清風だより

清風だより

第3学期 始業式

令和5年1月10日(火)

 第3学期始業式が行われました。

体育館にて行う予定でしたが、今回はコロナ禍ということで、

各クラス放送にて行いました。

<校長講話>

 高校生に愛読書はありますか?という質問をしたところ愛読書が無いという回答が6~7割になりました。愛読書が無いということに抵抗を感じていないということです。ですが「読書は精神のインフラ」精神の基盤を作る基となります。すぐに役立つものはすぐに役立たなくなり、使い捨てのような魅力を感じないものですが、読書は違います。

 日々の自分の行動を振り返り、勉強に励み精神の基盤を豊かにすることに努めてほしいです。そして一日一日を大切に過ごしてください。

 

 

 

第16回 学習成果発表会

 令和4年12月21日(水) 学習成果発表会が行われました。

 午前中は、体育館で、生徒商業研究発表、課題研究、税に関する作文、全商スピーチコンテスト、栃木県高等学校英語弁論大会、ルールメイキング委員会からの発表を行い、午後は、1年普通科「総合的な探究の時間」の発表、1年商業科「総合的な探究の時間」の発表、2年普通科「総合的な探究の時間」の発表、2年商業科「総合的な探究の時間」の発表、3年普通科「総合的な探究の時間」の発表を体育館で行いました。また、廊下や特別教室を使い、授業の展示等も同時に実施しました。

<発表の様子>

 

 

 

 

 

 

<展示作品を見る生徒の様子1> 

 

 

 

 

 

 

<展示作品を見る生徒の様子2> 

2学期終業式

令和4年12月22日(木) 2学期終業式が行われました。

<表彰式風景>

  

 

<校長講話>

 

 校長講話ではマラソン大会が実施できず、その時にお話をする予定であったお話をされました。

チェコスロバキア のテニス 選手マルチナ・ナブラチロワさんの言葉

「勝敗は大切ではない、という言葉を使いたがるのは敗者だ。」

本気で勝つために努力をした者はたとえ勝っても負けても相手や自分にリスペクトが生まれる。本気で努力をして勝負した者だけが得られるものがあり、この経験が、人を成長させる。中途半端なものは何も生まないので本気で戦って欲しい。

 4月から今日まで本気で戦ってきたか?怠けようとする自分、弱い自分に負けなかったか振り返って欲しい。年が明けてからスタートするのではなく今日から自分との闘いを始めてほしい。自分を成長させてくれるのは本気の自分だけです。良い年を迎えましょう。

<学習指導部長のお話>

 集中力についての3つのポイント

・目標を明確にする

・持続可能(サステナブル)な計画を立てる

・休憩を入れる

自分の時間をうまく使うため自分で決めて実行して欲しい。そして3学期の準備を、通知表を見ながら考えてください。

<生徒指導部長のお話>

 

  失敗から学んでほしい!

人は間違いから何が悪かったかを学びます。学校に関わる事は自分のこと、今日何かを間違ってしまった人は次から学んで行動して欲しい。学校のルール改正は自分のこととして考えて行動することができるような生徒になって欲しいため行っています。

今どうするべきか、明日どうするべきか、自分のこととして考えてください。

その他冬休みの過ごし方についてのお話がありました。

 

明日から冬休みです。先生方のお話を忘れることなく元気に過ごしてください。そして3学期笑顔で登校できるように願っています。

よいお年をお迎えください。

 

課題研究発表会

 令和4年11月15日(火)5.6時間目に課題研究発表会が行われました。

課題研究とは商業科・情報処理科の3年生が行っている授業です。

 1年間を通して、自身の興味のあることを探索、研究し、そのことを発表して振り返りをしていく授業です。

 今回はコロナ禍ということで、体育館・武道場に分かれて発表が行われ、5時間目に2年生、6時間目に1年生が見学しました。

 3年生の皆さんは、緊張しながらも発表を頑張っていました。

 長時間の発表お疲れ様でした。