校長より

 

ごあいさつ

 

 

校長 大森 淳子

 

 

 

栃木県立那須拓陽高等学校のホームページをご覧いただきありがとうございます。

 

 1945年(昭和20年)4月に、栃木県蚕業試験場西那須野支場であったこの地に栃木県立那須農学校として開校した本校は、その後幾度かの学制改革等による校名や設置学科の変更を伴い、1988年(昭和63年)に普通科を設置し、翌1989年(平成元年)から校名を「栃木県立那須拓陽高等学校」と改め、今日に至っています。宇都宮線「西那須野駅」から徒歩7分という立地にあり、5万5千平方メートルを越える広々した敷地のほか、大山農場、乃木農場等を有し、学習環境にたいへん恵まれています。

 

  校訓「耕学一如」、「冷暖自知」は、本校に脈々と受け継がれる伝統であり、人づくりの拠り所となっています。また、地域振興と開拓精神の建学理念に基づき、自らの力で人生を拓き、広く社会に貢献する有為な人材の育成を使命としており、「自律」「創造」「奉仕」を教育目標としています。

 

 現在、本校には、普通科と農業系の農業経営科、生物工学科、食品化学科、家庭系の食物文化科の5つの学科が設置されています。各学科の特性を生かした教育活動を展開するとともに、「調和と共生」を謳い、学科の枠を越えて連携協力し、広い視野を身につけるための教育活動を実践しています。また、地域との連携を重視し、普通科では、地域資源等を活用し、協働的に取り組む学習活動の実施、専門学科では、地域と連携し、勤労観や職業観を養うキャリア教育の推進を図っているところです。その他、学業と部活動等を両立させ、心身ともに健康な人間の育成にも努めています。卒業後の進路は、普通科をはじめ、他の学科からも国公立大学や短期大学、専修各種学校等に多くの生徒が進学しています。また、就職希望者の就職率は毎年100%達成を誇っています。

 

 本校の教職員は、それぞれの専門分野に加え人を育てる責任感が強く、使命感に溢れており、生徒の自己実現のために、力を合わせて多様な教育実践に取り組んでいます。

 

 これからもホームページを通じて学校の情報発信に努めてまいりますので、本校へのご理解ご協力をよろしくお願い申し上げます。

校長日誌

校長日誌

栃木県学校農業クラブ連盟家畜審査競技会(乳牛の部)の開催について

7月18日(木)に栃県県畜産酪農研究センターを会場に、栃木県学校農業クラブ連盟家畜審査競技会を開催しました。本校の農業クラブの生徒たちが、会場設営、開会式、競技会の運営を行いました。暑い中、式の司会、時間の計測などみんながんばっていました。選手の皆さんは、防護服を着用して、競技を行ったので、暑かったと思いますが、全国大会(岩手)の出場をかけて真剣に取り組んでいました。そして、人間の競技に付き合ってくれた牛さんたちもがんばってくれました。ありがとうございます。この競技会のために、会場及びお母さん牛と仔牛を提供していただいた、栃木県畜産酪農研究センターの小倉所長様はじめ、職員の皆様、審査長をしてくださった、株式会社十勝人口授精所の高塩様(拓陽卒業生)には、大変お世話になりました。

第106回全国高等学校野球選手権栃木大会

第106回全国高等学校野球選手権栃木大会が7月12日に開幕しました。拓陽高校は、開幕日に試合の予定でしたが、雨のため、翌日13日に順延。とちぎ木の花スタジアムにて、小山高校と対戦して、4対1で見事勝利!遠方から多くの生徒や先生方も駆けつけて、暑い中、一体感のある応援ができました。試合終了後、校歌を歌うことができて、とてもうれしかったです。

高体連北部支部総体バスケットボール大会

7月13日(土)に那須町スポーツセンターにて、高体連北部支部総体バスケットボール大会で、女子バスケ部が第3位に輝きました。がんばりました。男子も、7月6日(土)に矢板東高校と対戦して、いい試合をしました。写真は、女子準決勝でインターハイ出場の矢板中央高校との試合の様子です。

令和6年度第1回那須地域定住自立圏共生ビジョン懇談会の開催について

令和6年7月4日(木)に那須拓陽高校を会場に、那須地域定住自立圏共生ビジョン懇談会が開催されました。地域の方々とともに、本校3年生も議論に加わり、若者が輝けるまちづくりについて協議を行いました。その中には、本校の卒業生も参加しており、卒業後も地域で活躍している姿が大変頼もしく感じました。また、本校が長年取り組んでいる環境保全に向けた活動などを発表し、皆様からお褒めの言葉もいただきました。皆様、暑い中、本校にお越しいただきありがとうございました。

卓球部インターハイ予選

6月16日(日)、ブレックスアリーナ宇都宮で開催された卓球部のインターハイ予選。皆がんばりました。

3年生はこれで引退です。お疲れさまでした。今日来たメンバーで記念撮影。

第75回栃木県学校農業クラブ連盟 各種発表大会

6月14日(金)、第75回栃木県学校農業クラブ連盟 各種発表大会が栃木県教育会館で開催されました。本校は、事務局校として、大会の運営にあたりました。また、式典前のレクリエーションでは、本校の疎水太鼓部が演奏を行い、その迫力に会場全体が圧倒されていました。式典では、久しぶりに各校及び県連の旗の入場が行われました。

 運営にあたってくれた生徒の皆さん、先生方ありがとうございました。発表者の皆さんもがんばりました。

 

前日の13日は、リハーサルが行われ、本番の確認をしっかりと行いました。写真はリハーサルの様子です。疎水太鼓部のリハーサルの様子①疎水太鼓部のリハーサルの様子②式典リハーサル

テーブルコーディネート

校長室の出入口近くに食物文化科の皆さんがセッティングしてくれている、テーブルコーディネートの展示があります。

6月13日に、食物文化科3年生が新しいバージョンにセッティングしに来てくれました。

テーマは母の日、メニューは桃のタルトと紅茶。カーネーションも添えられています。