

令和5年度 PTA第3学年部会・進路ガイダンス

5月29日(月)、PTA第3学年部会・進路ガイダンスを実施しました。

受験期となった第3学年に対し、様々な方々がその立場に立って挨拶・説明されました。
新型コロナが今月5類となり、3年生を取り巻く環境に変化が出てきています。生徒、保護者、学校が一致団結して、その変化を敏感に察知し、今後の受験期を乗り切っていきたいと感じました。

後半では進路ガイダンスを実施しました。第1体育館、第2体育館、武道場、教室などを使用し、多くの上級学校による学校説明や入試説明を生徒と保護者が聞くことができました。

それぞれの大きな希望を叶えるための勝負の1年です。強靱な意志を維持して頑張っていきましょう!

学校長挨拶 学年主任挨拶 進路指導部からの話

     学校長挨拶           学年主任挨拶         進路指導部からの話

  

     体育館の様子          武道場の様子          特別教室の様子

テニス部 栃木県高校総体 団体ベスト8 

4月23日に、栃木県高校総体テニス大会 団体戦が行われました。

団体戦は、ダブルス1ペア、シングルス2人の、合計4人で対戦します。

1、2回戦は接戦を制し、勝ち上がることができました。

結果は ベスト8です。本校としては久しぶりの快挙です。

 1回戦   2-0 高根沢 

 2回戦   2-1 宇都宮東

 準々決勝 0-2 作新学院(第3シード)

 

3年生は5月末のインターハイ予選で引退となりました。

自主的に練習に取り組み、多くの大会で結果を残した学年でした。

 

令和4年度修業式

 3月24日(金)、令和4年度修業式が行われました。1,2学年のみということで、久しぶりに体育館での実施となりました。

 校長式辞をリモートで聞くことが多かった1年間でしたが、目の前に話をする側と話を聞く側がいる環境は、お互いに話しやすく聞きやすかったと思います。

 校歌演奏では、生徒による演奏と本校教諭による独唱を聞く形をとりました。生演奏・生独唱は迫力あり良かったです。

 また、修業式後には、学習指導部長と生徒指導部長から、春休み中の過ごし方や今年度の振り返り、そして、来年度に向けての話がありました。

 短い春休みですが、1年間振り返り、新学年の準備をして下さい。

 

     校長式辞           校歌演奏・独唱

令和4年度小倉百人一首かるた大会

3月20日(月)、小倉百人一首かるた大会が行われました。

昨年度までは新型コロナ関係で実施できませんでしたが、今年度は4年振りに開催することができました。

 

競技の方は、1、2年生がそれぞれ30班に分かれ熱戦が繰り広げられました。

特に景品がもらえる校長賞、生徒会長賞の歌が読まれたときは、会場である第一体育館全体に「必ず取る」という熱気が伝わっておりました。

  

以下、個人賞を受賞した生徒の記録と団体賞の1,2位のクラスです。

競技結果

個人賞  1年 1位 49枚     2位 44枚     3位 39枚      

     2年 1位 56枚     2位 44枚     3位 41枚

 団体賞 1年 1位 1-2     2位 1-1 

               2年 1位 2-4                  2位 2-3

 

令和4年度卒業生を囲む会

 3月24日(金)、令和4年度卒業生を囲む会が行われました。

 この行事は、卒業生が体験した受験の話を聞くことにより、進路決定に向けた在校生の学習意欲を喚起するとともに、進路意識醸成の一助とすることを目的としています。

 つい先日まで在校生だった先輩からの話は、1,2年生にとってイメージが伝わりやすく、真剣に耳を傾けていました。質疑応答の時間では多くの質問が出ていました。

 卒業生の話にもありましたように、今日の話を聞いてすぐ行動に移せる人は少ないかもしれませんが、ぜひ一人一人が自分の進路に真剣に向き合うことで、主体的に進路決定できるよう努力して欲しいと思います。

 いつからやるか、今からです!

 

     1年生会場            2年生会場

令和4年度卒業式

3月1日(水)、第1体育館にて第35回卒業式が挙行されました。

春の訪れを感じさせる暖かな気候に恵まれての卒業式となり、卒業生を送る最良の日となりました。

感染状況を踏まえて国歌や校歌の斉唱はありませんでしたが、厳粛な雰囲気の中で卒業生の門出を祝いました。

在校生代表送辞では、卒業生との思い出を振り返り、別れを惜しみながらも、感謝とお祝いの言葉を贈りました。

卒業生代表答辞では、学校生活を支えてくれた保護者の方々、教員、後輩たちへ感謝の言葉を伝えました。そして、今後自分たちで切り拓いていく未来に向けての強い決意を述べました。

送辞も答辞も代表生徒の心のこもったメッセージに会場は聞き入っていました。

ご子息・ご息女を一番近くで見守り、ときには叱咤激励しながら、この3年間寄り添ってこられた保護者の皆様におかれましても、その喜びはひとしおではなかったかと拝察いたします。本日無事卒業式を迎えられましたのも、保護者の皆様の本校の教育活動に対するご理解とご支援の賜物であると、本校職員一同、厚く御礼申し上げます。

3年生の皆さん、卒業おめでとう!

 

      卒業生入場         卒業証書授与

 

    在校生代表送辞          卒業生代表答辞

国際医療福祉大学との高大連携協定を締結しました

 1月12日(木)国際医療福祉大学大田原キャンパスにおいて、本校と同大学(学長:鈴木康裕氏)とが高大連携協定を締結し、調印式が行われました。これまでも本校のキャリア教育のため出前授業や大学見学等にご協力いただいておりましたが、協定の締結により一層お力添えいただき、本校生徒の進路選択に結びつく連携事業を進めていきます。医療系を志す生徒はもちろん、すべての生徒が、社会の一員としての役割を理解し、進路実現に向け主体的に行動していくことを目指していきます。

 

3年共通テスト激励会

1月13日(金)、3年生の共通テスト受験生に対し、激励会を実施しました。

本校校長より、今まで支えてくれた人たちやこれまでの道のりを思い出しながら力を尽くしてほしいとの話がありました。

また、進路指導部長からは、ゲーム感覚のように楽しむ心の余裕があると力が発揮できるとの話がありました。

最後に校長が音頭を取り、教職員が受験生に向けてエールを送りました。小西生、頑張ってください!

 

共通テストまであと3週間

先日、共通テスト受験者に対して受験票と受験場の注意を配付・説明しました。
新型コロナウイルス感染症関連、持参物など、この時期に注意すべき事項を確認しました。

また、本日教室棟から見えるように管理棟の2階に大きく印刷した「頑張れ3年生」を掲示しました。共通テスト、私大入試、国公立二次試験と大変な日々が続きますが、風邪など引かぬよう頑張って欲しいです。
そして、この掲示物を見た1,2年生が来年・再来年は今度は自分たちの番であることを意識し続けて欲しいと思います。

3年生諸君、是非、栄光を勝ち取りましょう!

 

橡(とちのき)文芸賞・散文部門で佳作受賞

上記の賞を2年生の藤本希珠さんが小説作品「もうエスケープはしない」で受賞しました。

橡文芸賞とは本県の文芸部活動の中で上位大会の全国総文祭に繋がる最も権威のある文芸賞です。

惜しくも上位大会は逃しましたが、藤本さんは昨年度も同部門で奨励賞を受賞しており2年連続の入賞です。

写真は12月16日(金)に宇都宮高校で行われた表彰式で賞状を手渡された藤本さんの記念写真です。

 

修学旅行4日目

最終日は、震災遺構仙台市立荒浜小学校にて震災学習を行いました。

そこでは、荒浜小学校における、地震発生から避難、津波の襲来、そして救助されるまでの経過を写真や映像で振り返るとともに、災害への備えについて生徒たちは真剣に学ぶことができました。

そのあと仙台駅へ向かう途中仙台うみの杜水族館に立ち寄り、探究学習を行いました。

 


修学旅行は本日で終了となります。

生徒たちはこの4日間で普段の生活では経験できない事にたくさん触れ、大きく成長したのではないでしょうか。今回の修学旅行の経験をこれからの学校生活に生かしてほしいと思います。

修学旅行3日目

3日目は函館にて班別研修を行いました。

五稜郭や五稜郭タワー、赤レンガ倉庫、函館朝市など函館の歴史や文化に触れることができました。

夕方には世界三大夜景に選ばれた函館の夜景を観賞する日程でしたが、あいにくの悪天候で夜景はほとんど見られませんでした。

明日はいよいよ最終日です。

震災遺構仙台市立荒浜小学校にて震災学習を行います。修学旅行の締めくくりとして有意義な活動にしましょう。

修学旅行2日目

2日目は異文化学習と自然体験が主な日程でした!
アイヌ文化との交流は、生徒たちにはとても新鮮で、積極的に異文化に触れようとする姿は目を見張るものがありました。
自然体験は、有珠山のロープウェイに乗り、有珠山や昭和新山の成り立ち、現状を学びました。ガイドさんの話を熱心に聞き、防災意識が高まったかと思います。
クマ牧場ではヒグマへの餌やり体験をしました!
3日目は函館で自由研修となります。充実した1日になるように体調管理等を徹底して過ごしていきます。

 

修学旅行1日目

本日は小樽観光・札幌市内散策が主な日程でした!

慣れない飛行機移動などで少し疲労がありましたが、北海道の冷たい空気がその疲労を一気に吹き飛ばしてくれました。

雪が舞う中での小樽観光でしたが、その雪が小樽の風景をより幻想的なものにしてくれました。生徒たちも楽しく小樽の街並みを観光することができました。

札幌市内散策でも雪が止むことはありませんでしたが、思い思いに散策をすることができました。

明日はアイヌ民族の文化にふれる活動や北海道の大自然を体感することができる活動が予定されています。体調管理をしっかりと行い、2日目に臨めるようにしたいと思います。

帝京大学宇都宮キャンパスと高大連携事業に関する協定を締結

11月25日(金)、帝京大学宇都宮キャンパスにおいて、同キャンパスと本校の高大連携事業に関する調印式が実施されました。従来より同キャンパスには、本校の卒業生が進学しているだけでなく、大学見学や出張講義等でお世話になっておりますが、この度の協定締結を通して更に連携を強化し、交流を深めていきたいと考えています。

3年一般選抜対策プロジェクト第3回

11月22日(火)、3年生に対して一般選抜入試対策プロジェクト第3回を実施しました。

第3回目であるこの日は、河合塾から講師をお招きし、「受験環境と共通テスト」「これからやるべきこと」などを聞きました。

前半の「受験環境と共通テスト」では、共通テストとセンター試験との違いや18歳人口減からみる受験など、この時期だからこそ改めて受験生として知ることで見えてきたことがあったのではないでしょうか。

また、後半の「これからやるべきこと」では、勉強について「できるようになったのか、そうでないのか」という視点、模試活用のポイントなど2学期多くの模試を受けた生徒にとって何をなすべきかが分かったと思います。

講演最後に「1.01の60乗は1.8になる、共通テストまで約60日。諦めずにやることが伸びる要素」と締めくくり、それを聞いた生徒も少しずつファイトが沸いてきたように感じました。頑張れ、小西生!

 

1・2学年 大学出張講義

11月8日(火)、1・2学年の大学出張講義を実施しました。

上級学校の講義を直接体験し、進路についての意識を高めることなどを目的としています。食物学、国際関係学、教育学、機械工学、情報通信学など21の分野に分かれて講義を聞きました。

今年度は2つの講義を受講し、生徒自身が興味関心がある分野でどのような学びが大学で待っているかに関して少し触れることができました。実施後の振り返りのアンケートの記入の様子から学びの意欲に火がついたことが見られました。

この経験を一つのきっかけとして進路探究を深めてほしいと思います。

 

3年一般入試入試対策プロジェクト

9月27日(火)、3年生に対して一般選抜入試対策プロジェクトを実施しました。

このプロジェクトは、推薦型選抜入試の受験期と平行して一般選抜入試受験者にも時期に即した受験情報や学習アドバイスを提供し、受験不安の解消や意欲喚起を図ることを目的としています。

初日であるこの日は、本校校長からの激励から始まりました。迷ったら困難な道を選択することの大切さや自身の受験体験を織り交ぜた受験期のアドバイスなど多くの事が伝わったと思います。

また、3学年主任の方からも、学力は基本的なところをやることによって伸び、伸びれば楽しくなる。楽しくなるために努力を継続していくなどの話しがありました。

共通テストまで110日を切りました。この受験期を全力で走り抜けるよう、学校全体で応援します!

校長先生の話    学年主任の話

      校長の話              学年主任の話

令和4年度 県民の日記念文化講演会

6月13日(月)、県民の日記念文化講演会を実施しました。
 
 今年度の講師は、元陸上競技(短距離)選手で、現在は中京大学短距離コーチ・ミズノブランドアンバサダーでいらっしゃる市川華菜先生です。ロンドンオリンピック女子4×100mR出場、女子4×100mR、女子4×400mRの日本記録保持者です。
 講演会は、陸上競技を始めたきっかけから、引退するまでの話を過去の動画や写真を見せるなどして、あっという間の50分でした。その後、生徒からの質問について丁寧に回答を頂き、最後に、今月17日から始まる陸上競技の関東大会に出場する本校の女子4×100mRメンバーへ貴重なアドバイスも頂きました。
また生徒の振り返りにもありましたが、「人間は、喜びや楽しさよりもどん底の悔しさをバネにすることで、力を発揮できる」というメッセージが非常に印象に残りました。
 
講演会演題

出場大会の動画視聴
 
関東大会出場選手へのアドバイス

生徒代表感謝の言葉
 

令和4年度 校内球技大会

6月2日(木)、令和4年度の校内球技大会が実施されました。
予定では5月31日(火)に実施でしたが、雨天のため延期となりました。
6月2日(木)の朝は、5月31日(火)とは違い、朝から晴天でまさに球技大会日和といった天候でした。

ソフトボール、テニス、バレーボール、バドミントン、卓球の5種目の球技にクラス代表が参加し、
学年関係なく総得点を競うシステムになっています。
上級生が貫禄を示す試合があったかと思えば、下級生がチームワークよく上級生を上回る試合もあったりして
非常に見応えがありました。

総合結果は優勝2年1組、準優勝3年3組、3位3年2組という結果となりました。
延期にも対応し準備に携わっていただいた体育委員などの生徒諸君、大変お疲れ様でした。
 
開会式

バドミントン
 
バレー 

卓球

PTA第3学年部会・進路ガイダンス

530()PTA3学年部会・進路ガイダンスを実施しました。

受験期となった第3学年に対し、様々な方々がその立場に立って挨拶・説明されました。
新型コロナの影響で行動制限が続いていますが、今こそP(ペアレント)T(ティーチャー)の連携を強化し、受験生を支えていきたいと感じました。

 

後半では3年ぶりに進路ガイダンスを実施しました。第1体育館、第2体育館、3年の教室などを使用し、多くの上級学校による学校説明や入試説明を生徒と保護者が聞くことができました。

 

それぞれの大きな希望を叶えるための勝負の1年です。頑張っていきましょう!
 
PTA会長挨拶

学校長挨拶
 
学年主任挨拶

進路ガイダンス・第1体育館での様子
 
進路ガイダンス・第2体育館での様子

進路ガイダンス・教室での様子

令和4年度 新任式・前校長離任式

4月11日(月)、令和4年度の新任式を行いました。
今年度は全クラス教室でリモートによる視聴を実施しました。
 
今年度本校に新しく赴任された先生から一人ひとりメッセージがあり、大きな期待が膨らみました。
 
その後、髙木伸一前校長先生の離任式を行いました。本校在職中の生徒であった現2,3年生のみが参加しました。前校長先生から「リーダーシップを目指すことだけではなく、フォロワーシップという視点でも己を磨いて欲しい」とのメッセージをいただきました。
 
令和元年度から3年間在職中大変お世話になりました。新天地でもご活躍されますことを、生徒・職員一同祈念しております。
 
新任の先生の挨拶

生徒代表歓迎の言葉
 
前校長挨拶

生徒代表お別れの言葉

 

令和4年度 始業式・離任式

4月8日(金)に始業式を行いました。
感染対策としてMicrosoft Teamsを使い、各クラスでリモートによる式となりました。
昨年は放送による実施でしたが、今回は映像がある分、臨場感が高まり、生徒も校長式辞をより一層集中して聞いていました。
 
また、その後には第1体育館にて、令和4年度の離任式を行いました。離任される先生方と関係した2,3年生のみの参加で実施しました。
生徒たちは、離任される先生方の話を熱心に聞いていました。
離任される先生方におかれましては、在職中大変お世話になりました。新天地でもご活躍されますことを、生徒・職員一同祈念しております。
 
始業式での校長式辞
離任式
 

令和4年度 入学式

4月7日(木)に本校第1体育館にて、令和4年度の入学式を行いました。
新入生は先日受け取ったばかりの真新しい制服を着て、緊張した面持ちで教室に集合しました。
 
入学式では、クラス毎に整列・入場し、校長先生のお話に熱心に聞き入っていました。校長先生からは「自ら問いを立てて考える」「自分も相手も大切にする」などのお話がありました。
 
新入生代表の宣誓では、代表生徒が入学に際しての抱負を元気よく、宣誓してくれました。
 
 最後になりますが、保護者の皆様、お子様のご入学、誠におめでとうございます。本校の教職員一同、大切なお子様の教育活動に携われることを大変嬉しく思っております。保護者の皆様と手を携えてお子様の成長を支援していきたいと思いますので、本校教育活動へのご理解・ご協力をお願い申し上げます。
 
入学式全体の様子

校長式辞
 
新入生代表宣誓

校歌演奏
 

令和3年度 卒業生を囲む会

 本日令和3年度卒業生を囲む会が行われました。今回も昨年度同様、1,2年生違う会場で卒業生の合格体験談を聞く形にしました。
 この行事は、卒業生が体験した受験の話を聞くことにより、在校生の進路決定に向けて、学習意欲を喚起するとともに、進路意識の熟成の一助とすることを目的としています。
 つい先日まで在校生だった先輩からの話は、1,2年生にとってイメージが伝わりやすく、真剣に耳を傾けていました。質疑応答の時間では多くの質問が出ていました。
 卒業生の話にもありましたが、今日の話を聞いて行動を取れる人は少ないかもしれませんが、それが周囲に波及し大きな波になって欲しいと思います。
 
2年生会場

2年生会場発表
 
1年生会場

1年生会場発表
 

令和3年度 修業式

 本日令和3年度修業式が行われました。今回は前後左右に十分距離を取った形にして久しぶりに体育館での実施となりました。
 校長式辞を放送だけで聞くのとは違い、目の前で話をする側と話を聞く側がいる環境は、お互いに話しやすく聞きやすかったと思います。
 また、修業式後には、学習指導部長と生徒指導部長から、春休み中の過ごし方や今年度の振り返り、そして、来年度に向けての話がありました。
 今後も新型コロナウイルスの状況を見ながら体育館での実施を模索していきたいと考えます。
 
修業式全体の様子 

校長式辞
 
学習指導部長の話

 生徒指導部長の話
 

令和3年度 卒業式

 3月1日(火)、第1体育館にて第34回卒業式が挙行されました。
 暖かな天候に恵まれての卒業式となり、卒業生を送る良い日となりました。
 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、参加者を制限し、国歌や校歌を斉唱せずに静かに聞き、厳粛な中で卒業生の門出を祝いました。
 在校生代表送辞では、卒業生との思い出を振り返り、別れを惜しみながらも、感謝とお祝いの言葉を贈りました。
 卒業生代表答辞では、新型コロナウイルスによる感染症の影響などを受けた激動の学校生活を支えてくれた保護者の方々、教員、後輩たちへ感謝の言葉を伝えました。そして、今後自分たちで切り拓いていく未来に向けての強い決意を述べました。
 保護者の皆様には、本校の教育活動にご理解をいただき、ありがとうございました。本日無事卒業式を迎えられましたのも、保護者の皆様のご支援の賜物であると思います。本校職員一同、重ねて厚く御礼申し上げます。
 
校長式辞

在校生代表送辞
 
卒業生代表答辞

三学年の先生方

タブレット及び電子黒板を使用したプレゼンテーション

12月15日(水)

 1年生コミュニケーション英語Ⅰの授業において、今年度導入されたタブレット及び電子黒板を用いたプレゼンテーションを実施しました。廃油を集め、バイオディーゼル燃料に加工しながら世界中を車で走行した山田周生さんの旅行記の内容をより深めると共に、テキストに出てきた表現をアウトプットすることを目的としました。旅行代理店の社員であるという場面設定の下、グループで北アメリカ各都市について調べ、英語で紹介しました。プレゼンテーションの準備には、タブレットを用い、また、発表には自分たちで作成したパワーポイントを使用しました。スクリーンに各都市の名所を映し出し、その魅力を英語で発表しました。緊張しながらも、熱意が伝わる発表となりました。自身の発表を振り返り、反省点も多く出ましたが、今後の発表や英語の学習につなげてほしいと思います。

白鷗大学と高大連携協定を締結しました

 11月24日(水)白鷗大学本キャンパスにおいて、白鷗大学(学長:北山修氏)と本校が高大連携協定を締結し、調印式が行われました。これまでも本校のキャリア教育のために出張講義などを行っていただきましたが、今回の協定の締結を契機に、相互に連携し交流をより深めることで、地域社会や国際社会に貢献できる人材の育成を目指していきます。毎年20名前後の卒業生が白鷗大学に進学していることから、ロールモデルとなる大学生との交流なども実現させ、本校の「キャリアクション・プロジェクト」をより実りあるものにし、個々の進路実現につなげていきたいと考えています。

令和3年度 持久走大会

11月13日(土)、第35回創立記念持久走大会を実施しました。
  

自己の能力に応じた目標を設定し、安全に留意しながら体力の向上を目指すとともに、より高い目標に挑戦しようとする精神を養うことなどを目的としています。
男子20㎞、女子15㎞の距離を、ほとんどの生徒が自分のペースを守って最後まで完走できました。
また、大会運営に関しては多くの保護者の方にご協力していただき、ありがとうございました。
 
出発直後の様子

コース途中の様子
 
女子一位のゴールの瞬間

男子一位のゴールの瞬間
 

Web一日体験学習

Web一日体験学習のページを公開しました。是非、本校の様子をご覧下さい。

令和3年度 校内体育大会

 9月22日(水)、校内体育大会を実施しました。
 晴れ渡った中で、運命の分かれ道、障害物競走、色別対抗リレー、借り物競争、仮装リレー、クラス対抗リレーの6競技が行われ、競技ごとに与えられる点数の合計をクラス間で競い合いました。
 また、競技の間にはダンス部や音楽部の発表も行われ、一糸乱れぬ団体ならではの迫力あるダンス部のパフォーマンス、聴衆が自然と手拍子をする音楽部の演奏は大変素晴らしいものでした。
 結果は、第1位3年5組、第2位3年2組、第3位2年3組でした。
 
運命の分かれ道

ダンス部発表
 
音楽部発表

借り物競走
 
仮装リレー 

クラス対抗リレー

一日体験学習について

今年度の一日体験学習はWeb一日体験学習にいたします。
なお、事前に一日体験学習を申込みした方には後日中学校を通じて資料を配布いたします。

一日体験学習について

8月20日(金)実施予定の一日体験学習は実施を見合わせることといたします。
なお、今後の対応につきましては、後日改めてお知らせいたします。

防災食実習

防災食講習会を実施しました。
家庭クラブとJRC部共催で、ポリ袋クッキングに挑戦しました。参加者は限定されてしまいましたが、みな熱心に講習会に臨み、防災意識を高めることにつながりました。

令和3年度 県民の日記念文化講演会

 6月14日(月)、県民の日記念文化講演会を実施しました。
 
 今年度の講師は千葉工業大学未来ロボット技術研究センター所長の古田貴之先生です。原子力発電内の探索ロボットや移動補助ロボットなど多種多様なロボットを開発されています。
 講演会は先生自身がロボット博士になりたいという強い思いを持ったきっかけや学問に対する考え方など様々なことについて話して下さいました。
 生徒の振り返りにも書いていましたが、「嫌いなことは60%くらいで良い、好きなことをとことんやって欲しい」というメッセージが非常に印象に残りました。
  
講演中

生徒とのやりとり
  
質疑応答

生徒会長お礼の言葉
 

令和3年度 校内球技大会

6月1日(火)、校内球技大会を実施しました。
昨晩降った雨が校庭に残っていて実施が危ぶまれましたが、生徒が率先して7時前から学校に来て校庭の水取りを懸命にしたこともあり、開催することができました。

実施競技はソフトボール、テニス、バレーボール、バドミントン、卓球の5競技です。クラスで代表となった誇りを胸に正々堂々、激しい戦いが繰り広げられました。

総合結果は優勝3年5組、準優勝3年3組、第3位2年5組でした。
クラスメートの意外な一面も見られて濃厚な一日だったと思います。

  
朝の校庭の水取り

ソフトボール
  
テニス

バレーボール
  
バドミントン

卓球

キャリアクション・プロジェクト~職業と地域のかかわり~

5月17日(月)6,7時限 1学年対象とした「キャリアクション・プロジェクト」を実施しました。

本校同窓会副会長の露崎様とPTA会長の戸田様を講師に招き、日産自動車総務と栃木市役所職員の立場から、それぞれ貴重な経験を伝えていただきました。生徒は、ものづくりやまちづくりに多くの人が携わり、地域を支えていることを知ることが出来ました。また、将来社会の一員として、自分自身がどのように地域貢献出来るかを考える良いきっかけとなりました。ありがとうございました。