清陵日誌

第37回卒業式

春の訪れを感じる暖かさとなった令和6年3月1日

第37回卒業式が挙行されました。

朝方はあいにくの雨でしたが、卒業式が進むにつれて青い空が広がっていきました。

卒業生の卒業を祝うかのように、空は清陵ブルーの青空でした。

卒業証書授与送辞答辞

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

厳粛な雰囲気の中、183名が晴れて卒業しました。

今年度は、新型コロナウイルス流行後、初めて全校生が一緒に校歌を歌う姿をみることができたとても良い卒業式となりました。

校歌斉唱

清陵カルチャーフェスティバル

生徒会が企画・運営している「清陵カルチャーフェスティバル」が2/27(火)に開催されました。

文化部が主役となって、清陵高校文化部の発表および体験を生徒および職員を対象に実施しました。

昼休み(前半)には、科学研究部が大きな定規一つで清陵高校の校章を中庭に描いてくれました。

昼休み(後半)には、吹奏楽部によるガーデンコンサートが行われました。

 

放課後には、茶道部の茶道体験、かるた班による試合の様子、箏曲部による合奏などが行われ、多くの生徒が参加し、いつもよりにぎやかな放課後でした。

アート部の作品展示科学研究部による校章の解説写真部の作品展示茶道体験かるた班による試合箏曲の合奏

 

すぎの芽学園・デイサーセンターすぎの芽訪問

共通試験が終わり、3年生は今日から午前中授業です。

進路先が内定した生徒は、1月15日(月)から「すぎの芽学園」及び「デイセンターすぎの芽」を訪問して一緒に活動させていただきます。そのため、先週は職員の方が来校して説明会を開いてくださいました。

交流するにあたって気をつけることや活動・準備などについて説明してくれました。

初日の今日は、本校生徒5名が利用者さんと一緒に小枝拾いを行いました。そのうちの生徒一人の感想です。

「障がい者の方は弱々しいというイメージをもっていました。実際に一緒に働いてみたら、自分たちよりも丁寧な方もいて、むしろ頼もしいと感じました。健常者と違うのかなと思っていたのですが、個性があるだけで話している内容も自分たちと変わらず親近感がわきました。」

障がい=個性 

明日からもご一緒に活動させてください。よろしくお願いいたします。

R6年共通テスト激励会

明日からの共通テストに向けて直前指導を行いました。

非常に寒い日の体育館なので生徒は防寒対策をしっかりして臨みました。

先生方からの激励の言葉と直前指導を受けました。

入学してから3年間培ってきた実力が発揮できるよう応援しています。頑張ってください!

 

令和5年度 3学期始業式

1月9日、本日より3学期が始まりました。

始業式での校長式辞では、冒頭に令和6年能登半島地震に触れ、亡くなられた方へのお悔やみと被災された方へのお見舞いの言葉がありました。

3学期を迎えるにあたっては、3年生に対しては、卒業の重みを意識し、一つの資格と思い培った学力を維持するようこの先も努めてほしい。また、1,2年生に対しては、新入生を迎える準備とともに1日1日を丁寧に過ごし充実した学期となるようにしてほしいと述べられました。

令和5年度 2学期終業式

12月22日、2学期終業式が行われました。

2学期の始業式は図書館からの配信でしたが、今回は生徒一同、体育館に集まっての実施となりました。

終業式の前には賞状伝達式が行われ、部活動や各種検定などで多くの生徒が表彰されました。

続いて、後期の生徒会役員の紹介がありました。新メンバーとなり、清陵高校がさらに活気あるものとなるよう、今後の活躍が期待されます。

終業式の校長式辞では、「生徒一人ひとりが2学期の取り組みで成長したことを実感し、コツコツとした努力を続けるよう心掛けてほしい。また、3学期・新年の目標を立て取り組むことで、2024年がよい年になることを願っている。」と、お話がありました。

 

3学期は1月9日(火)からとなります。

生徒の皆さんは、体調を崩さないよう気を付け、年明け元気な顔を見せてください。

修学旅行研修発表【2学年】

1st Round

12月19日(火) 「総合的な探求の時間」等を利用し、10月に行った修学旅行・タクシー研修の成果発表を行いました。

それぞれの教室で、グループ毎にまとめたPowerPointの資料を基に、プロジェクターを使って発表。英語のセンテンスを必ず入れるというルールです。

Audience(観客)は、QRコードで読み取った投票ページで、わかりやすさ・構成・面白さ・行ってみたい度などをjudge(判定)しました。

 

まずQRコードを読み取ろう ↓

 

グループ発表。思い入れあり、照れあり、美しい画像あり、昼食の思い出食レポあり… ↓

 

各自のタブレットでjudgeタイム。Audienceマナーも完璧です。 ↓

こうして選ばれたクラス代表は、次のファイナルラウンドへ進みます。

 

Final Round

12月21日(木) ロングホームルームの時間。

厳正な審査の結果、選ばれた各クラス代表 5グループが、図書館からの配信で発表を行いました。

Go for it !

 

配信パネル側の発表者が画面に映り込みながらの発表です。パワーポイントの画像や動画の操作、音量の指示など、グループで協力しながら行いました。

 

 

すべての発表が終わった後、

Judgement time one minute!(息ピッタリ!)

 運営に参加したサミット(クラス委員長・副委員長)の皆さん、お疲れさまでした。

 

集計の結果、2組がベストパフォーマンス賞に選ばれました。おめでとう!

 2学年のビッグイベントである修学旅行は、これで一段落ですが、

これからの学校生活も全力で楽しみましょう‼ by the representation of 2-2

キャリア教育講演会を行いました

12月12日(火)1年生と2年生を対象にキャリア教育講演会を行いました。

講師にNHK宇都宮放送局より 丸山 武洋 氏をお招きし、「高校生に伝えたいこと」をテーマに講演をして頂きました。

生きること、働くことなど、人生という大きな単位で考えることの大切さを改めて考える講演会となりました。

生徒達にはこの講演を聴いて、自分の人生について広い視野をもって考える良い機会になれば幸いです。

 

 

科学技術科~LEDライト製作(前編)~

 皆さんこんにちは。科学技術科です。本校では、1学期に学習した電子部品に関する知識と2学期初めに習得したハンダ付けの技術の集大成として、毎年LEDライト製作を行っています。その授業の様子を今回から3回に分けてお伝えしたいと思います。

 前編では、何もないまっさらな基板から、回路ができるまでをお伝えしたいと思います。まずは、縦50mm横30mmの基板に指紋(油汚れ)をつけないように気をつけつつ、ドリルで穴をあけます。


まっさらな基板から回路を書き込みます真剣にドリルで基板に穴をあけています

 

穴をあけたら、レジストペンで基板に正確かつ丁寧に回路を書きこんでいきます。正しく書けたのを確認した後、レジストで書いた以外の部分の金属を溶かすエッチングを行います。

となりの回路とつながらないように細心の注意を払いますレジストで書いた部分以外の金属を溶かします

 

金属を溶かした後、きれいに水で洗浄してレジストをナイロンたわしで落とします。その後、ハンダ付けのためにフラックスを塗布します。

金属が錆びないように表面をコーティングします

生徒と一緒にLEDライト製作に参加しました

 

校長先生も生徒と一緒にLED製作に参加してくださることになりました。生徒の皆さんも勇気づけられてより一生懸命取り組んでいました。

 次回は、電子部品のハンダ付けを中心にお伝えしたいと思います。

第2学年分野別大学出張講義

11月9日(木)、2学年の生徒は、

作新学院大学にて行われた分野別大学出張講義を受けてきました。

 

東体育館前に集合… 目指すはお隣の作新学院大学!

徒歩で向かいます。

 

色付いた樹木に囲まれた美しいキャンパスに到着。

ここから希望コース別に、出張講義と大学構内施設見学に向かいます。

 

出張講義では、県内を中心に関東各所の大学・短大から講師の先生に来ていただき、模擬授業や大学の紹介をしていただきました。大学を取り巻く状況や資格取得など、大学の先生に直接お話を伺い、簡単な計算やゲーム、味覚の実験なども織り込んで、大学の授業の一端を体験できました。

 

施設見学では、お隣にありながらなかなか伺えない構内を拝見。立ち並ぶ講義棟やホールなどの施設は、高校とはまた違った風格に感じられました。

隣の教室で実際の講義が行われていたり、先生と学生が親しげに声を掛け合うなど、キャンパス内の様子も垣間見ることが出来ました。

 

この体験で、今後の進路への意欲がますます高まることを期待しています。