栃木県立黒磯南高等学校   ーちゃんみーちゃん

 

アメリカ海外研修現地レポート(日本時間3月23日(木)13:58)

アメリカ海外研修現地レポート(日本時間3月23日(木)15:58)
 
現地22日(水)  雨のち晴れ。 今日の天気は、みんなの気持ちをそのままにしたような、雨のち晴れでした。「今日は、さよならパーティーなんですね」そんな声が、いくつか聞かれました。ここオーバーンの地に立ってはや2週間が過ぎようとしています。多くの生徒は初めて外国の地に立ち、初めて外国の空気を吸い、初めて外国の風景を目にしました。そして初めて、外国の地で外国の方に「Nice to meet you!」握手を求められました。普段の日本での挨拶とは全然ちがう。じっと見つめられる瞳に気恥ずかしさと少しの不安と、嬉しさを感じ、握手の手を差し伸べたあの日、ホームステイの家族と笑顔でハグを交わしたあの日から、2週間が経ちました。
 この2週間、様々な思いがよぎりました。次は彼らと何をはなそうか、自分は次にどうすべきか。思いが通じた時の嬉しさ。通じ合えたと感じた時の感動は言葉になりません。夜になると、いつも少し、日本の家族のことを考えていました。 「自分の人生にとって、かけがえのない2週間だった」そして、「またここに来たい」みんなが、そう感じています。
 今日の天気は雨のち晴れ。 今日はさよならパーティーなんですね。そう話していた生徒達も、みんな一生懸命に、笑顔で準備に取りかかりました。 色をぬって、飾りをつくって、出し物のことも考えて。その合間に、家族に何をつたえよう、どう感謝の言葉を伝えようかと、考えました。手紙も書きました。
 握手することにも戸惑いを感じた私たち。異文化を肌で感じた2週間。今ではどんなこともしっかり伝えられる。自信に満ちています。家族に、しばしの「さよなら」を伝えなければなりません。もちろん、「ありがとう」も。
 さよならパーティー詳細はまた後日。 私たちが日本に帰るまで、お見守りください。
 

 

アメリカ海外研修現地レポート(日本時間3月23日(木)0:36)

アメリカ海外研修現地レポート(日本時間3月23日(木)0:36)
 現地21日(火)  一日プラサー高校で勉強です!
今日午前はケイティ先生がアートの授業をしてくれました。実はケイティ先生、アーティストです。みんなが行ったいくつかのお店にもケイティ先生の絵が飾ってありました。ケイティ先生の家にもたくさんの絵がかけてありました!みんな一生懸命に描きました!全員アーティストですね!
 アメリカでは、至る所に絵がかけてあります。お店やホテルの壁に、何もかかっていないということはありません。必ず絵があり、その空間を彩っています。家庭でも、好きな絵をそれぞれの空間にかけることはごく普通のことのようです。日本にはあまりない文化で、とても憧れる文化のひとつです。みんなも、自分の絵を飾ろう!
 午後はシーシー先生のダンス授業になりました!シーシー先生のヒップホップダンスはプロ並みでした!空手もできるし、歌もうまい。どの先生もそれぞれに得意分野を持っていて素晴らしい方々です。みんなもノリノリで踊りました!hey!yo!!
  
 

アメリカ海外研修現地レポート(日本時間3月22日(水)3:37)

アメリカ海外研修現地レポート(日本時間3月22日(水)3:37)
 20日(月)曇りのち雨!研修中、初めての雨が降ってしまいました。今日はオーバーンからバスで3時間、サンフランシスコへ行ってきました。今回の研修で、飛行機で初日に降り立った場所がサンフランシスコで、カリフォルニア州の中でもとても大きな市です。サンフランシスコという地名は日本人にとってもとても馴染みのある名前ですね!ゴールデンゲートブリッジはとても有名な場所です。サンフランシスコはこの研修の中でもメインになるイベントで、みんな楽しみにしていました。
 ゴールデンゲートブリッジはとにかく大きい。1937年に完成と書いてありました。今年がちょうど80年です。80年もの昔からこんなに大きな大きな橋があったなんて。アメリカの発展がいかに早い時期からのものか、改めて驚きました。歩きながら右手には小さな島、アルカトラズ島が見えます。昔、囚人達を収容した孤島の刑務所。いまは観光地となって当時の風景を残しています。あいにくの曇りと雨でしたが、ゴールデンゲートブリッジを南から北へ、全長2737m、歩ききることができました!途中から小雨からやや強い雨にあたることになってしまいましたが、雨具は準備してありました。「Did you enjoy the shower?」シーシー先生はこう聞いてくれました。  そうです、何事も楽しむことです!
 その後は市内散策、映画等でも有名なサンフランシスコのケーブルカーにも乗ることができました。路面電車すら日本では珍しいもの。大都市の中を走るノードアのケーブルカーはとても魅力的です。  サンフランシスコはとても坂の多い都市。日本の箱根のような急な勾配が広がっています。ケーブルカーにのって坂を見下ろす風景はとてもエキサイティング!
 その後はフィッシャーマンズワーフという港町でショッピングです。夕食もみんなで食べることができました!
 とても楽しかったサンフランシスコ。この研修も終盤に入っています。残りの研修もがんばって、多くの土産話を持って元気に日本に帰ろう!
  
 

アメリカ海外研修現地レポート(日本時間3月20日(月)14:58)

アメリカ海外研修現地レポート(日本時間3月20日(月)14:58)
 現地18日 19日 (土日)曇りのち晴れ。パラつく雨はありましたがとても心地よい天気でした。土日はそれぞれ、ホームステイを楽しんでいます。みんな元気です。
 土曜日、私たちは生徒のホームステイ先のライアン先生シーシー先生家族と空手の見学に出かけました。もちろん生徒も一緒です。  ライアン先生は空手のスペシャリストです。本校生もひとり、空手に参加しました。空手は中国から日本に伝わり発展した文化です。今ではアメリカでも盛んに行われているようです。  型を披露してくださいました。型のひとつひとつは、日本語で1、2、3、4、と数えます。日本人として少し誇らしい気持ちになりました。ライアン先生、シーシー先生の空手はとてもかっこよかったです。
 日曜日、ケイティ先生の家族が食事に招待してくださいました。こちらももちろん生徒が一緒です。アメリカの家族はとてもフレンドリーで、その中にもアメリカ流の礼節があり、素敵な家族でした。明るく仲良く、それは日本も同じ。生まれや国を大きく越えた何かを感じた2日間でした。
 明日はサンフランシスコへ!晴れることを願います!
   
 

アメリカ海外研修現地レポート(日本時間3月19日(日)15:27)

アメリカ海外研修現地レポート(日本時間3月19日(日)15:27)
 本日17日(金)晴れ!オーバンに来てから晴れ晴れ晴れの連続、雨は一度もありません!現地の人も「カリフォルニアの今頃は雨が多いですよ」とおっしゃっていましたが、晴れはラッキーです!誰が晴れ男、晴れ女なのでしょう!?
 今週も金曜日を迎えました。今日はプラサー高校のクラスへ行って、南高生が主催の交流授業です!日本で時間をかけて準備をしてきました、折り紙(手裏剣!)のクラスと、書道を教えるクラスの2つを拝見させていただきました!折り紙は小学校での紙飛行機もしましたが、今回の手裏剣はさらに難易度が高いです!でもみんな教えるのが上手で、机をひとつひとつ回って教えていました。手裏剣を投げて遊ぶプラサー高校の生徒も!このようなことで、日本に興味を持つきっかけになってくれたら嬉しいです。
 書道のクラスも上手にできました!みんな教えるのもうまい。準備もよく考えていました。カタカナや簡単な漢字を教えました!黒磯南高に留学生が来た時にも思うことですが、アメリカの方が書く筆の漢字はなんとも魅力的です。みんながしっかり先生になって、文化を伝えることができました!
 今日はHalf day。 午前中で放課です!金曜日なのです!昔の土曜日みたい。日本の学校にもそんな日がほしいですね!?でもプラサー高校の生徒もたくさん勉強しています!
 午後は迎えを待つ生徒達を、ケーティー先生が散歩に連れて行ってくれました。プラサー高校のすぐ横の丘の上へ。とても大きい運動場では陸上の大会が行われていました。長い長い線路のある道を横切り、小川のほとりを歩きました。大きな倒木が小川を渡しています。牧場には馬がいました。スケボー専用の広場、市民交流の場が広がっています。丘の上は遠くの山が一面に広がる絶景ポイント。素晴らしい眺めでした。思わずヤッホーー!!叫びたくなる。それぞれに笑顔で帰宅しました。
 早くも一週間が過ぎ、土日です。長い研修も残すところわずかとなっています。寂しいですが、元気に帰れるよう、みんな土日も楽しく乗り切ろう!
  

 

那須塩原魅力体験ツアー参加②

那須塩原魅力体験ツアー参加②
 3月16日(木)17日(金)国の地方創生事業として、那須塩原市シティプロモーション課とNPO法人まちプロの企画運営による、大学生のワークショップツアー『那須塩原魅力体験ツアー』が開催され、本校美術部生徒と、美術系進学希望生徒が高校生代表として参加しました。
 16日(木)午前中の乗馬体験に続き、午後は、まず、板室温泉の旅館『大黒屋』さんの世界に誇る現代美術コレクションを見学させていただき、オナーの室井さんから直々に現代美術の作家をサポートし続けている熱い想いをお聞きしました。黒南高の美術部生徒達は、室井さんの考え方・現代美術コレクションを誇る旅館『大黒屋』さんに、すっかり魅了されてしまったようです。
 さらに17日(金)午前中にかけて、
『大黒屋』さんの開催する全国規模の現代美術コンクールの入賞・入選作品に囲まれた会場で、『那須塩原魅力体験ワークショップが行われました。那須塩原出身の若い参加者各自が自分の魅力を見直し、さらに磨きを掛け、活かしていくことで、最終的に那須塩原の魅力に結びついていくという趣旨のワークショップでした。
  
  
 

アメリカ海外研修現地レポート(日本時間3月17日(金)15:46)

アメリカ海外研修現地レポート(日本時間3月17日(金)15:46)
 現地16日(木)、本日も晴れました! 今日もプラサー高校で英語の勉強です!ライアン先生が息子のケニー君と来てくださいました!今日の授業はアクティブラーニングを越えてエキサイティングラーニング、ライアン先生は本当に情熱溢れる素敵な先生でした!日本でのALT教員経験もあるため、日本の生徒のことは良くわかっておられ、みんなのすこしシャイな部分も徐々にアクティブ、エキサイティングに変えてくれました。

 what's up !!??  これはアメリカでとてもポピュラーな言葉です。「どうー!?元気!?」のような感じ、とても若く生き生きとした雰囲気のある言葉です。

 I have to〜  (〜したいよ!)も、実例を踏まえて楽しく教えてくださいました。明日からみんな、使えるかな!?

 先生達は今日、改めてプラサー高校の校長先生にご挨拶しました。日本からのプレゼントも快く受け取ってくださって、とても素敵な校長先生です。

 午後も勉強!放課後はそれぞれにサッカーをしたりホストファミリーと食事を楽しんだりしているようです。

私達はライアン先生とライアン家にホームステイ中の生徒と一緒に少しお出かけ。  大きな大きなまつぼっくりを見つけました。なんと40cm、、、。アメリカはなんでも大きいのだな。生徒達も、一回りも二回りも大きくなって帰れますように!

  
 

那須塩原魅力体験ツアー参加①

那須塩原魅力体験ツアー参加①
 3月16日(木)17日(金)国の地方創生事業として、那須塩原市シティプロモーション課とNPO法人まちプロの企画運営による、大学生のワークショップツアー『那須塩原魅力体験ツアー』が開催され、本校美術部生徒と、美術系進学希望生徒が高校生代表として参加しました。会場となる板室温泉の旅館『大黒屋』が、現代美術のコレクターとして全国的に有名であることから、本校美術部にお声かけいただいたことによるものです。
 ツアーの一環として、16日(木)午前中は、元本県国体代表の方のご指導による乗馬体験が行われ、本校生徒達も乗馬を楽しみました。

  
  
 

お知らせ

那須CEO倶楽部の皆様によるパネルディスカッション開催
 3月16日(木)5・6校時、那須CEO倶楽部の皆様によるパネルディスカッションを開催しました。那須CEO倶楽部は県北の若手経営者有志の皆様の会です。同倶楽部は地域活性化に寄与すること、地域に貢献することも活動目的の一つとしており、本校生徒のキャリア教育サポートのため、近年パネルディスカッションを開催してくださり、今回が12回目となります。パネラーとして、那須CEO倶楽部5名、生徒4名、教員2名が登壇し、「仕事」・「お金」・「生き方」・「夢」と言った視点から『自己実現を考える』ことをテーマにパネルディスカッションが行われました。今回は特に、シークレットオブザーバーとして那須ブラーゼンの代表取締役 若杉厚仁 様 もご参加くださいました。
 進行をしてくださったコーディネーターのお二人の絶妙なトークにより、大いに盛り上がり、たいへん有意義で、あっという間の2時間でした。ディスカッションの内容が、参加した本校生徒達の高校生活、今後の人生に大きな影響をもたらす、すばらしい機会であったことに加え、何より那須CEO倶楽部の皆様の人間性、高校生を遥かに凌ぐエネルギー・勢いに触れることができたこと、感じたことを今後に活かしてほしいと思います。本校生徒のために有意義な場を設定してくださいました那須CEO倶楽部の皆様に感謝申し上げます。
      
 

アメリカ海外研修現地レポート(日本時間3月16日(木)13:14)

アメリカ海外研修現地レポート(日本時間3月16日(木)13:14)
 現地15日
、本日も晴れました! 今日はプラサー高校の一室を借りて、英語の勉強です。シーシー先生、ケイティー先生が来て教えてくださいました。学校で当たり前にやっている英語の授業ですが、現地の流暢な発音で英会話を習うことができるのはとても貴重な経験です。日本では「こんなに難しい言葉をなぜ習うの?」と思っていた英語。でも英語は日常の言語なのだと改めて気づかされた一週間を経て、みんな真剣に今日の授業に挑みました! 文法から入る英語ではなく、まず話してみること、聞いてみること、発音してみること!の英語。そしてみんなで考える、みんなで答えを出す。まさにアクティブラーニング!
I want to = I wanna     (アイワナ)
I going to = I gonna    (アイガナ)
I got you = I gotcha    (アイガチャ)
など、なかなか日本にいてはわかりずらい発音も身につけました! 話せることは本当に嬉しい!
 お昼は近くのTaco tree にみんなで行きました。タコスです!美味しかった!また明日も頑張りましょう☆
 
 

アメリカ海外研修現地レポート(日本時間3月15日(水)16:18)

アメリカ海外研修現地レポート(日本時間3月15日(水)16:18)
 本日14日はバスでサクラメントへ出かけました。ホームステイをしているオーバーンから南へ、バスで1時間ほど。ちょうどサンフランシスコとの間くらいの場所になります。途中、シエラ大学にも寄りました。大学はとても広い敷地に広々とした道、その周りにいろいろな施設が置かれていました。日本の大学よりも本当に広いと思います。多くの学生が行き交い、一日を過ごしているようでした。
 サクラメントではオールドシティへ。カリフォルニア州最長の川であるサクラメント川が中央を流れ、街を東西に二分しています。その一角にあるオールドサクラメントは古風な街並みを残す観光地となっています。観光用と思われるSLが今も走っており、その横には大きなサクラメント川。かつて運河で栄えたであろうサクラメントの街がここに垣間見えます。こちらでお昼を食べました!
 その後はカリフォルニア州会議事堂へ。カリフォルニアの州都はサクラメントです。  日本でいう県庁のようなところですが、大きな違いは、州の法律を決める議事堂であるところです。カリフォルニア州議事堂は古い建築様式を持ち、深い歴史と意義をもつ立派な建物です。議事堂に勤める方が建物内各所を案内してくださいました。生徒も興味深く話を聞いていました。話によると、建築をはじめたのは1860年。ちょうど南北戦争の最中で、14年間を経て完成しました。
  建物内には東西に下院議会、上院議会があります。下院議会は全体が緑色の装飾になっており、それに対し上院議会は赤。イギリスの伝統的な議会の色を継承しているそうです。下院議会にはエイブラハム・リンカーン、上院議会にはジョージ・ワシントンの肖像画がそれぞれ掲げられていました。でも、リンカーンはカリフォルニアを訪れたことはないそうです。下院議員80名が法律について審議し、決定事項がさらに上院議員40名によって審議を加えられます。最終的な決定権は州知事にあるそうです。ひとつひとつの州が独立した法案を持てるところは、他の国との大きなちがいですね。生徒たちも、大きなアメリカの歴史や文化、政治の一端を知ったようです。
 さて、歴代のカリフォルニア州知事で知っている方はいますか?そうです、まずとても有名な、アーノルド・シュワルツェネッガー。  そして、第40代合衆国大統領になったロナルド・レーガンです。  巨大な肖像画が掲げてありました。現州知事を勤めるジェリー・ブラウン氏の肖像画もありましたが、なんだかおかしい。なんと、描き途中だそうです。なぜなら「州知事としての仕事も途中だから」。アメリカらしい一面をみた気がしました。
 研修も残り1週間ほどとなりました。生徒たちはどう、これからの自分を描き、日本に帰れるか、とても楽しみです。
 

アメリカ海外研修現地レポート(日本時間3月14日(火)16:11)

アメリカ海外研修現地レポート(日本時間3月14日(火)16:11)
 現地13日晴れ。今日も暑いくらいでした!そういえば11日からサマータイムになっております。日本には馴染みのないことですが、10日の夜12時をむかえると11日1時からスタート。なんと一日23時間の日があるわけです。昼夜の間隔を合わせるためですね。ウィンタータイムはその逆、25時間の日があります。ですからいま、日本との時差は-16時間です!
 本日は、現地の小学校に行ってまいりました。Skyridge Elementary schoolです。 各班に分かれて、日本で考えきた小学生の学習を披露しました! 折り紙の班、フルーツバスケットの班、平仮名を教える班!でした。
 折り紙は日本人には子供の時から馴染みの深いものですが、現地の小学生にとっては真新しいものだったようです。オバマ大統領が広島訪問の際、広島の被爆者にむけて折り紙の鶴をプレゼントしてくれました。そのことで広くJapanese art として紹介されたことが思い出されます。みんな紙飛行機を作りました。
 フルーツバスケットは、和製英語なのでしょうか、これも珍しかったようです。とてもexcitingしてしまい、少しヒートアップしすぎる場面も!さすがの子供達です。子供達の元気さは日本もアメリカも変わりません!
 平仮名を教えた班。難しいかな?と思いきや、日本の言語を少し理解したようで、あ、い、う、え、お、きちんと言えていました。自分の名前を日本語で書くことはとても嬉しかったようです。vi と bi の発音は日本では同じなのだよ!と言うと、首をかしげながら納得したような子供達でした。本当に子供達はかわいく、どこまでも好奇心旺盛です!
 午後はプラサー高校内を、校長先生が案内してくださいました。とても若い校長先生にみんなびっくり!。広い体育館、図書館、美術室。音楽室ではフリーコンサートをひろうしてくれ、とても感動的でした。
 さて、土日ですが、それぞれにショッピングや観光を楽しんだようです。NBA観戦に行った生徒も!  先生はとても羨ましくて羨ましくて、次こそはアメリカでNBAをみたい!今日もみんな元気に1日を過ごせました!
 
 

「産業社会と人間」発表会開催

「産業社会と人間」発表会開催
 3月13日(月)5・6限目1年生「産業社会と人間」の授業の発表会を行いました。
 自分の進路希望や興味関心に応じて、受講する教科科目を各自が選択し、自ら決めることが総合学科の大きな特徴です。自分の将来に有効な科目選択ができるよう、1年次のうちから進路について深く考える時間として、すべての総合学科に開講されているのが「産業社会と人間」という授業です。
 本校でも、大学、専門学校の模擬授業を受けたり、実際に大学、専門学校、企業を訪問したり、自分の将来についてまとめる『My future road 』を作成したり、それをパワーポイントを使ってプレゼンするなど、この1年間の
「産業社会と人間」の授業で様々な経験をし、各自が将来を見つめ、自分の選択科目を決定しています。
 その総まとめとして、出身中学校の先生もお迎えし、発表会を行いました。先月のクラスごとの
『My future road 』発表会を経て、代表となった生徒達は、本当に堂々と発表してくれましたが、それを聞いている生徒達にとっても、自分の将来について再度見つめ直す貴重な機会となったと思います。
   
  
 

アメリカ海外研修現地レポート(日本時間3月13日(月)14:47)

アメリカ海外研修現地レポート(日本時間3月13日(月)14:47)
 本日12日(日)、現地オーバーンの天気は晴れ。日中は17℃ほどになりました。渡米して4日目になりますが、現在のところ天気にはとても恵まれています。また、 天気だけでなく、ホームステイ先やオーバーンの先生方など、人にもとてもとても恵まれた研修となっています。
 本日も引き続きホリデー、ホームステイ先で各自過ごしました。私達引率者は、シーシー先生(ライアン先生の奥さん!)と、中学生の娘さんと5歳の息子さんと一緒に出かけさせていただきました。ライアン先生、シーシー先生ご夫妻は生徒のホストファミリーです。生徒ももちろん一緒に出かけました。
 
 シーシー先生の運転でハイウェイのような大きい道を東へ。カリフォルニア州から大きな雪山を越えて隣の州であるネバダ州へ。州は日本でいう県のようなものですが、カリフォルニア州だけに日本全土が入ってしまうほど広大ですから、隣の州への移動は容易ではありません。絶景パノラマを見ながらの移動です。州が違えば法律も違い、食事にかかるTax(税)も違います。きっと風習も違うのでしょう。まさに、合衆国たるアメリカを、生徒も肌で感じたようです。
 ネバダ州では食事やショッピングを一緒にさせていただきました。シーシー先生や娘さんと親娘のように、また姉妹のように話す本校生。ほほえましい限りです。すでに家族のよう。
 明日は土日に会えなかった生徒たちと会います。どんな二日間を過ごしたか、聞けることが楽しみです。来週は少し気温が下がるとの予報。みな体調管理をしっかりして、次の一週間を乗り切ろう!
 

 

アメリカ海外研修現地レポート(日本時間3月13日(月)0:54)

アメリカ海外研修現地レポート(日本時間3月13日(月)0:59)
 本日は現地11日(土)、生徒たちそれぞれにホームステイ先で過ごしました。ショッピングをしたり、改めて家庭での歓迎パーティーをしてくれたりしたようです。みんなどこに行ったのか、月曜日に話を聞けることが楽しみです。
 引率の教師2人は巡回のためオーバーンから少し離れた街、ローズビルにあるギャラリアというとても大きなショッピングモールに。バスで30分です。現地でとてもメジャーなショッピングモールらしく、「本校の生徒達も訪れるであろう」と行ってみました。
 すると予想は的中し、女子生徒2人と会いました。2人とも満面の笑顔で挨拶をしてくれました。何を食べたらおいしいか、どんなものが売っているかなど、いろいろ話をしました。
 お昼は自分達でお店に並んで、注文をしていたようです。ひとつひとつが勉強です!現地の人はとても優しい。そんな話もしました。人とすれ違えば知らない人でも、Helloと挨拶をくれます。ドアを開けて待ってくれます。何かを聞けば、誰もが懇切丁寧に教えてくれます。仕事をしている姿はみんな楽しそう。
 そんな雰囲気にのまれてか、今日ギャラリアで会った生徒も、はちきれんばかりの笑顔でした。学校でもそうあってほしい!それには私たち教員も、笑顔を伝えたいものです。明日もホリデー。みんなの報告を心待ちにしています。

 
 

アメリカ海外研修現地レポート(日本時間3月11日(土)13:34)

アメリカ海外研修現地レポート(日本時間3月11日(土)13:34)
 現地、3月10日。現地時間a.m.8時に、全員がプラサー高校に集合しました。
みなホームステイ先のファミリーとは打ち解け、笑顔での登校となりました。体調はタイムラグもあり少し疲れも見られましたが、みな良く眠れたとのことで、元気で、笑顔で登校しました。
今日は一日、ホームステイ先のオーバーンの街を見学です。オーバーン、日本語ではオーバーンですが現地発音はアウバーン、みな発音から勉強しています。
最初の行き先はオーバーン警察署。現地の本物のポリスメンと出会いみな興奮気味です。警察署の中には会議室やセキュリティコントロールのための部屋、トレーニングルームなどもありました。パトカーにも乗せてもらいました。日本の警察と少し違う、映画の中の世界のようです。
次にオーバーン市役所。もとは小学校だった施設のようです。
博物館にも行きました。現地のおばあさんが細かに説明してくださいました。昔、金鉱で働いていた人たちのこと、メキシコから金鉱を求めて移住してきた人たちのこと、金鉱が閉鎖され一時ゴーストタウンになったことなど、事細かに説明してくださいました。もちろん英語で。みんなわかったかな?
お昼はベーグルサンドウィッチです。Delicious!!
そして、アイスクリームショップにも。測り売りです!日本にはなかなかないですね。こちらもとてもおいしい。
現地では積極的に英語を使おうとしています。
元気にホームステイ先に戻りました。
土日は各自のホームステイ先でホリデイを楽しみます。みんな何するのかな?
それではまた明日!
 
 

アメリカ海外研修現地レポート

アメリカ海外研修現地レポート(日本時間3月10日(金)14:49)
 3月9日日本時間13時半ごろ成田空港に到着しました。日本の天候は晴れ。フライトにも問題はなさそうで、生徒たちの中には初めての空港に驚く子もおり、みなうきうき。これから長いフライトに入ります。
 「52番ゲートサンフランシスコ17時発の便は、点検のため57番Aゲートへ変更」との放送が入りました。17時から待つこと1時間、出発までにはさらに30分。長い待ち時間になりましたがこれも確実な安全のため。航空機に遅れは付き物です。
ANAの機内食はとても美味しいものでした。和食、洋食、みな好きなものを注文していました。
 サンフランシスコに近づくと、荒れた気流のため到着を遅らせ、到着は現地時間AM11時半ごろ。およそ9時間のフライトでした。現地と日本時間は17時間の差があります。9日、12時からサンフランシスコの1日が始まりました。
 バスで向かう先はオーバーン。ライアン先生がお出迎えにいらしてくださいました!日本の高校で働いていた経験と、お父様が日本人ということもあり、とても生徒に馴染みやすい、ナイスガイな先生です。
 途中、IN-N-OUT BURGER(インアンドアウトバーガー)で休憩です。アメリカ・カリフォルニア州生まれの人気ハンバーガー店「In-N-Out」。「最高にフレッシュでおいしいバーガー」が食べられるお店として地元の人たちからも広く愛されているチェーン店です!みな笑顔でかぶりつく。
 学校には現地時間15時ごろ到着。ホストファミリーにあいさつ!緊張と嬉しさのまじるどきどき!皆さんうまくあいさつできたかな?Nice to meet you !!  精一杯の声が聞こえてきました。これから16日間、家族になります。どうぞよろしくお願いします。日本時間9日朝から、何時間が経ったのでしょうか、長い長い一日でした。でも皆、時差ボケなんて吹き飛ばし、元気元気です。
 さて、今日のメインはウェルカムパーティー。ホストファミリーと、そして他の方々と、初めての交流です。積極的に話そうとしてする姿が微笑ましい本校生です。料理は各家庭がそれぞれに準備をしてくださいました。約2時間、飲んだり食べたり、笑いあったり。でも楽しんでいるだけではありません、みな、話そうと、聞こうと、伝えようと、必死です。これから長い2週間が始まります!
 
 

高等学校入学者選抜合格発表

高等学校入学者選抜合格発表
 3月10日(金)10:00,平成29年度高等学校入学者選抜における黒磯南高等学校の特色選抜と一般選抜の合格者160名を発表しました。合格おめでとう。合格の感動、喜びを大切にして、高校生活3年間、様々な活動に頑張っていきましょう。皆さんの入学を歓迎いたします。
 
 

今日の那須山(H29.3.9)

今日の那須山(H29.3.9)
  
 

海外研修

アメリカ海外研修

【3月10日(金)】9:30(日本時間)
 無事アメリカに到着し、生徒達は各ホームスティ先での生活が始まったとのことです。

【3月9日(木)】16:15(日本時間)
 飛行機の出発が遅れていて、1時間遅れで出発する予定との連絡がありました。生徒は全員元気とのことです。

【3月9日(木)】15:00(日本時間)
 予定より早く成田空港に到着し、予定通り、搭乗手続きが済んだとの連絡がありました。全員元気であるとのことです。行ってらっしゃい。

【3月9日(木)】10:10(日本時間)、21名の生徒が引率2名の先生方とともに、アメリカのカリフォルニア州、オーバーン近郊における海外研修に出発しました。今回28回目になる本校の海外研修は、総合学科となる以前、英語科が設置される前から実施しており、栃木県の高等学校では、最も古くから実施している伝統ある取り組みです。生徒達は、語学研修に加え、今後の人生の糧となるような様々な体験をし、24日(金)に帰国します。アメリカにおける研修報告をこのHPに適宜掲載しますので、是非ご覧ください。
   
 
 

2学年進路説明会開催

2学年進路説明会開催
 3月2日(木)2年生のATの時間(総合的な学習の時間)に外部からの講師をお迎えし、大学、短大、専門学校への進学及び就職に対する進路説明会を開催しました。5限目、6限目各15コース計30名と、5・6限通した3コース3名、 合計33名の方が来校して説明してくださいました。特に専門学校はかなり細かくコース分けしていただいたことから、中にはマンツーマンや二人、三人で説明を受けるといったコースもあり、非常に手厚く、進路を考える上で参考となる有意義な時間となりました。
   
  
 

記念碑『風は南から』設置に対する感謝状贈呈

記念碑『風は南から』設置に対する感謝状贈呈
  創立40周年記念事業の一環として、本校生徒の保護者であり、市内で石材店を経営されている蜂須賀さんが記念碑を制作し、2月11日(土)に昇降口前ロータリーの一角に設置してくださいました。そのご厚意に対し、3月2日(木)本校同窓会とPTAから、感謝状と、ささやかではありますが記念品をお送りしました。
  
 

卒業式

卒業式
 3月1日(水)第39回卒業式を挙行し、本年度の3年生157名全員が卒業証書を手にしました。ご臨席を賜りました、多数のご来賓の皆様、保護者の皆様に御礼申し上げます。学校長から、「皆さんそれぞれの良さ、そして人とのかかわりを大切にし、ゆっくりでも、自分らしく歩き続けてください。必ずや、その先に新しい道が開け、人生の深い喜び、生きていることそのものの喜びを感じる時がやってきます。これから先、障害が立ちはだかっても、いつも頭を高く上げ、希望の波をとらえ、一生青春の中にあり続け、豊かな人生を築いてください。風は南から。黒磯南高等学校を巣立つ皆さんが、すばらしい人生にめぐりあえることを、新しい世界で輝かれることを、心から願っています。」との式辞がありました。
 
     
 

同窓会入会式

同窓会入会式
 2月28日(火)同窓会大森副会長さんをお迎えし、同窓会入会式を実施しました。生徒代表の力強い入会挨拶があり、来年度の同窓会総会には、多くの新入会員が参加してくれることを願っています。
   
 

今日の那須山

今日の那須山 (H29.2.27)
   
 

第4回まちトーーーク開催

『第4回まちトーーーク』開催
 2月23日(木)18:00~黒磯駅前を活性化するために様々な企画を展開している『えきっぷくろいそ』主催による『第4回まちトーーーク』が厚崎公民館で開催され、本校からもたくさんの生徒が参加しました。今年の3月26日(日)に黒磯駅前において、『高校生の企画による黒磯駅前活性化イベント』を『えきっぷくろいそ』の皆さんのサポートのもとに実現させようというものです。『まちトーーーク』4回目ということで、より具体的な部分についても話し合いが進んでいるようです。高校生が、自由に、主体的に、積極的に話し合いする機会をつくってくださっている『えきっぷくろいそ』の皆様に感謝いたします。
   
 

マネープランセミナー開催

マネープランセミナー開催
 2月23日(木)2年生ATの時間に進路に向けたマネープランセミナーを開催し、2学年生徒の他、保護者の皆様も参加されました。
  
 

お雛様校内に

お雛様校内に
 校舎内にお雛様が飾ってあります。生徒のみなさん是非捜してみてください。
 
 

海外研修保護者・生徒合同説明会開催

海外研修保護者・生徒合同説明会開催
 3月9日~24日アメリカでの第28回海外研修が行われます。2月22日(水)放課後、保護者・生徒合同説明会が開催されました。
  
 

アート・コラボ mitearu嬉 のご案内

アートコラボ mitearu のご案内
 2月21日(火)~26日(日)、黒磯駅前商店街の14店舗において、黒磯南高等学校・黒磯高等学校・大田原女子高等学校の美術部生徒の作品と、全国的な美術団体『国画会』絵画部を活動の場とする本県および本県近郊在住の画家の作品とのコラボ展覧会『アートコラボ mitearu』を開催いたしました。
  

とちぎテレビ、レディオベリー、下野新聞、毎日新聞、読売新聞でも取り上げてくださり、たくさんの皆様に展覧会をご覧いただきました。ご来場くださいました皆様に感謝申し上げます。
 
 

PTA理事会開催

PTA理事会開催
 2月16日(木)PTA理事会を開催し、本年度の総括と来年度に向けた準備の話し合いをしました。
  
 

記念碑『風は南から』設置

記念碑『風は南から』設置
 本校は昨年度創立40周年を迎えました。その記念事業の一環として、本校生徒の保護者であり、市内で石材店を経営されている蜂須賀さんが記念碑を制作し、2月11日(土)に昇降口前ロータリーの一角に設置してくださいました。題字『風は南から』は、本校の芸術科(書道)教員の小野崎先生の文字です。
 生徒達が登下校の際に毎日目にすることができる場所に設置してあります。黒南高の生徒達が、この『風は南から』という言葉を胸に、自信と誇りを持って主体的に物事に取り組める人物、風を起こせるような人物に育っていってほしいと思います。この度記念碑を制作くださいました蜂巣賀さんのご厚意に感謝申しあげます。
 
 

雪かき

雪かき
 2月10日(金)前日夜から雪が降り、かなりの積雪が予想されましたので、一時間遅れて始業することとしました。
 当日朝学校周辺は、靴がすっぽり埋まり、靴の中に雪が入ってくるほどの積雪で、公仕さんが、早くから一人で雪かきをされていました。ところが、その後、後から出勤した先生方が次から次へと加わって、職員みんなで、送迎の車が通る場所、登校した生徒が自転車や徒歩で通るであろう場所を長時間かけて、きれいに雪かきしました。登校してくる生徒達が歩きやすいようにとの想いから、雪かきしている先生方のズボンも、靴もびしょ濡れでした。
 自分のことを何よりも優先に考える風潮が、世界に広がりつつある中、生徒のためにと考え、服や靴が濡れることも気にせずに、自分から取り組んでいける、みんなで取り組んでいける、黒南高生徒のまわりにはそんな大人がたくさんいます。
  
  
   
 

アート・コラボ mitearu嬉 (ミテアルキ) ご案内

 

1年産業社会と人間 My future road 発表会

1年産業社会と人間 My future road 発表会
 2月6日(月)5・6校時1年生『産業社会と人間』の授業で,これまで個人個人で自分の将来に係る内容について研究を進め、まとめてきた『My future road 』のクラス発表会を実施しました。クラスごと4会場に分かれ、ひとりひとりパワーポイントを使って発表しました。3月には学年全体でクラス代表による発表会を開催予定です。
  
  
 

ファシリテーター養成講座に参加

ファシリテーター養成講座に参加
 本校の美術部員と美術系の進学を希望している生徒達が3月16・17日に市内のホテル大黒屋で開催される那須塩原市の魅力体験ツアーに参加させていただくこととなりました。このツアーは那須塩原市のシティプロモーション課が企画し、NPO法人なすしおばらまちづくりプロジェクトが委託されて展開しているものです。那須塩原市出身の大学生・専門学校生が同ホテルに集い、地域の魅力を再発見していくという事業に、高校生代表として本校美術部等の生徒達が参加します。会場となるホテルがARTに力をいれており、現代美術のコレクターとしても全国的に有名であることから、本校美術部にお声かけいただきました。
 その事前研修会として1月31日(火)ファシリテーター養成講座が開催され、本校生徒達も参加して、ワークショップのファシリテーターに必要なスキルを実践形式で学びました。
   
  
 

記念品目録贈呈式・予餞式実施

記念品目録贈呈式・予餞式実施
 1月31日(火)在校生から卒業を間近にひかえた3年生への記念品目録贈呈式と予餞式を実施しました。記念品はタンブラーです。
 なお、本年度は、従来の映画鑑賞の予餞会から変更し、生徒会役員を中心とした在校生の手作りの様々な演出によって3年生に感謝の気持ちを伝えようと、準備を続けてまいりました。ところが、校内にインフルエンザ罹患者が増えており、校医さんからの、全校生が集まる行事は自粛するべきであろうとのご指導もふまえ、会を縮小して予餞式としました。予餞式では心を込めて編集準備した映像等を3年生に楽しんでもらいました。
    
 

第3学年特別講話

第3学年特別講話
 1月31日(火)卒業を間近にひかえた3年生に学校長、進路指導部長、生徒指導部長から特別講話がありました。
   
 

学校から見える那須山風景

学校から見える那須山風景
 
 

上記以前の記事について『過去の記事はこちら』をご覧ください

本年度(平成28年度)の上記以前の記事は、こちらをクリック してご覧ください。また、その他の過去の記事も(平成28年度のものも含めて)、左上のメニューから 過去の記事はこちら をクリックするとご覧いただけます。そちらも是非ご覧ください。
                                                                                                                
 

このサイトについて

本校ホームページに掲載される文章・画像・その他のデータを含めた、すべての情報を無断でいかなるメディア媒体を通じても、複製、改変、引用、掲載、掲示、公開することを禁止します。
 

緊急連絡

緊急の連絡はありません。
 

2016年度

あなたは、今年度18288人目です!

フォトアルバム

フォトアルバム(部活動)

通算

あなたは通算42152人目です