小学校 : 音楽

操作説明(表示する)

領域別

表現(54) 概要を表示する 概要を表示しない

ようすを思い浮かべての学習を通して(初稿H14)(R1)
 この教材キットは、国語で学習した「三年とうげ」を対象に、物語にふさわしい表現を加えていくという活動を通して、音楽の表現をより豊かにしていくことをねらいとしています。前半では、グループごとに演奏を聴き合いながらイメージに合う音作りの活動が中心となり、後半はグループ発表を聴き合い、違いに気づいたり、自分のグループに取り入れられる工夫に気づかせる活動を設定しています。
リコーダーをはじめよう(初稿H14)(R1)
 この教材キットは、初めてリコーダーを演奏する子どもたちに技能の基礎基本を楽しく学びながら、確実に身に付けられるように考えたものです。ここでは、姿勢、息づかい、タンギング、指づかい、練習方法についての指導法を紹介しています。合い言葉や模倣などゲームの要素を取り入れ、児童の興味 ・関心を喚起しながら、自分自身の力で曲を演奏できるようにすることを意図しています。
「感性やイメージを生かした創造的な音楽活動」〜絵から音がきこえるよ〜(初稿H14)(R1)
 この教材キットは、音に対する感性やイメージを豊かにできるように、絵本を用いて、その美しい色彩と形の世界から聴こえてくる音を自由なイメージで即興的に表現し、音楽の多様な表現方法を体験したり、個性的で創造的な音づくりの楽しさを味わったりできるようにしました。
きれいな響きで(合奏「ます」)(初稿H14)(R1)
 この教材キットでは、小学校5年音楽の単元「きれいなひびきで」の学習における、合奏曲「ます」のグループアンサンブルを中心とした学習指導案を紹介しています。曲に対する個々のイメージを大切にし、似通ったイメージを持つ児童が集まってグループを作り、グループで話し合ってまとめたイメージの広がりを支援していくものです。
音楽遊びを生かした指導例とわらべうたからアプローチした実践例(初稿H14)(R1)
 この教材キットは、子供の音楽的感受性を豊かにすることをねらいとした“音楽遊び”の開発の視点とその指導の具体例、また、子供のよさが生きる創造的な学習活動の充実を図るために、“わらべうた”からアプローチした授業や音楽集会の実践例で構成されています。これは、平成13年度関音研栃木大会の会場校として2年間研究実践したものです。
拍の流れにのってリズムを感じ取ろう(H29)
この指導実践資料は、「言葉でリズムアンサンブル」の指導事例です。共通のテーマの中から、グループで一つの言葉を選び、二つのパートに分けて、リズムアンサンブルを考える活動をしました。視覚的にも分かりやすいように、ワークシートにリズムカードを貼らせました。また、「反復」「音の重なり」「問いと答え」「変化」などの共通事項を意識させたことで、それぞれのグループでの主体的な創作活動に繋がりました。最後に、それぞれのグループがどんな工夫をしているかに着目させ、各グループの発表を聴き合いました。
日本の音楽に親しもう〜ラ・ド・レの音でせんりつづくり〜(H29)
この指導実践資料は、「ラ・ド・レの音でせんりつづくり」の指導事例です。個人で作った旋律を、その後ペアでつなげました。ペア学習では、演奏する順番や、「反復」「問いと答え」、「変化」などを生かしてよりよい旋律になるよう工夫することを意識させました。また、和太鼓などのリズム伴奏を加えることで、お囃子の曲想を感じながら、まとまりのある音楽をつくる楽しさを味わえるようにし、ねらいに迫るよう工夫しました。
いろいろなおとをたのしもう(H29)
「きらきらぼし」に合う音の鳴らし方を見つけて楽器を演奏するための事例です。「おとさがし」で見つけた演奏方法を想起させ、トライアングルとすずを使ってペアで考えさせました。自分たちでつくった鳴らし方を忘れないように、楽譜に楽器マークのマグネットを貼らせて、発表させました。それぞれのペアのよい面に着目させ感想を伝えるようにしました。最後に学級の一体感が味わえるよう、全体でハンドベルを使って「きらきらぼし」の演奏をしました。
曲想を味わおう 〜「風を切って」の合奏〜(H26)
 旋律や音色の変化による曲想の移り変わりについて、「木星」の鑑賞で学習したことを生かして、「風を切って」の合奏を行う事例です。曲の由来や歌詞から表したい情景をイメージしたり、音型の繰り返しを意識して、強弱やバランスなどについて検討しながら表現を工夫したりする場を設定しました。
お祭りや民ようめぐり(H26)
 「秩父屋台ばやし」などの鑑賞を通しておはやしのリズムや旋律に親しみ、おはやしをつくる実践事例です。短い時間で創作できるように、ワークシートを工夫しました。個人の作品を生かすために、一人一人がつくった旋律にグループの友達がリズム伴奏を入れて発表し合う場を設定しました。
曲想を味わおう 〜歌唱教材「広い空の下で」〜(H25)
 歌詞と旋律の動きや重なり方の特徴を生かし、どのように演奏するか思いをもって表現する力を身に付けさせることを目指した授業実践です。本時では曲の一部分に絞り、歌って試しながら表現を工夫させました。
ようすをおもいうかべよう(H24)
この題材は、 それぞれの季節のイメージを膨らませたり、歌詞の中にある一つ一つの言葉から様子を想像したりして歌い方の工夫を楽しめるように、授業の展開を考えた事例です。思考力・判断力・表現力を高めるために、歌詞のどの言葉からどのように歌いたいかを書き込めるワークシートを工夫したり、友達の工夫の視点に気付かせ、歌い方を工夫できるようにグループ活動を取り入れたりしました。
はくにのって ようすをおもいうかべながらうたおう(H24)
この教材は、歌唱共通教材である「うみ」を扱った事例です。広々とした海の情景を想像し、ゆったりとした3拍子の流れを感じ取りながら、思いをもって歌わせました。そのために、歌詞の言葉から想像した海の様子を言葉で表したり、絵に描いたりして自分の考えを伝え合い、歌詞の表す情景を豊かに感じ取れるように工夫しました。
いろいろなおとにしたしもう(H24)
この教材は、自分たちで考えた星のイメージをもとに、イメージに合った音を探し、即興的にグループで音づくりをする事例です。5種類の楽器の中からイメージに合った音を探し、音の出し方や合わせ方を工夫してグループでつくりあげた音をクイズ形式で発表しました。どうしてそう思ったか、答える児童は思考した内容を話すようにしました。
リズムアンサンブルを完成させよう(H24)
自分たちのイメージに合うように、リズムアンサンブルの表現を工夫する事例です。思いや意図を音楽で表現するためにグループごとに考えたイメージに合わせて楽器を決めたり、強弱や速度などを工夫させたりする活動にしました。曲想の違いを出せるように、前半と後半に分けてイメージを考えるようにしました。
「鬼怒の船頭唄」に合った前奏をつくろう(H24)
地域に伝わる民謡「鬼怒の船頭唄」を取り上げて、音楽づくりに活用した事例です。主体的に友達と関わり合いながら音楽で表現する楽しさを味わわせるために、日頃から歌っている民謡の前奏を作る授業を考えました。話合いに深まりが出るように、工夫のポイントを絞って提示しました。
リズムアンサンブルを楽しもう(H23)
 この題材は、音の組み合わせや強弱を工夫してリズムアンアンサンブルをする指導事例です。教師自身が演奏した「ロックトラップ」を鑑賞させることにより、リズムアンサンブルへの意欲をもたせようとしました。また、強弱の工夫に気付かせるために、音量の小さい口笛のパートに焦点を当てて鑑賞する場面を設定しました。
重ねてつくる(H22)
この教材は、クラスの誰もが取り組めるように、黒鍵のみの五音音階を使った音楽づくりの指導事例です。児童が用いる楽器は、低学年のころから馴染んでいて、響きの重なりを感じやすい安定した音色をもっている鍵盤ハーモニカとしました。「重ねてつくる」過程をいくつかのステップ(指導案参照)に分け、その中で音楽づくりを楽しんでいるうちに、自然と音楽を形づくっている要素や仕組みに気づかせるようにしました。
6年間の音楽づくり(H22)
無理なく音楽づくりの能力を向上させるためのカリキュラムです。音楽を構成する要素との関連を6年間を通して意図的,計画的に図ることで,児童が音楽嫌いにならずに学習を進められるよう工夫してあります。共通事項をより一層意識した指導計画により,音楽活動の基礎的能力を培うことがねらいです。
気分を感じて表現しよう(H22)
「ジェットコースター」の曲の気分に合った表現(歌唱、器楽、体を動かす活動)をグループで工夫する指導事例です。  各グループの工夫を中間発表し合い、それぞれのグループの考えや願いをふまえ、気分に合った表現ができているか、その他の工夫はないか等を学級全体で話し合わせました。曲の気分を表現するには、様々な表現の工夫があることに気付かせ、それをその後の表現の工夫に生かしていくことができるよう、学習形態やワークシートを工夫しました。
僕たちの宇宙の音楽を演奏しよう(H22)
この教材は、鑑賞から表現(器楽)へと関連を図った音づくり活動の指導事例です。教科書の器楽教材をさらに発展させ、グループでつくった宇宙の音を構成して、オリジナルの器楽合奏へと仕上げる題材の展開計画になっています。
日本の美しさを音楽で伝えよう「冬げしき」(H21)
 第5学年音楽の教材「冬げしき」をもとに、歌詞やメロディを手がかりにしながら強弱や速度など、表現を工夫する活動の学習指導案です。 これは、第51回関東教育音楽研究会栃木大会において実践したものです。
音の重なり合いを楽しもう(音楽づくり)(H21)
 これは、第51回関東教育音楽研究会栃木大会において実践したものです。 楽しかった修学旅行の思い出から発想を得て、楽曲から聴き取った音楽の仕組みを生かし、見通しをもって音楽づくりをすることで、創造性、自己表現力、コミュニケーション力をはぐくむことを目指しています。各自持ち寄ったモチーフを用いて曲を構成し、音楽を形づくっている要素を工夫していくことで、様々な曲想に変化していくことが楽しめるよう工夫しました。
ふしの感じを生かして演奏を工夫しよう「オーラリー」(H21)
 このキットは、ふしの感じを生かしながら、美しい音楽表現を目指す学習の展開を考えた事例です。教材「オーラリー」をつかって、子どもたちが自らの表現のよさに気付くように、ペアグループでの活動を取り入れ、お互いの演奏を聴きあいながら、演奏の工夫をしていくようにしました。 これは、第51回関東教育音楽研究会栃木大会において実践したものです。
ふるさと小山の歌をつくろう(音楽づくり)(H21)
 わらべうたを歌いながら感じ取ったよさ「共通事項」を生かして音楽をつくり上げていく指導事例です。まず、社会科の体験活動や国語の授業を関連させ、見学したことを擬音語や擬態語などを入れながら歌詞に表します。次に、言葉のリズムを生かしながら、わらべうたの旋律をつけます。それから、自分の歌の中で強く伝えたいことを「反復」「問いと答え」など音楽のしくみを生かして工夫し、ふるさとの歌をつくる学習ができるようにしました。 これは、第51回関東教育音楽研究会栃木大会において実践したものです。
いい音をみつけてあそぼう「かぼちゃ」(H21)
 第2学年教材「かぼちゃ」の曲を使い、身のまわりにあるものからさがした音をもとに、音の出し方や組み合わせを工夫して表現する活動の指導案です。  これは、第51回関東教育音楽研究会栃木大会において実践したものです。
ようすをおもいうかべよう 「きらきら星」(H21)
 よびかけたい星(赤ちゃん星・お母さん星・きらきら光る星・流れる星)のイメージをもとに,イメージに合った音を探し,即興的にリズムをつくっていく事例です。同一の楽器でも音の高さや響きが異なる楽器を準備し,いろいろな音探しができるよう工夫しました。  これは、第51回関東教育音楽研究会栃木大会において実践したものです。
音づくりを楽しもう(H19)
身の回りの物や楽器の音に興味をもち、自分のイメージに合った音づくりに取り組むことをねらいとした題材です。題材を通して導入時に、身体表現や音当てクイズ、聴き比べなどの音楽遊びを取り入れ、ねらいに迫った中心活動ができるように工夫しています。これは、平成19年度の栃木県小・中学校教育研究会音楽部会研究大会で公開した実践です。
音の重なりを楽しもう(H19)
和音の変化や和音の響き、反復や変化を感じ取って鑑賞したり、旋律をつくって合わせたりすることをねらいとした題材です。「パッヘルベルのカノン」の和音進行に合わせて旋律をつくり、グループで組み合わせや演奏順序を工夫して、カノン風の音楽を創作しました。これは、平成19年度の栃木県小・中学校教育研究会音楽部会研究大会で公開した実践です。
いろいろなひびきを味わおう(H19)
学芸的行事として扱うことが多い「全校合唱奏」を音楽の授業として位置づけ、授業を組み立てていった。各学年のねらいに迫るために、各時間の授業を充実させるとともに、その成果を全校生の前で発表することにより、より高い表現を目指そうとする意欲を高めることができる。また、お互いの歌声や演奏を聴き合い、認め合うことで成就感・達成感を味わうことができる。全校生が一緒になり、音楽を楽しむ喜びを味わい、音楽への愛好心を育てていきたいと考える。 本題材では、日本の音楽の表現や鑑賞活動を通して、言葉の美しさを味わったり、日本語
ようすをおもいうかべよう(H19)
アサガオの成長の様子を、音楽で表現した事例です。担当した成長場面の歌詞をつくり、イメージに合った音づくりをします。生活科でアサガオを育てた体験がベースとなり、子どもたちはイメージをふくらませることができました。また、グループ作品をつなげて学級の作品としてまとめることへの期待感をもって学習に取り組むことができます。
からだで音楽(H19)
世界の音楽や日本のわらべ歌などを取り上げ、身体表現をした実践例です。授業の導入に、音楽遊びを意図的に取り入れて、楽器の音色に興味をもたせるようにしました。「ぺんとひきゃヒュー」では、3番の歌詞と歌詞に合う音づくりをしました。
ふるさとの音楽に親しもう(H19)
日本や地域に伝わる伝統的な音楽を取り上げて、そのよさや美しさを感じ取ることで、親しみをもてるようにすることをねらいとしています。「自分たちのまつりの音楽」として、リズムと4音によるふしをつくって表現しました。これは、平成19年度の栃木県小・中学校教育研究会音楽部会研究大会で公開した実践です。
曲の気分を感じ取ろう(H19)
本題材では、歌詞やリズムや旋律の動きから曲想を感じ取り、表現を工夫することをねらいとしました。同じ旋律(テーマ)で、速度などが違う楽曲を比較鑑賞させることにより、曲想の違いを感じ取らせました。「ゆかいな木きん」(小林 純一作詞、作曲者不明、原 由多加編曲)では、表現したい動物に合わせて速度、音高、音色などを工夫してアンサンブルを行いました。
水の音楽をつくろう(H18)
水をテーマにした創作活動の実践例です。創作活動に入る前に、水に関連した楽曲を鑑賞することは、イメージをふくらませるのに有効です。このキットでは、音づくりのヒントを動画で示しました。楽器と身近なものを使った音素材で水をイメージして表現しています。児童が主体的、創造的に学習に取り組むようにするためのきっかけとして活用しました。素材を集めた後、組合わせて構成していく段階が難しいため、教師のかかわりが大切になります。
すてきなハーモニー(H18)
このキットは、6時間計画のアンサンブル活動のうち、2時間分の指導案を掲載しました。演奏技能に自信のない児童のために、リコーダーのお手軽パートを作成しました。動画は、重奏のイメージをつかませたり、個人練習をさせたりするときに活用できます。
みんなで歌って音楽なかま(H18)
このキットは、短時間で体をほぐし、無理のない発声で歌唱の授業に入れるように、発声練習の様子を動画で示しました。 今回は4年生を事例に取り上げていますが、全学年で活用が可能です。
リズムでハッスル! 〜体でリズムアンサンブル〜(H17)
 この教材キットは,音楽の構成要素のひとつである「リズム」に焦点を当て,授業の導入時にリズムにかかわる活動を意図的に設定し,継続してリズム活動に取り組むことによって,楽しみながらリズム感覚を養うことをねらいとした取り組みを紹介したものです。楽しく音楽活動することにより,情意面の高揚を図り,それをもとに能力面の育成をもめざした内容となっています。
リズムでハッスル! 〜からだで音楽〜(H17)
 この教材キットは,音楽の構成要素のひとつである「リズム」に焦点を当て,授業の導入時にリズムにかかわる活動を意図的に設定し,継続してリズム活動に取り組むことによって,楽しみながらリズム感覚を養うことをねらいとした取り組みを紹介したものです。楽しく音楽活動することにより,情意面の高揚を図り,それをもとに能力面の育成をもめざした内容となっています。
イメージに合った演奏の工夫をしよう(H17)
 リコーダーの技法である「サミング奏法」の練習を展開した授業案です。「オーラリー」の曲を使い、「ミとファ」の音をきれいに出す練習をしていきます。グループ練習がスムーズに行えるように、シンセサイザーの伴奏を使って練習します。伴奏のテンポは自由に変えられるので、練習しやすいテンポにしたり、イメージに合ったテンポにしたり、工夫して練習することができます。                    
からだで音楽(H17)
 学級経営の研究の一事例です。音楽の授業を通して,児童が自分のよさや友達のよさを認め合うことができるよう,授業の展開を考えました。音楽遊びを通して,自然に体全体でリズムや旋律,音楽全体を表現する楽しさを味わわせると同時に,できるだけ多くの友達と交流し,よさを認め合わせたいと考え,様々なペアやグループ形態をとってみました。児童が体と心をほぐし,自分の考えた動作をのびのびと表現する中でねらいが達成できるよう活動を設定しています。     
「にわとりポルカ」をかっこよくえんそうしよう(H16)
音楽に合わせて体を動かすことを喜ぶ低学年の特性を生かした「音づくり」をねらいとしたものです。「〇〇のような」という課題を児童に考えさせながら,自分たちのイメージに合った音づくりをすることによって,低学年なりにアンサンブルの楽しさを共感できる活動を設定しています。
中川の四季を表現しよう(H16)
小学6年生音楽の教材「ふるさと」をもとに、、旋律に合う音や、和音を探る創作的な活動を取り入れた学習指導案を紹介しています。 教材「ふるさと」のふるさとを思う歌詞の内容に、児童が、自分たちのふるさとである中川の四季の美しさやよさを重ね合わせ、自分たちの発想を生かして表現できるようにするために、ワークシートを工夫しました。     
旋律の流れを感じ取って表現しよう(H16)
学4年生音楽の教材「とんび」をもとに、旋律の流れを感じ取りながら、曲想にあったイメージをもとに旋律の表現を工夫する活動を取り入れた学習指導案を紹介しています。教材「とんび」の情景をとらえ、児童がとんびをどのように表現したいかをイメージし、表現を工夫できるようなワークシートやヒントカードを作成しました。
耳をすまして(H16)
この教材キットは、小学校2年生の音楽の題材「耳をすまして」(教育出版)における、「イメージに合った音を工夫して表現する」学習を扱っています。 自分が見つけた「いい音」へのイメージを膨らませ、それにふさわしい音を「虫の声」の替え歌で表現する活動を紹介しています。音そのもののおもしろさやよさの発見にもつながり、楽しく活動することができます。
リズムにのってあそぼう(H16)
この教材キットは、小学2年生音楽の教材「おまつりワッショイ」をもとに、拍の流れやフレーズを感じ取って演奏したり、リズムを工夫したりして活動した学習指導案を紹介しています。 「おまつりワッショイ」のかけ声の部分のリズムを生かし、お祭りの雰囲気を出すためのリズム伴奏を作る際に、導入でお祭りのVTRを見せたり、補助教材にあるかけ声や擬音をヒントとして活用させたりなどの工夫をしています。
ようすをおもいうかべて (H15)
 この教材キットは、「夕やけこやけ」の歌詞を読んで児童が自由にその情景を思い浮かべ、それにふさわしい歌い方を工夫する活動を中心にした授業の展開を考えたものです。 「夕やけこやけ」の歌詞から、それぞれの描いたイメージをもとにグループごとに情景を想像しながら、表情、強弱、速度、身体表現などを考え工夫する活動を設定しています。
音づくり〜おとのたんけん〜(H15)
 この教材キットは、体や身の回りのものを使っていろいろな音を出し、自分がイメージする音を目指してよりよい音を工夫して作ることによって、音の世界のおもしろさを存分に味わえるようにすることをねらいとした授業の展開を考えたものです。身の回りの音のイメージを言葉や絵で表現したり、素材や音の出し方を変えることで、様々な音がつくれることを体験できるよう設定しています。
いい音えらんで 〜東山ばやしをつくろう〜(H15)
 この教材キットは、日常ではなかなか手にとって遊んだり、演奏したりすることのできない和楽器を使って、自分たちの「おはやし」をつくる活動を中心にした授業の展開を考えたものです。 おはやしリレー遊びによっておはやしのリズムに慣れさせるとともに、グループごとにおはやしのリズムをつくる活動を取り入れます。太鼓、鼓、鐘を用いて、和楽器に親しませ、日本の音楽に対する興味・関心を喚起させることもできます。
たいこのひびきに合ったリズムを作ろう(H15)
 お祭りや民謡をたずねて〜お祭りの音楽をつくろう〜の発展学習として、櫓太鼓、締太鼓、鼓の3種類の和太鼓により、リズムカードを使ってグループごとに4小節のリズムを作り、簡単なアンサンブルを楽しむ学習(平成14年度 下都賀地区小学校教育研究会 音楽部会授業研究会)です。楽器の音色に合うリズムを工夫させるために、リズムカードを用意し、児童に選択させることにより、表現の工夫がしやすいように設定しています。
児童が生き生きと取り組めるアンサンブル活動の工夫(H13)
 音楽活動において、アンサンブル活動は、児童にとってとても興味深いものです。ここでは、はじめから使用する楽器を設定しておく合奏ではなく、児童が曲へのイメージをもち、そのイメージに合った楽器選びから始まるアンサンブル活動を考えました。
いい音えらんで〜いろんな木の実 南の島のハメハメハ大王 とんでったバナナ〜(H13)
 この教材キットは、愛唱曲を教材として取り上げ、歌をさらに楽しくするようなリズム伴奏作りをする活動を紹介しています。
いい音えらんで〜おかしのすきなまほう使い〜(H13)
 この教材キットは、様々な楽器の中から、自分の作りたい音のイメージに合う楽器を選び、実際に音作りをする活動を紹介しています。
いいおとさがして(H13)
 音楽を聴いたり表現したりすることの中には、楽器の音色や響きの違いを感じ取って味わったり、表現したりする楽しみもまた含まれています。本時の学習活動は、はじめに楽器の名前や基本的な持ち方 ・打ち方などを覚え、音の感じの違いに注意しながら、いろいろな打ち方を見つけていくという内容になっています。

鑑賞(7) 概要を表示する 概要を表示しない

鑑賞を表現に生かす指導の工夫〜指導計画の見直しを図って〜(H27)
鑑賞の活動で知覚・感受したことを合唱や合奏の活動に生かせるように、三つの題材で指導計画の見直しを図り実践しました。鑑賞の授業では、感受に働きかける発問と知覚に働きかける発問を組合せて、気付きを促しました。また、ワークシートや楽譜に書き込んだことをもとに、楽曲のよさや感じたことを言葉で伝え合う活動を取り入れました。
曲想を味わおう(H26)
楽曲の特徴を理解させ、鑑賞の能力を向上させるための授業展開を考えた事例です。 音楽を形づくっている要素と曲想とのかかわり合いがわかるようにワークシートを工夫し、言葉以外にも絵や図、身体表現など表現方法を工夫して伝え合わせることによって、楽曲の特徴を理解できるようにしました。
がっきらんどを たんけんしよう(H23)
 この教材は、「がっきらんどを たんけんしよう」の題材の中の鑑賞教材「かみなりといなずま」を活用した指導例です。児童が大太鼓とシンバルの音に興味をもち、音色の特徴や違いを感じ取らせる工夫をしました。児童の体を使った表現や、擬音語を使った発言を取り上げました。また、ワークシートには、文章表現だけでなく、絵や色での表現もできるようにしました。
音楽のききどころ(H23)
 この教材は、楽曲の雰囲気を感じ取ったり、曲の流れの変化を聴き取ったりすることをねらいとした授業の事例です。本授業では、曲の特徴をとらえることについて考えさせました。曲の特徴を感じ取らせるために、楽曲の要素となる音色、強弱、速さ等に着目して聴き取らせるように、授業展開を工夫をしました。
すいそう楽ってはくりょくあるな(H15)
 吹奏楽の響きを味わい、二つの旋律の感じの違いや重なり合う響きの美しさを感じ取って聴くことをねらいにした授業の展開を考えたものです。児童一人一人が感じ取る思いや憧れを大切にするため、自分の好きな方法で鑑賞活動ができるよう、コース別学習を設定しています。
ひびきを味わいながら合奏しよう(H13)
 この教材キットは、生の演奏に触れる機会の少ない児童の実態をふまえてGT(ゲスト・ティーチャー)を招き、ティームティーチングの手法で、鑑賞の指導を進めたものです。
クラリネットの音色を味わって聴こう(H13)
 この教材キットは、ゲストティーチャー(生演奏者)を、音楽の鑑賞の授業に活用した実践を紹介しています。

複数領域(5) 概要を表示する 概要を表示しない

すてきな音を選んで(初稿H14)(R1)
 この教材キットは、児童が創作活動をしながら音の表現を楽しむことをねらいとして組み立てた授業の指導案です。生活科探検で見つけた「秋」についてお話をつくり、音楽科でその内容に合った音を楽器や身の回りのものから探していくという活動の過程も示しました。同時に、聴いた音のイメージを絵や言葉で表した活動についても載せてあります。
いい音見つけて(H28)
 この教材は、「森のたんけんたい」を扱った音楽づくりの事例です。教科書の歌やリズムを充分に学習した後に、「○○たんけんたい」ということで、海・森・空の歌詞を作り、そのイメージに合った楽器を選んだり、リズムを作ったりしました。また、友達同士で、演奏したリズムを聴き合い「よいところ」を発表し合うことで、音楽の楽しさや喜びを実感し、思いを分かち合うことができるように工夫しました。
授業のデザイン 小学校・音楽(H25)
 新学習指導要領では、生きる力を育むことを目指し、基礎的・基本的な知識・技能を確実に習得させ、これらを活用して課題を解決するために必要な思考力・判断力・表現力等を育むとともに、主体的に学習に取り組む態度を養うことが示されています。  本紙は、平成24年度に栃木県総合教育センターで、学習指導要領の改訂の趣旨を踏まえた授業の例などを小・中学校の各教科別にまとめたものです。各学校において、自校の年間指導計画や児童の実態等を踏まえ、確かな学力を身に付けさせる授業をデザイン(構想)するための参考資料として御活用ください。
ピアノ伴奏にトライ!〜ソプラノリコーダーの入門期の指導とともに〜(H20)
このキットは、初歩のソプラノリコーダーとピアノ伴奏のための曲集です。初歩的なソプラノリコーダーの指導にあわせて、段階的に伴奏の練習をすることで、伴奏を苦手とする先生にも、お弾きいただけると思います。また、単調になりがちなロングトーンの基礎練習が和音の変化により、彩のあるものとなることも期待できます。ソプラノリコーダーを指導される機会に、ピアノ伴奏に取り組んでみませんか。
わらべうたのふしで遊ぼう(H17)
 音の組合わせを工夫し、簡単なリズムや旋律をつくって表現することをねらいとして、小学校第3学年の「ふしをつくろう」において、「ふしづくり」を行う活動を設定しました。「ソ」「ラ」「シ」の三音を組み合わせるだけで、簡単にふしができます。さらに、作ったふしをグループの友達とつなぎ合わせることにより、一つのまとまった「わらべうた」ができます。このような活動を通して、ふしづくりの楽しさや成就感を味わいながら豊かな感性を養いたいと考えました。
Total:116824 Today:010 Yesterday:020