栃高トピックス

行事や部活動の結果などの最新情報です

令和4年度弁論大会表彰・ソフトテニス部壮行会

 本日昼休みに、校長室にて令和4年度弁論大会の表彰式並びにソフトテニス部の壮行会を実施しました。

 弁論大会の表彰式では、最優秀賞1名、優秀賞2名、優良賞3名の表彰を行い、賞状と記念品を贈呈いたしました。

 また、ソフトテニス部3年生の藤中・近藤ペアが今週末の5月27日(土)、28日(日)に千葉県で行われる関東ソフトテニス大会に出場します。壮行会では激励金を贈呈し、出場者から意気込みを語ってもらいました。大会での活躍を期待いたします。

PTA総会

5月13日(土)、保護者の方々に御参加頂いてPTA総会を開催しました。

本校の教育活動につきましては、日頃より御理解、御協力を賜りまして誠にありがとうございます。

総会では、昨年度の活動報告、今年度の活動計画、新役員選出などが行われ、保護者と教職員がさらに連携を深めるべく方針が確認されました。

栃木高校のさらなる発展のため、今後とも御協力を頂きますよう宜しくお願いいたします。

 PTA会長挨拶     校長先生挨拶

 保護者の方々  新役員の方々

 

生徒会専門委員会・部活動オリエンテーション

 4月12日(水)の放課後に生徒会専門委員会を、13日(木)の放課後に部活動オリエンテーションをそれぞれ実施しました。

 栃木高等学校では生徒自治の理念のもとに各委員会が仕事を行っています。生徒会専門委員会ではそれぞれの委員会ごとに仕事内容や年間スケジュールについて確認しました。

 また、新一年生を対象とした部活動オリエンテーションでは、顧問の教員や先輩部員から各部の紹介を行いました。本校の教育活動の中で大きな柱となるのが部活動です。よく考えてうえで、ぜひ積極的に入部してもらえればと思います。

 

 

 

令和5年度 入学式

4月7日(金)に令和5年度の入学式が行われました。

 保護者の皆様、多数の来賓の皆様をお迎えして、感染対策のためマスクを着用したままではありましたが、校歌斉唱も行い、コロナ前に近い形で式を行うことができました。

新入生240名が栃高での生活を有意義に送れるよう職員一同でサポートをしていきますので、高校生活を大いに謳歌しましょう!

 

   <新入生入場>         <校長式辞>

 

  <新入生代表挨拶>      <全員での校歌斉唱>

保護者の皆様へ(文科大臣からのメッセージ)

保護者の皆様へ

 

まもなく令和4年度が終了し、令和5年度がはじまります。

 

年度の変わり目にあたり、不安や悩みを抱える生徒や保護者・学校関係者に向けての、文部科学大臣からのメッセージが届きました。

 

生徒向けのメッセージは、HRにて担任から配布をいたしました。

 

保護者・学校関係者向け、生徒向けの各メッセージを、以下に掲載いたしましたので、ぜひご覧いただき、何か気になること等がありましたら、担任や学校までご相談くださいますようお願いをいたします。

 

リンクデータ:

文部科学大臣からのメッセージ(保護者・学校関係者向け).pdf

 

文部科学大臣からのメッセージ(生徒向け).pdf

第124回卒業式

 栃木県立栃木高等学校第124回卒業式が行われ、231名の生徒が本校を巣立って行きました。式場には卒業生、保護者・来賓の方々、2年生、生徒会役員、音楽部、本校職員が出席し、1年生は別会場でのリモート参加となりました。

 感染対策のため、マスクを着用したままではありましたが、式歌・校歌斉唱を行い、3年ぶりに生徒たちの声が体育館に響き渡りました。厳粛かつ感動的な雰囲気の中で、無事に卒業生を送り出すことができました。  

 教職員一同、卒業生諸君のさらなる成長を願っています。 卒業おめでとう!

SSH課題研究成果発表会(大田原高校)参加報告

 2月22日(水)

 那須野が原ハーモニーホールを会場に行われた、栃木県立大田原高等学校主催SSH課題研究成果発表会にゲスト校として、本校を代表し数学班のメンバー4名で参加致しました。

 慣れない環境ながらも、これまでの研究の成果を大田原高校の皆さんに分かりやすく伝えようとする姿が見られました。

 また、質疑応答の時間では大田原高校の生徒の皆さんや講師の方から沢山の質問や感想を頂き、さらなる研究への刺激を受けることが出来ました。

 大田原高校の皆様、今回はこのような発表の場を設けていただき、大変ありがとうございました。

3年生へのエール

 14(土)、15(日)に、共通テストが行われ、本校3年生の大学入試が本格的に始まります。本日、1・2年生の應援團を中心に、感謝と激励を込めて3年生へのエールを送りました。

献血セミナーがありました

11月17日(木)

保健委員を対象に赤十字血液センターの方をお招きし

献血セミナーを実施しました。

保健委員以外の希望生徒も参加しました。

献血された血液がどのように処理され、どのような治療に使われるのか

血液の構造や献血の必要性を学ぶことができました。

生徒からのアンケートでは

「必死に自分の命に向き合っている人に対して、

その思いを無駄にしないように出来るだけ献血に参加しようと思った」

「献血の大切さを知り、

これを様々な人に伝える必要があると感じました」

などの意見がありました。

 

さらに12月20日(火)の校内での献血に向け、

保健委員でポスターを作成し各クラスで献血の大切さを伝え、協力者を募集しました。