↑ 申込みは1月21日まで
   

 
 栃農生がつくった食材を
 大平地区の小中学生の給食へ提供しました!
 
 
  

 
  さまざまな進路情報が掲載されています。

  
  学校案内パンフレットはこちら  ↑

 
     今年度は終了しました ↑
 
※全国農業クラブマスコット
《のうくっく》は本校卒業生が制作



栃工 栃商 栃農の発表を掲載しています


 
Site Visitors259195
(2021/4/1~)

  全国農業高校・農業大学校
  ホームページコンテスト
  第4回 審査員特別賞受賞!
    <受賞の詳細はこちら>
 

    栃高教研農業部会へのリンク
 

     下野農業協同組合へのリンク
 

栃農給食DAYとは…


 
 大平学校給食センターとコラボし、2021年12月1日「栃農給食DAY」を実施する計画を立てています。本校産の米、野菜、豚肉、加工品を使った給食メニューを1日限定で提供する取り組みです。これにより、地産地消・食育の推進、本校生徒の学習成果の披露に繋げたいと考えています。
 提供に至るまでの半年間、どのように食材が栽培・飼育・加工されているのか、このHPで随時更新していく予定です。併せて、生徒たちが考えた学習教材の作成も検討中です。是非みなさん定期的に本校HPに足を運んでみて下さい。

121日の給食に提供される食材は、コシヒカリ、豚肉、ハクサイ、キャベツ、ブロッコリー、ネギ、味噌となります。給食に使われる本校産食材の自給率は、58.5%です。普段の学校給食では、栃木市産の自給率が0~20%程度だそうです。それを踏まえても、1カ所の生産者でこれだけの自給率は、とても高い数字です。

この取り組みにより、地産地消の推進とともに、私たちの学習の成果が披露できればと考えています。



 
  担当:豚肉
   

 動物科学科です。
 私たちの担当食材は、豚肉です。
 2021年6月16日に子豚が生まれました。この子豚たちを給食DAYに向けて、愛情を込めて育てていきます。
 6月16日生まれの豚を給食に向けて、準備してきましたが、実は生育が良すぎて、仕上がり早く、11月5日に出荷してしまいました。生育状況を順次ホームページで紹介してきただけに、非常に残念です。期待して見て下さっていた方には、大変申し訳ないです。動物や植物は、生き物なので、予定通りに出荷する難しさがあることを痛感させられました。代わりに7月3日生まれの豚を出荷します。もちろん私たちが愛情を込めて育てた豚ですので、安心して食べて下さい。

 

    
  担当:米
  

 こんにちは!植物科学科です。
 私たち作物専攻生が農場で栽培しているお米(コシヒカリ)について、種まきからお米になるまでの過程について紹介します。

 
お米は、本校から14km離れた岩舟農場で植物科学科が中心に生産しています。今年の栽培では、台風も少なく天候に恵まれ、病気も少なかったです。提供するお米のPRポイントは、お米のおいしさを示す食味値が、県内農業高校7校のうち、2番目に高いという点です。是非味わって食べて見て下さい。

コメどの部分を食べている?   → コメ.pdf
 


 ※全学科の1年生が担当
 担当:ハクサイ・ブロッコリー

   
 
 1年生の「農業と環境」の授業で、ハクサイとブロッコリーを栽培します!
 
 ハクサイとブロッコリーは、4学科すべての1年生が「農業と環境」という授業で栽培しています。初めて野菜を作る生徒ばかりですが、先生の指導の下、一生懸命実習に取り組んでいます。また、自分の担当する区画を設けて、責任を持って管理をしています。

ハクサイどの部分を食べている?     →  ハクサイ.pdf
    ブロッコリーはどの部分を食べている?  →  ブロッコリー.pdf


    
  担当:ネギ・キャベツ

 ネギとキャベツは、植物科学科が栽培しています。野菜は、天候に左右されやすく予定通りに作るのがとても難しいです。12月1日の出荷に向けて、それに合った品種や播種時期を選び、栽培を進めています。害虫対策にも悪戦苦闘しています。


ネギどの部分を食べている?    → ネギ.pdf 
       キャベツはどの部分を食べている?  → キャベツ.pdf




 担当:味噌
   
                      味噌仕込み                樽詰め

 1月から始まった味噌づくり。米麹づくりから始まり、仕込んだ味噌を10ヶ月間熟成させてつくります。

味噌は、食品科学科が製造しています。材料は、県内産大豆と栃農産のお米です。地元産の材料をふんだんに使い、手間暇掛けて大切に仕込んだお味噌です。


ダイズどの部分を食べている?   → ダイズ.pdf
 
とちのう給食DAY
123
2021/12/01

栃農給食DAY【当日】

| by 植物科学科
栃農給食デー当日

栽培(野菜・米)・飼育管理(豚)・食品製造(味噌)を行った代表生徒で大平中学校に視察訪問しました。

生徒は中学校での給食の雰囲気を思い出していました。

本日の献立はこちら
 
ご飯 牛乳 岩下の新・生姜焼き こんにゃくサラダ 味噌汁
納品時に予定数より多い数の野菜を納品した事もあり、野菜が豊富!!!

 
具だくさんの給食を食べた中学生は
「美味しかった。また食べてみたい。」
「同じ中学校の卒業生が作ってくれて感謝の気持ちです。」
などど生徒にとって嬉しい声が聞こえました。

 
本校の生徒も試食させていただき、
「野菜が多く美味しい。自分達で栽培・飼育したものが実際に給食となって提供できて嬉しい。」
と達成感を味わいながら、久し振りの給食をいただきました。

「食」を通じて地域の中学校と交流を行うことができました。

今後も地産地消活動を推進していくため、食材提供の品目を少しずつ増やし、徐々に提供地域を広げて活動していく予定です。

また、本日の栃農給食DAYのため、多くのご協力を頂きました。
献立を作成してくれた中田様をはじめ、栃木市教育委員会事務局様、調理して下さった大平給食センター職員の皆様方に厚く御礼申し上げます。
本日はありがとうございました!
09:04 | 投票する | 投票数(19)
2021/11/30

栃農給食DAY【出荷準備完了!!】

| by 動物科学科
食材準備完了しました。
大平地区の小中学生のみなさん、私たちの作った食材楽しみにしていて下さいね~。
 
18:13 | 投票する | 投票数(10)
2021/11/29

栃農給食DAY【いよいよ収穫です②】

| by 動物科学科

ブロッコリーの収穫をしました。
ブロッコリーの出荷予定量は61kgです。
何とか花蕾(食べる部分を「からい」と言います)も大きくなり、ギリギリですが出荷量を確保できたと思います。

 
17:11 | 投票する | 投票数(6)
2021/11/29

栃農給食DAY【いよいよ収穫です①】

| by 動物科学科
本日、ネギ、ハクサイの収穫を行いました。
 
ネギは、合計42kg出荷予定です。
ネギの場合、収穫より皮をむいたり、先端を切ったりする調整作業が案外大変です。

 
ハクサイは、合計100kg出荷予定です。
大きくなり過ぎました。
大きい物で6kg越えとは…。給食センターのみなさん大丈夫でしょうか。

授業の関係で、ブロッコリーはこの後夕方より収穫します。
キャベツは、明日収穫します。
15:43 | 投票する | 投票数(5)
2021/11/24

栃農給食DAY【豚肉の格付結果】

| by 動物科学科
出荷した豚は、月曜日に競りにかかりました。
今回の格付け結果は…

何と「極上」でました!!
極上は、通常の出荷で0.2%くらいしかでないレアものです。
上物が5頭、中物が2頭 で全体的に良い結果でしたね。
一安心~。
17:12 | 投票する | 投票数(8)
2021/11/19

栃農給食DAY【豚の出荷】

| by 動物科学科
栃農給食DAYに提供される豚を8頭出荷しました。
出荷の朝は早く、今朝は5時に学校集合しました。
あっという間にトラックに積み込まれ、芳賀の食肉センターに向かいます。
センターでと畜され、月曜日のセリにかけられます。
 
07:34 | 投票する | 投票数(6)
2021/11/18

栃農給食DAY【最後の計量】

| by 動物科学科
いよいよ明日、豚の出荷です。
出荷に向けて、最後の体重測定を行いました。
給食に提供するのは、7月3日生まれの豚で、日齢で約140日です。
通常豚は、180日程度で出荷を迎えることから、こちらも前回に続き引き成育がとても良いです。
 
大きいもので122kg、小さいもので101kgでした。
114kgが出荷目標ですので、平均を取るとそれに近いものでした。
生体の65%くらいが枝肉となります。
06:34 | 投票する | 投票数(5)
2021/11/12

栃農給食DAY【お米⑥】

| by 植物科学科
今回は精米の紹介を紹介します。

精米とは
調整を終え袋詰めされたお米「玄米」の糠層を削り取る事を言います。
削り終えたお米を「白米」といい、美味しく食べられる状態にします。
 
        精米機による精米                精米を終えた「白米」
精米されたばかりのお米は温かく、とても甘い匂いがします。


      玄米              白米
削り終えたお米がはっきりと色が違う事がわかりますね。

 
最後に精米されたお米を、栃農オリジナル袋に詰めて完成です!!!



いかがでしたでしょうか?

お米は種まきからお米として袋に入るまで、約5ヶ月から半年近くかかるんですね。
私たちが日々管理を行い、愛情込めて育ててきたお米です。
小中学生の皆さん、美味しく安心して食べて下さいね。
08:00 | 投票する | 投票数(8)
2021/11/12

栃農給食DAY【豚1頭いくら?】

| by 動物科学科
先日、栃農給食DAYに提供する予定だった豚を出荷しましたが、いくらで売れたか気になりませんか?
豚1頭の値段は、「大きさ(重量)」と「1キロあたりの価格(単価)」で決まります。その単価は、格付けによって変化します。
豚の格付けは、よいものから 極上 > 上 > 中 > 並 > 等外 です。

さて、今回の豚は …



10頭中、上×8頭、中×2頭でした。大変よい結果でした。ちなみに極上はめったに出ません。
しかし、豚肉の相場が安く、単価が400円台で伸びませんでした。
最も高く売れた豚が、3万5千円。今年は、4万円くらいで推移していましたが、ここにきて安くなっています。相場が良いときは、1頭5万円以上で売れることもあります。
06:59 | 投票する | 投票数(4)
2021/11/09

栃農給食DAY【謝罪会見?】

| by 動物科学科
11月8日、市役所で行われた栃木市長定例記者会見に出席してきました。
その中で、栃農給食DAYについて記者発表をさせてもらいました。
多くのプレスの方々が出席されていてとても緊張しましたが、上手に発表できました。


PRと併せて、一つ皆様に報告をさせていただきました。
「給食DAYのために育てた豚を出荷してしまいました。」
記事にも紹介してきましたが、育ちが良すぎて、出荷日まで待てませんでした。
期待してHPを見ていただいた方々には、大変申し訳ありません。
代わりに7月生まれの豚を出荷する予定です。この豚も私たちが愛情を込めて育ててきたので、安心して食べて下さいね。
 
10:14 | 投票する | 投票数(7)
123
PAGE TOP