通信制からのお知らせ

通信制の生徒の皆さんへ

通信制)『答案用紙』の返送準備 いよいよ大詰め

 〝後期試験〟『答案用紙』の返送準備がHR担任の手で進められ、この作業がいよいよ大詰めを迎えています。

 2月3日(金)の午後、およそ400通の郵送物が通信制の生徒の皆さんあてに一斉に発送される予定です。この郵送物には、『答案用紙』と解答例のほか、『令和4年度 後期 学習結果確認一覧』も同封されています。後期の報告課題の提出状況や出席時数、後期試験の結果をチェックしましょう。また、答案用紙と解答例を見比べて、復習することも学習の重要なポイントとなるでしょう。

  

0

通信制)〝後期試験〟の第3日が終了しました。

 1月31日(火)、通信制〝後期試験〟の第3日が無事に終了しました。

 今回の試験は、1月15日(日)から3週にわたって日曜火曜に実施。学校設定科目の「近代文学を読む」と「スポーツ」を除く、すべての開講科目の試験が行われました。

 1年でもっとも寒さが厳しくなる時季。試験期間には、10年に一度レベルの猛烈な寒波が日本列島に南下しました。学悠館高校のある栃木市も、とても寒い日々が続きました。しかし、毎回、たくさんの生徒の皆さんが元気に登校して試験に臨んでいました。単位の認定に関わる重要な試験とあって、誠実に問題に取り組む姿が印象的でした。

 第3日の4時限目にはLHRの時間が設けられ、『コレスポンド通信』(2月号)が生徒の皆さんに配付されました。また、答案の発送予定次年度の受講卒業式に関する話にも耳を傾けました。

  

  

0

通信制)初日を迎えた〝後期試験〟

 学悠館高校通信制では、前期末と後期末に定期試験が実施されます。

 1月15日(日)、〝後期試験〟の初日を迎えました。午前の4時間は、のべ36教室で現代の国語情報の科学日本史B地理B理数探究基礎体育など18科目の試験が行われました。午後からは、受験科目の重複した生徒の皆さんが試験に臨みました。

 今日の栃木市は、朝からどんよりとした曇り空。すぐれない天候でしたが、250人ほどの生徒の皆さんが試験の開始時間に合わせて登校しました。受験状況は、きわめて良好。問題を解く生徒の皆さんの表情は、真剣そのものでした。

 通信制の生徒の皆さん、体調管理と試験対策に努めて、引きつづき〝後期試験〟に粘り強く取り組みましょう。

      

0

通信制)体調の管理に努めて「後期試験」に臨みましょう。

 1月15日(日)・17日(火)から通信制「後期試験」が始まります。

 生徒の皆さんは、「面接指導」の内容を振り返ったり、「報告課題」を見直したりして、試験対策に励んでいることと思います。

 寒い毎日が続く、新型コロナウイルス感染症の終息が見通せない、インフルエンザの流行も気になる……。このような時だからこそ、体調の管理にいっそう努める必要があります。ぜひ健康を保って、試験当日には日ごろの学習の成果を十分に発揮できるようにしましょう。

 試験の日程は、『令和4年度スクールガイド―通信制課程―』(49・50ページ)で確認することができます。また、『コレスポンド通信令和4年度1月号』とともに、「令和4年度後期試験範囲」の一覧表も配付されています。これらを参考にして、試験勉強に力を注ぎましょう。

  

【後期試験問題の見本】        【後期試験範囲】           【前期試験の受験風景】 

0

通信制)「面接指導」の最終回 ~後期試験と次年度受講の準備~

 12月25日(日)・27日(火)、通信制「面接指導」が最終回を迎えました。

 各日とも、生徒の皆さんは、午前中いっぱい受講科目のしめくくりの学習に取り組みました。一方、午後はLHRに臨んだ後、教室内の清掃にも励みました。2日間で250名ほどの生徒が出席し、校内は活気にあふれていました。

 LHRでは、令和5(2023)年度の『シラバス』が配付され、次年度の受講に向けた説明などが行われました。生徒の皆さんは、HR担任と相談しながら、「令和5年度受講申込書」「後期試験 受験届」に必要事項を記入して提出しました。

  

 LHRの時間には、『コレスポンド通信』(1月号)、「学習状況通知」「後期試験の範囲表」などが手渡されました。また、「学校評価アンケート」(保護者用・生徒用)も配付されました。生徒の皆さんは、さっそくQRコードを読み取ってアンケートに回答していました。

  

0

通信制)薬物乱用防止講話 ~断る勇気が未来をつくる~

 12月20日(火)、2・3時限目に会議室で通信制の火曜日生を対象に〝薬物乱用防止講話〟が実施されました。この講話は、「薬物乱用による弊害を正しく認識することや自分の大切さに気付き、薬物乱用の誘いを断れる的確な判断力を身につける」ことを目的に、例年この時期に行われています。

 講師には、栃木県薬剤師会薬剤師、薬物乱用防止指導員の 増山 仁 様をお招きしました。講演のテーマは、「Stop the薬物! ~断る勇気が未来をつくる~」。薬物の乱用は誰の身にも起こりうる問題とあって、生徒の皆さんは集中して耳を傾けていました。薬物乱用の実態や違法薬物の怖さ、断る勇気を持つことの大切さなどを十分に学んだようです。

 増山先生には、専門的な知見からたくさんの具体例を挙げながらご講話くださいました。ご多用の所ご来校くださり誠にありがとうございました。

  

 この講演会は、「薬物乱用防止啓発訪問事業」(厚生労働省)として実施されました。

0

通信制)〝性教育講演会〟 開催 ~性に関する専門医等派遣事業~

 12月18日(日)、3・4時限目に会議室で通信制の生徒の皆さんを対象とした〝性教育講演会〟が開催されました。この講演会は、「性に関するさまざまな健康問題について普及・啓発を図る」ことを目的に毎年1回この時期に行われています。

 講師には、医療法人友仁会 おおひらレディスクリニック で院長をお務めの 岸本 恭紀 先生をお迎えしました。講演のテーマは、「高校生に伝えたい性」。妊娠と出産、男女の性差、性感染症の予防、男女交際の在り方、健康な生活を送ることの大切さなどについて、貴重なお話をうかがうことができました。

 岸本先生には、ご多用の所ご来校くださり誠にありがとうございました。

  

  この講演会は、「令和4(2022)年度性に関する専門医等派遣事業」(栃木県教育委員会事務局学校安全課)として実施されました。

 

<参加した生徒の感想より>

〇将来、家庭を持つことになるかもしれない。それに至るまで、今回の講座を通していろいろと考えるべきことがあることを再認識した。

〇メディアにおける性に関する情報は、しっかりと見極める必要があるということを知った。

〇医学的な知識を正しく持ち、何かあったらその問題を解決したい。

〇今まで知らなかったことがたくさんあった。将来のためにも、今回の講座に参加できてよかった。

〇ニュースで知ったり、教科書で学んだりする以上に、専門医の先生から話を聞く方がわかりやすかった。

0

通信制)今年度になって4回目の〝クリーン運動〟

 12月11日(日)、通信制の生徒の皆さんが〝クリーン運動〟に取り組みました。今回の活動は、今年度になって4回目。これまでの3回は、ボランティアの生徒が2グループに分かれて「学悠館通り」と栃木駅前、巴波川(うずまがわ)周辺の清掃活動に励みました。投棄されたゴミ類をたくさん拾い集めるなど、地域の環境美化に貢献してきました。

 4回目の活動場所は、校舎内。通信制の生徒皆さんの使用頻度の高い2階教室を中心に計画が組まれました。今回の変更は、3回目までのルートの一部が工事区間に含まれたことなどによります。

 〝クリーン運動〟は、生徒会が主体となったボランティアによる清掃活動です。今日も、生徒の皆さんの頑張りで、教室などの隅ずみまですっかりきれいになりました。

 お疲れさまでした。\(^o^)/

  

  

  

  

0

通信制)中塚校長先生による面接指導(授業形式)の見学

 10月上旬から2か月間にわたって、中塚昌男校長先生による通信制面接指導(授業形式の学習指導)の見学が行われました。

 例年、後期の学習の開始時期に合わせて、学習指導の充実を図るため見学期間が特別に設けられています。この見学は、生徒の学習状況をつぶさに把握するとともに、教員の学習指導のスキルアップをおもな目的として実施されています。

  

 

 通信制の学びでは、面接指導の出席・報告課題の提出・定期試験の受験という「学習サイクル」の円滑な流れがとても重要です。このうち、面接指導は日曜日(火曜日)に行われます。 

 生徒の皆さんは、各科目の学習のポイントや学習の仕方を学び、レポート作成上の留意事項などを確認することになります。

  

  

0

通信制)進路講演会 ~株式会社タスクの川嶋名誉会長をお招きして~

 12月6日(火)、2・3時限目に会議室で〝進路講演会〟が開催されました。今回は、株式会社タスクの名誉会長である 川嶋 幸雄 様を講師としてお招きしました。

 演題は、「Never Give Up! ~好奇心を持とう!そして、大いにチャレンジしよう!~」。創業時の思いと経営理念、自社のミッション、世界で通用するものづくり、時代の大きな変革、充実した人生など、体験に基づく貴重なお話は出席者の心に響く内容でした。

 海外でのエピソードが紹介された場面では、出席者から思わず笑いがもれていました。一方、仲間をつくることや人を思いやることの大切さに関するお話は、生徒の皆さんに勇気を与えてくださいました。

 講演後には質疑応答の時間が設けられ、川嶋様には熱心にご回答いただきました。

 ご多用のところ、川嶋様にはご講演くださり、誠にありがとうございました。

  

0