平成28年度 交通講話

平成28年度 交通講話が928日に実施されました。

講師は、足利警察署 交通総務課 企画規制係長 松島 正幸 様で、自転車運転上の危険に関するDVDを観て、講演をしていただきました。普段、大丈夫だろうと思ってしてしまう運転も事故に遭う危険があること、事故に遭うと被害者でも加害者でもとても大変なことになることを再確認しました。

 
 

関東地区高等学校文化連盟将棋大会及び全国高等学校将棋選手権結果報告

27回 関東地区高等学校文化連盟将棋大会栃木県予選において、11組若松 佑弥が第3位に入り、1223日に行われる関東大会への出場を決めました。

 

また、下の写真は広島県福山市で行われた、全国高等学校将棋選手権での若松の対局模様です。

予選リーグで22敗となり、健闘及ばず、敗退となりました。後1勝していれば決勝トーナメント進出でした。

 

 

平成28年度栃木県高等学校ソフトテニス新人大会


924日(土)、25日(日)に県新人大会に参加してきました。

 24日は宇都宮市の屋板運動場で個人戦、25日は栃木県総合運動公園で団体戦が行われました。

 

 個人戦では10ペアが参加し、広瀬(2年)・金原(1年)ペアが準優勝しました。この結果により広瀬・金原ペアは、1010日(月)の栃木県ソフトテニス総合選手権に出場が決定しました。

 


 団体戦の結果は以下の通りです。ベスト8となり、
1223日(日)に行われる栃木県高校選抜ソフトテニス大会兼関東高校選抜ソフトテニス大会県予選への出場権を獲得しました。

   1回戦:対那須清峰  2−1

   2回戦:対さくら清修 2−0

   3回戦:対矢板中央  0−2

 

 今回出場権を獲得した上位大会はもちろん、今後の大会についてもチーム全員で勝利を目指して練習していきたいと思います。今後も応援よろしくおねがいいたします。

 

第60回 ヤングの主張コンクール

第60回 ヤングの主張コンクールにて、1年5組濱田博貴「選挙から見た私達の未来」が第1位、1年1組湯本智彦「機械は『喜怒哀楽』を感じるか」が第3位を獲得しました。落ち着いて堂々とした主張をしていました。

 

8/30(火)の日程について

8/30(火)は、台風10号が上陸する可能性があるので、
午前中は休校とし、午後から授業を行います。
13:00~  SHR
13:15~  5,6,7限の授業となります。
河川の増水や、強風等十分注意して登校してください。
登校できない状況にある場合、担任に連絡してください。
なお、昼食の弁当販売はありません。
 

平成28年度 主権者教育出前授業

公職選挙法の改正により、選挙権年齢が「満18歳以上」に引き下げられたことから、2年生、3年生を対象に主権者教育出前授業を行いました。
最後には、架空の市長選という内容で、実際に使用される投票台と投票箱を使って、模擬選挙を実施しました。
今回の講座から、選挙制度の理解を深め、選挙の大切さを実感できたと思います。

 

 
 

SSH

SSH通信第51号(H28.8.29).pdf
 SSH生徒研究発表会(神戸国際展示場)
 マスフェスター数学生徒研究発表会ー(京都大学)
 

第13回対抗戦本戦


平成
28年度第13回対抗戦本戦が76日(水)太田高校にて盛大に行われました。

30年にも及ぶ歴史を持つこの伝統的行事は「質実剛健・文武両道」を校訓とする足利高校・太田高校がお互いの威信とプライドをかけて全力でぶつかり合う男同士の戦いです。今年度の本戦では「一般戦」(ソフトボール、バスケットボールなどの球技やクイズ、オセロ・将棋などの頭脳戦)と運動部が日頃の練習成果を競う「部戦」が行われました。両校ともレベルの高い激戦を繰り広げました。結果は太田高校の勝利で、対戦成績は76敗となり、太田高校が一歩リードする形になりました。2年後は舞台を足利高校に移して行われます。ぜひその時には足利高校が勝利できるようにがんばりたいと思います。

 この対抗戦であたたかく私たちを迎えてくださった、太田高校の職員、生徒のみなさん、PTAの方々には深く御礼を申し上げます。また、本校の来賓として来ていただいた皆様と各競技をご指導いただいた各方面の方々に感謝いたします。大変お世話になりました。




          

 

平成28年7月6日 〜太田高校との対抗戦〜

群馬県立太田高等学校との対抗戦

1.対抗戦の始まり

 群馬県では、前橋高−高崎高や渋川高−沼田高の「定期戦」が行われています。太田高と足利高は、地理的にも歴史的にも関連が深く、また進学校として似たような性格を持つので、学業やスポーツにおいて競い合う意味は大きいから「対抗戦」を行おうではないかという申し入れが太田高からあり、快く受けて立つこととなりました。

2.対抗戦の趣旨

 歴史と伝統に恵まれた太田・足利両校の生徒が、本対抗戦を通じて相互の学際的・社会的視野を広め、親睦を深めることを目的とし、両校の質実剛健の校風を実践しつつ、各人が切磋琢磨することによって、人格の向上と主体性の確立をはかるものである。〜対抗戦規約より

3.対抗戦について

 対抗戦は全生徒同士で行う本戦(2年に1回)と、部活動同士で行う部戦(毎年)があります。本戦には一般戦と部戦があり、一般戦の競技種目やルール等は各校の対抗戦実行委員で組織する合同本部会で決定されます。平成22年度の本戦では、一般戦はソフトボール、オセロ・将棋、クイズ、バドミントン、ドッヂボール、バスケットボール、サッカー、バレーボール、リレー、ミニ駅伝、綱引きの12種目で行われました。部戦は野球、サッカー、ラグビー、バスケットボール、バレーボール、ハンドボール、卓球、バドミントン、ソフトテニス、テニス、柔道、剣道の12種目で行われました。
 本戦は、2年ごとに会場を移して行っています。平成22年7月7日、足利高校にて行われ、351対264で本校が勝利し、足利高校5勝、太田高校5勝となりました。
 平成24年度は7月5日太田高校で行われ、悲願の勝ち越しを達成した。
 平成26年度は対抗戦本戦が足利高校で行われ、足利高校233対354太田高校で敗北してしまい、また、五分と五分の結果に戻りました。
 平成28年度の対抗戦本戦は太田高校にて7月6日に行われます。また、本戦の日とは別の日程で行われる部戦は、野球部が6月18日足利市総合運動公園硬式野球場、ハンドボール部が7月3日足利高校体育館にて行われます。

 

お知らせ

平成28年度一日体験学習の要項をアップしました。
 
特殊詐欺にご注意下さい

足利警察署より、各高校の同窓会名簿等を悪用した振り込め詐欺など特殊詐欺の事案が発生しているとの連絡がありました。同窓生の皆様におかれましては、ご家族とも連絡をとり、特殊詐欺の電話には十分ご注意下さいますようお願いいたします。また、個人情報の取り扱いにも十分ご注意下さいますようお願い申し上げます。

 

お知らせ

平成28年度一日体験学習の要項をアップしました。


平成28年度足利高校学校案内をアップしました。
学校案内.pdf
 

保健室より

治癒証明書がダウンロードできます。
治癒証明書(足高).pdf

感染症流行期における健康管理について
感染症流行期における健康管理について.pdf