中学生のみなさんは、こちらをクリック!


次回の販売は12月3日(木)です。
 

HP内検索はこちら


  

  

  

  

  

  

  

  

   
 
    
 
Site Visitors (7/1~)108686
オンラインユーザー9人
ログインユーザー0人

  全国農業高校・農業大学校
  ホームページコンテスト
  第4回 審査員特別賞受賞!
    <受賞の詳細はこちら>
 

    栃高教研農業部会へのリンク
 

     下野農業協同組合へのリンク
 
植物科学科 ~スマホで見る農業~
 ・園芸植物コース(野菜・草花など)
 ・土地利用生産コース(米・果樹など)
      


 ☆学科紹介MOVIE → こちら(YouTubeに移動します)
 
 

生産物(生産履歴)

〇植物科学科販売物(生産品)
 植物科学科で販売されている野菜等は生産履歴が記録されています。
 購入された際には、ぜひご確認ください。
 
ヒムロット(ブドウ).pdf(8/6~)幸水(梨).pdf(8/17~)
    ・ベリーA.(ブドウ)pdf(9/4~)   ・巨峰(ブドウ).pdf(9/4~)
 ・
豊水(梨).pdf(9/4~)                 コシヒカリ(米).pdf(10/5~)
       あきづき(梨).pdf (9/25~)     ・シャインマスカット(ブドウ).pdf(9/30~)
 

植物科学科日誌

植物科学科日誌 >> 記事詳細

2020/10/19

オーストラリアへのイチゴ輸出プロジェクト1【生工科・植物科】

| by 農業担当
7月17日の生物工学科のページに下野新聞社の取材について掲示しました。その続きになります。

このプロジェクトは、日本のイチゴをオーストラリアに輸出するための栽培管理マニュアルを作成することが目標です。

そして、オーストラリアのお客様が「購入され、召し上がり、体調を崩さない」という品質保持や食中毒防止についても調査・研究をしています。

露地栽培のイチゴは、オーストラリアは輸入しません。このことを想定して本校敷地内の温室で試験区(10月9日に定植)を設定し、生育調査を行っています。


現在、品質保持について果実の硬度ついて注目し、プランターごとに肥料成分の差をつけて調査しています。


実現まで数年はかかる見通しです。コツコツと頑張っていきましょう。
10:27 | 投票する | 投票数(39)
PAGE TOP