行事報告

3本ポプラ伐採

朝から多くの重機が持ち込まれ伐採作業が行われました




高い位置にある部分は、クレーンで吊るしてから切断しています。(すべての作業は安全第一です。)




切ったポプラの木は、特に内部の損傷がひどく
上の写真のように大きな空洞がありました。
とても危険な状態だったことが分かります。

3本ポプラお別れ会

平成24年4月28日(土)
白楊高校の3本ポプラのお別れ会が行われました。


 

昭和28年に植えられた3本ポプラは、今年で59年目を迎えました。
しかし、数年前から根元に大きなうろ(穴)ができ、時々枝が風で折れることがありました。
この度、樹木医に診察していただいたところ、幹の内部に空洞があり
いつ倒れても不思議でないという診断結果を受けました。
残念ですが、安全を考慮して伐採を29日にすることにしました。
それに先駆けて、3本ポプラのお別れ会が4月28日に開かれました。

お別れ会には、校長先生や同窓会長はじめとする白楊高校に縁のある方々が参列してくださいました。