柔道部の紹介
☆ようこそ 柔道部のホームページへ☆
「競技を極めたい、身体を動かしたい、日本の伝統文化に触れてみたい、資格を取得したい、マネージャーとして活動を支えたい」など、動機や経験を問わず部員を募集します。初心者も大歓迎です。ぜひとも武道場をのぞきに来てみてください。

【活動方針・年間計画】柔道部.pdf

【2021年度(昨年度)のおもな実績】
○栃木県総合体育大会柔道競技会 女子個人戦 優勝
○栃木県総合体育大会柔道競技会 男子個人戦 第3位・第5位
○栃木県総合体育大会柔道競技会 女子団体戦 第5位
○全国高等学校柔道大会栃木県予選会 女子個人戦 第3位
○全国高等学校柔道大会栃木県予選会 男子個人戦 第5位
○栃木県高等学校新人柔道大会 男子個人戦 第5位
○栃木県女子柔道選手権大会 第8位
○栃木県女子ジュニア柔道体重別選手権大会 第5位
○講道館柔道二段昇段 ほか

伝統ある「栃農柔道部」がさらに飛躍できますよう、御指導と御鞭撻のほど、どうぞ宜しくお願いいたします。
日誌

柔道部の活動

県新人大会 団体優勝!【柔道部】

 11月11日(金)~12日(土)、ユウケイ武道館において、栃木県高等学校新人柔道大会が開催され、新チームとなった栃農柔道部1・2年生が出場しました。

 今大会は、1・2年生の今後を占う大切な大会で、今後のシード権にもかかわってくることから、どの学校においても力を入れている大会です。一方で、これまで高校生の大会に出場する機会をなかなか得られなかった生徒が初めて参加する大会であり、さらには、高校から柔道を始めた生徒が初めて試合する大会でもあるなど、実に大きな意味を持つ大会です。

 さて、本校は男子のみ出場となりました。団体戦では3人制にエントリー、緒戦「対 合同チーム(宇北高・真高)」に3-0、続く「対 黒磯高」に3-0と勝利し、決勝戦「対 高高」に2-1と勝利し、優勝を果たしました。2年生の勝利はもとより、1年生の活躍も光る試合内容でした。とはいえ、今後は5人制の試合が続きます。今大会で得た反省点を踏まえ、今後の大会に向け、出稽古等を含めて精進していきたいと思います。なお、個人戦については、栃農祭と重なったため、欠場となりました。 〈下野新聞ホームページに写真が掲載されました⇒https://www.shimotsuke.co.jp/articles/-/656289

 また、大会前には、長谷川 莉寿 先輩(R2生活卒)、中島 礼華 先輩(R3食科卒)も、差し入れを携え、激励に来てくださいました。大変ありがとうございました。また来てくださることを楽しみにお待ちしております。

 最後になりましたが、コロナ禍における大会にもかかわらず、久しぶりの無制限有観客開催、そして、徹底した感染症対策のもと、安全・安心な開催に御配慮いただいた栃木県高等学校体育連盟柔道専門部の先生方をはじめ、関係する先生方にはこの場を借りて心より感謝申し上げます。ありがとうございました。

そこのあなた!119番をお願いします!【柔道部】

 栃農柔道部では、部活動目標の一つとして、「安全を第一に考え、(公財)全日本柔道連盟発出の安全指導各種資料等に則して、ケガや事故の防止」に努め、特に「頭部や頸部のケガ、熱中症、新型コロナウイルス感染症等に十分注意し、安全第一」を心掛けて活動しています。

 その一環として、栃木市消防本部大平分署主催の普通救命講習に参加してきました。消防署員さんの御指導のもと、心肺蘇生法、AEDの操作方法、止血法等を学び、「普通救命講習修了証」をいただきました。今後はこの学びを大切にしながら、緊急事態における対応について、適切かつ迅速に行えるようにしたいと思います。

 最後になりましたが、御指導いただいた栃木市消防本部大平分署の皆さんをはじめ、関係する方々にはこの場を借りて心より感謝申し上げます。ありがとうございました。

 

※写真は4名ですが、生徒は5名参加しました。安全な部活動に関する学習を栃農柔道部では行っております。

 

頑張れ!チームとちぎ!【柔道部】

 いよいよ、第77回国民体育大会 いちご一会とちぎ国体の開幕が迫ってきました。天皇杯・皇后杯の獲得を目指し、各競技団体の追い込みも大詰めになっているところです。本校においても、競技会場におけるおもてなし等の準備をはじめ、ボランティア活動も本格化しています。

 柔道競技においては、3連休を含む土日で国体合宿が行われており、栃農柔道部も選抜者のみではありますが、足利市民武道館での合宿に日帰りで参加してきました。

 さすが国体選手、レベルの高い練習が行われていたほか、多くの関係者による激励など、チーム一丸となった取り組みが行われており、実戦練習はもとより、見るだけでもたくさんの刺激と収穫を得ることができました。

 最後になりましたが、徹底した感染症対策のもと、このような参加の機会を与えていただきました栃木県柔道連盟強化委員会の先生方をはじめ、関係する先生方にはこの場を借りて心より感謝申し上げるとともに、国体での御活躍をお祈りいたします。ありがとうございました。「頑張れ!チームとちぎ!」

 

※参加生徒の中学校時代恩師と記念に撮影させていただきました。柔道を通した積極的な交流を栃農柔道部では行っております。

 

ようこそ先輩【柔道部】

 ようこそ先輩シリーズ、久しぶりの投稿です。というのも、新型コロナウイルス感染症の影響によって、先輩方から来たいとの連絡をいただきながらも、お断りしなければならない時期もありましたので、久しぶりの投稿というわけです。

 今回は、一昨年度(令和元年度)の食品化学科卒業生である、安西 俊輔 先輩が来てくださいました。

 安西 俊輔 先輩は、現在、新潟食料農業大学3年生で、帰省されるたびに必ず稽古に来てくださります。そんな安西先輩は、大学でも大活躍!こちらの記事をお読みください。⇒https://nafu.ac.jp/magazine/15845/

 少しずつ在校生も安西先輩の実力に追いつきはじめ、良い稽古ができました。また、沢山のアドバイスもいただきました。これからも、機会がある際はぜひともお待ちしております。そして、安西先輩の御活躍を心からお祈りいたします。

 

栃木県高体連南部支部柔道専門部表彰【柔道部】

 先日、栃木県高等学校体育連盟南部支部柔道専門部より、3年生に対して優秀賞、1・2年生に対して敢闘賞が授与されました。

 この表彰は、南部支部大会が中止とはなったものの、これまでの活動を評価したいとの専門部による計らいにより、本校生徒も表彰を受けました。

 本校生徒への表彰については、終業式の賞状伝達式で行われましたが、顧問からは、「3年生に対してはこれまでの努力に対する表彰であり、1・2年生に対してはこれからに期待する表彰である」と話をしました。

 最後になりましたが、このような計らいをしてくださった栃木県高等学校体育連盟南部支部柔道専門部の先生方にはこの場を借りて心より感謝申し上げます。ありがとうございました。

全国高校総体柔道競技栃木県予選会【柔道部】

 6月19日(日)・24日(金)の2日間、ユウケイ武道館において、全国高等学校体育大会柔道競技会(全国高等学校柔道大会)栃木県予選会が開催され、栃農柔道部も出場しました。

 今大会は、高校3年生の多くが高校時代の大会における最後の大会となり、集大成ともなる大会です。また、全国大会の予選ではありますが、団体戦・個人戦ともに第1位しか切符を得られないため、熾烈な争いが繰り広げられました。

 初日の個人戦においては、男子のみのエントリーとなりましたが、全員が緒戦敗退となりました。結果的には残念ではありましたが、3年生にとっては悔いのない試合ができたこと、高校入学後に柔道を始めた生徒が試合の経験を積めたこと、ケガをしながらではあったものの実戦経験が積めたことなど、収穫はあったように思います。

 第2日の団体戦においては、今春に関東大会へ出場し、シード校である宇高との緒戦となりました。宇高とは、日ごろからよく合同練習をさせてもらい、生徒同士も交流を深めている学校で、3年生にとっては感慨深い対戦カードとなりました。相手のオーダーを研究し、作戦を立てて臨みましたが、1対3で敗退となりました。とはいえ、2年生が今後につながる経験が積めたことはもとより、特に3年生においては、ケガで苦しんでいた生徒が試合場へ立てたこと、高校入学後に紆余曲折を経て柔道を始めた生徒が試合で初めて相手を投げてスコアを獲得したこと、そして悩みながらも部をまとめ最後にキャプテン同士の試合ができたことなど、結果よりも人生にとって大きな財産となる試合でした。

 大会への出場は、当然のことながら順位が決定され、結果が全てとなります。しかしながら、この結果はあくまでも競技成績のことであって、高校生で結果が出ても、出なかったとしても、長い人生から考えれば、ほんの一瞬の出来事です。それよりも、この柔道を通して、何を学び、何を経験し、何を感じたか、これが長い人生にとって大きな意味を果たすのではないかと思います。

 柔道を創設した、嘉納 治五郎 師範は「世を補益するが柔道修行の究竟の目的である」と説かれ、国際柔道連盟会長であった、松前 重義 博士は「柔道・友情・平和」を説かれました。高校3年生にとっては一区切りではありますが、引退ではなく、これからも柔道修行は続きます。ぜひ、この柔道を通して得たものを今後の人生において生かしてもらいたいと思います。

 最後になりましたが、コロナ禍における大会にもかかわらず、制限付きではありましたが有観客での実施、そして、徹底した感染症対策のもと、安全・安心な開催に御配慮いただいた栃木県高等学校体育連盟柔道専門部の先生方をはじめ、関係する先生方にはこの場を借りて心より感謝申し上げます。ありがとうございました。

<宇高ホームページもご覧ください>
令和4年度 全国高等学校総合体育大会柔道競技県予選 - 栃木県立宇都宮高等学校 (tochigi-edu.ed.jp)

 

 

 

栃農だよ!柔道部集合!【柔道部】

 現在、本校では3年生の卒業アルバム写真撮影が行われています。昨年度は南国の雰囲気を出すべく、農場での撮影を行いましたが、今年度は原点回帰、柔道場での撮影を行いました。昨年度の予定では、林道案があったのですが・・・。

 さて、今年度も柔道部には多くの新入部員が来てくれました。本校柔道部は経験・未経験を問わず、プレーヤー・マネージャーを問わず入部を歓迎しています。今年度の部員の中にも、経験・未経験者、プレーヤー・マネージャー、競技志向の部員、体力向上志向の部員、他競技と二足のわらじを履いて活動する部員、生徒会やホームルーム活動で活躍する部員など、様々な生徒が在籍しています。

 部活動は競技力向上のみならず、異年齢との交流の中で、生徒同士や顧問と生徒等の人間関係の構築を図ったり、生徒自身が活動を通して自己肯定感を高めたりするなど、その教育的意義が非常に高い活動です。また、学習意欲の向上や責任感、連帯感の涵養、互いに協力し合って友情を深めるといった好ましい人間関係の形成に資するものでもあります。今後も、栃農柔道部は競技力向上のみならず、安全に配慮しながら、教育的意義のある活動となるよう取り組んでいきたいと思います。御指導と御鞭撻のほど、どうぞ宜しくお願いいたします。

 

 

いちご一会とちぎ大会リハーサル大会【柔道部】

 今年度、本県において、「夢を感動へ。感動を未来へ。」のスローガンのもと、「いちご一会とちぎ国体・とちぎ大会」が開催されます。
 
 本県においては、競技力向上(選手強化)はもちろんのこと、大会運営をはじめ、多くの準備が大詰めを迎えています。本校の所在地である栃木市においても各種競技が開催されることから、ボランティア活動やおもてなし活動など、様々な準備が行われています。
 
 そのようななか、5月22日(日)、栃木市総合運動公園において、とちぎ大会のフライングディスク競技会リハーサル大会が行われ、栃農柔道部もボランティアとして参加しました。
 
 普段関わる機会がほとんどない障害者スポーツ、フライングディスク競技、大会運営でしたが、それぞれの分担に基づいて業務にあたりました。最初はわからないことだらけでうまくいかなかった部分も多くありましたが、競技役員の方々のアドバイスや経験を積んでいくにつれて、徐々に業務を円滑に進めていくことができました。
 
 また、競技にひたむきに、そして真剣に、そして楽しみながら取り組んでいる選手の皆さんを見て、スポーツとは何か、そしてスポーツの持っている力を改めて学ぶことができました。
 
 最後になりましたが、大会開催に御尽力いただき、さらにこのような機会を与えてくださった関係者の方々にはこの場を借りて心より感謝申し上げます。ありがとうございました。秋の本大会では、選手団の皆さまはもとより、関係者の方々の御来県をお待ちするとともに、本校においてもボランティア活動やおもてなし活動を行う予定ですので、ぜひとも御期待ください。

  

県ジュニア 兼 関東(全日本)予選【柔道部】

 5月16日(日)、ユウケイ武道館において、栃木県ジュニア柔道体重別選手権大会 兼 関東ジュニア柔道体重別選手権大会(全日本ジュニア柔道体重別選手権大会関東地区予選会)栃木県予選会が開催され、栃農柔道部も出場しました。

 今大会は、ジュニア世代(15~20歳)における世界への登竜門であり、最終的には世界大会までつながります。それゆえ、出場選手のレベルは相対的に高く、ハイレベルな試合が展開されました。

 栃農柔道部は、3年生部員が測量士補の資格試験受験のため出場できず、さらには中間試験直前であったことから、2年生部員1名のみの参加となりましたが、緒戦敗退となりました。(注:測量士補と
は、測量業者に従事して測量を行うために必要となる国家資格であり、今回の試験会場は東京大学駒場キャンパスで行われました。本校では各種資格試験の積極的な受験をおこなっています。資格試験ではありましたが、東大に行くことはなかなかないので、貴重な経験になったことでしょう。)

 最後になりましたが、大会開催に御尽力いただいた栃木県柔道連盟の先生方をはじめ、関係する先生方にはこの場を借りて心より感謝申し上げます。ありがとうございました。

県総体 兼 関東予選【柔道部】

 5月1日(日)、ユウケイ武道館において、栃木県高等学校体育大会柔道競技会 兼 関東高等学校柔道大会栃木県予選会が開催され、栃農柔道部も出場しました。

 今大会は、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点により、関東大会が団体戦のみの開催となったため、栃木県予選会も団体戦のみの開催となりました。とはいえ、関東大会が記念大会であるため、栃木県の関東出場枠が男女ともに1枠ずつ増えたことにより、熾烈な争いが繰り広げられました。

 本校は男子のみに単独エントリーしましたが、善戦及ばず緒戦敗退となりました。個々の実力不足はもちろんのこと、コロナ禍による練習不足等が大きく影響した結果となりました。そのような中で、高校入学後に柔道を始めた生徒が初めて試合に参加できたこと、1・2年生が実力を発揮し勝利したことは、今後につながる大きな結果にもなりました。

 なお、大会前には、安西 俊輔 先輩(R1食化卒)が、在学している新潟食料大学の限定日本酒を携え、激励に来てくださいました。(注:後輩には稽古で胸を貸していただき、日本酒は顧問がおいしくいただきました。)
オール胎内産の日本酒製造 新潟食料大と今代司酒造: 日本経済新聞 (nikkei.com)

 また、中島 礼華 先輩(R3食科卒)も激励に来てくださいました。中島先輩も新潟食料大学に今春進学されました。安西先輩、中島先輩、大変ありがとうございました。また来てくださることを楽しみにお待ちしております。

 最後になりましたが、コロナ禍における大会にもかかわらず、制限付きではありましたが、久しぶりの有観客開催、そして、徹底した感染症対策のもと、安全・安心な開催に御配慮いただいた栃木県高等学校体育連盟柔道専門部の先生方をはじめ、関係する先生方にはこの場を借りて心より感謝申し上げます。ありがとうございました。