Site Visitors (2021/4/1~)27089
オンラインユーザー10人
ログインユーザー0人

  全国農業高校・農業大学校
  ホームページコンテスト
  第4回 審査員特別賞受賞!
    <受賞の詳細はこちら>
 

    栃高教研農業部会へのリンク
 

     下野農業協同組合へのリンク
 
作成されているアルバムがありません。
植物科学科 ~スマホで見る農業~
 ・園芸植物コース(野菜・草花など)
 ・土地利用生産コース(米・果樹など)

      


 ☆学科紹介MOVIE → こちら(YouTubeに移動します)
 
 

植物科学科の販売物(生産品)

 本学科で販売されている野菜等は生産履歴が記録されています。
 購入された際には、ぜひご確認ください。

 ・
ヒムロット(ブドウ).pdf(8/6~) 幸水(梨).pdf(8/17~)
 ・ベリーA.(ブドウ)pdf(9/4~)   ・巨峰(ブドウ).pdf(9/4~)
 ・
豊水(梨).pdf(9/4~)      コシヒカリ(米).pdf(10/5~)
 ・ あきづき(梨).pdf(9/25~)   ・シャインマスカット(ブドウ).pdf(9/30~)
  サイネリア.pdf               そば.pdf
 

植物科学科の活動

植物科学科日誌
12345
2021/04/22

とちぎの星播種

| by 植物科学科
先週、植物科学科作物専攻生で浸種した種籾を播種しました。
これから、育苗をして来月田植えに向けて無事に育つことを願います。


20:37 | 投票する | 投票数(3)
2021/04/16

種籾の選別

| by 学科職員6
植物科学科 作物専攻生で種の塩水選・温湯消毒・浸種を行いました。


昨年は新型コロナウイルスの影響によって、消毒と播種を職員で行いましたが、今年は生徒で行うことができました。昨年度にできた本校の水田では昨年はあさひの夢でしたが、今年はとちぎの星を栽培します。岩舟農場ではコシヒカリと山田錦を栽培しています。
2年生作物の授業では畑への黒マルチ敷き、トウモロコシの播種も行いました。
     
13:27 | 投票する | 投票数(3)
2021/04/15

メロンの定植【植物科学科】

| by

3年生の野菜専攻生でメロンの定植を行いました。

今年度も約320本を定植しました。昨年度はコロナの影響で生徒達で定植を行うことはできませんでしたが、土耕栽培に移行してから初めてメロンの定植作業を生徒達で行うことができました。

 

これから約4ヶ月間大切に育てていきたいと思います。
18:36 | 投票する | 投票数(5)
2021/04/15

イネの種まきを行いました!

| by 作物

新学期を迎え、田植えに向けた準備が進んでいます。

本日、植物科学科2年生(土地利用コース)は岩舟農場にての実習が初めてとなりました。

その1回目としてイネ(コシヒカリ)の種まきを行いました。


・育苗箱を播種機にのせる  ・種籾を入れる
・覆土する土を機械に入れる ・できた苗箱を育苗機に入れる

4つの行程を生徒達は分担し交代しながら作業を行い、
どのようにして種まきが行われるのかを学習しました。


次週は3年生で種まきを行います。
田植えまでに順調に育つと良いですね!!!


08:00 | 投票する | 投票数(5)
2021/03/24

ケイトウの花が咲きました!(無菌播種、継代培養)【植物科学科】

| by 学科職員10
2年1組の植物バイオテクノロジーの授業で無菌播種したケイトウが今日、1輪開花しました✿
つぼみができてから毎日観察し、やっと開花を確認することができました。やったね!

 

この他にも、花が咲きそうなものがあったので、今後の成長に期待しましょう♪
07:30 | 投票する | 投票数(5)
2021/03/22

継代培養の実験【植物科学科】

| by 学科職員10
3月15、22日(月)2年1組の「植物バイオテクノロジー」の授業で、2学期に無菌播種したケイトウ、ヘリクリサム、ワイルドストロベリーの継代培養を実施しました。

 
                   ピンセットで植物体を取り出す       取り出した植物体を新しい培地に植え付ける

継代培養とは、一定の期間ごとに、培養している植物体を新しい培地に植えかえ、養分を補ってあげる移植操作のことをいいます。



白衣を着て、無菌操作室に入り、クリーンベンチの中で慎重に無菌操作をしました。

 

継代培養をしたものがこちらです。すくすく成長してくれることを願います。
今年度最後の授業が終了しました。1年間お疲れ様でした♪
13:00 | 投票する | 投票数(1)
2021/03/04

春夏に向けて【植物科学科】

| by

野菜部では来年度の春夏の露地栽培に向けて準備を始めています。

今回は新野菜班で線引きからマルチ張りを行いました。
 
初めて使用する農業機械でしたがきれいにマルチを張ることができました。3月中旬頃に野菜の定植を行う予定です。
16:25 | 投票する | 投票数(0)
2021/03/04

小麦の管理【植物科学科】

| by 作物
岩舟農場では小麦の栽培管理について学習しています。

昨年11月にたねまきを行いました。
機械を使用し、すじになるようにたねをまきました。


冬は定期的に踏圧実習。
霜による根の浮き上がり防止や分げつの増加、倒伏防止など、さまざまな効果があります。


そして、先日は追肥実習を行いました。
学校では最初に行う元肥の量が少なかったため、分げつ最盛期に追肥を行いました。

株元にパラパラと少量散布。

この後、節間の伸長及び春の出穂と少しずつ進んでいます。


この小麦を収穫・調製を行い、そして小麦粉に加工して製麺作りを行う予定です!
今後が楽しみです!
10:20 | 投票する | 投票数(13)
2021/02/24

ワイルドストロベリーの発芽(無菌播種)【植物科学科】

| by 学科職員10
11月2日(月)2年1組の「植物バイオテクノロジー」の授業で無菌播種した、ワイルドストロベリーの様子です。



もう発芽しないのかなぁ~。とあきらめかけていましたが、約4ヶ月たってやっと発芽し、成長しました。
もともとワイルドストロベリーの発芽は播種から20日~1ヶ月くらいだと言われていますが、それにしても遅いですね。

3月からは継代培養を始めます!
08:00 | 投票する | 投票数(6)
2021/02/10

春に向けての水田整備【植物科学科】

| by 学科職員6
植物科学科2年生(3年次の課題研究で作物を専攻する生徒たち)が、本校の水田で元肥となる堆肥の散布や入水口周辺の水路の掃除を行いました。

堆肥を均一に散布して、土壌中の養分の濃度に差が出ないように気をつけます。


水路と入水口付近に溜まった落ち葉や泥などを取り除き、水の流れをスムーズにしました。


場所によっては、水路のフタを持ち上げなければならず、
生徒から「重くて大変だった。フタを戻すときもケガに気をつけて慎重に戻しました。」との声がありました。

3学期の授業も残り少なくなってきましたが、田植えの準備や湛水、畦の管理などを計画的に行っていきます。
17:42 | 投票する | 投票数(8)
12345
PAGE TOP